*

【クラシック】「家庭」トリュフォーが観た「ふしぎの国のアリス」

【クラシック】「家庭」トリュフォーが観た「ふしぎの国のアリス」

家庭(1970)
DOMICILE CONJUGAL(1970)


監督:フランソワ・トリュフォー
出演:ジャン=ピエール・レオ、
クロード・ジャド、松本弘子etc

評価:85点

※この記事はブンブンが丁度1年前、ブンブンが卒業する直前に書かれた記事である。

大学の卒業式の日、長年通ったAVライブラリで映画納めしてきた。最後に観た作品はトリュフォーの「家庭」。原題はDOMICILE CONJUGAL(夫婦の家庭)。食指が動きにくい、せめて邦題は「夫婦善哉」みたいにしてほしいと思ったのだが、これが場外ホームラン級に面白かった。

「家庭」あらすじ

アントワーヌ・ドワネルは白い花を染めて売るヤクザな商売をする一方、彼女のクリスチーヌと熱い日々を送っていた。流石に就職しようとドワネルは面接に行き、晴れてサラリーマンとなる。そんなある日、出張で会社にやってきた日本人女性キョーコに一目惚れしてしまい、ドワネルは浮気をしてしまうのだが…

トリュフォー版「ふしぎの国のアリス」

本作は、ドワネル君が白い花を染めるところから始まる。非常に映画的でファンタジー、観る者を夢中にさせる。それもそのはず、「ふしぎの国のアリス」からの引用だからだ。そう、トリュフォーは「ふしぎの国のアリス」を引用することで、本作のテーマを突き出す。

ラブラブカップルだったのに、ドワネル君が怪しい日本女性に導かれるまま、WEST MEETS EAST不思議の国へと迷い込むのだ。面白い程日本文化に溶け込めず鬱になるドワネル君の後半30分に日本人は腹筋崩壊レベルで爆笑するだろう。

また本作はコメディながらも、重厚な映画文法を使っている。ベッドシーン、食事シーン、おっさんが右往左往するシーンを何度も登場させる「繰り返しのアクション」を利用ことで、心の揺らぎを描ききった!

素晴らしいにつきる作品でした。

ブンブンのAVライブラリウォッチ作品一覧

大学4年間AVライブラリで観た作品の一覧です。どれも面白いので、観る機会があったら是非!

「バニシングポイント」
「北京的西瓜」
「ユリシーズの瞳」
「青春の殺人者」
「カミュなんか知らない」
「鴛鴦歌合戦」
「ゴジラ対ヘドラ」
「自由の代償」
「マリアブラウンの結婚」
「ロバと王女」
「モンパリ」
「ジャンヌダルク裁判」
「坊やに下剤を」
「日陽はしづかに発酵し…」
「湖のランスロ」
「少女ムシェット」
「ゴダールの映画史」
「たぶん悪魔が」
「悲情城市」
「ドウエル教授の首」
「ひなぎく」
「出発」
「大学は出たけれど」
「父 パードレ・パドローネ」
「落第はしたけれど」
「炎628」
「エル・スール」
「さようならCP」
「春のソナタ」

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレなし】「ブラムBLAME!」Netflixが送るSFアニメが完全「マトリックス」だった件

ブラムBLAME! 監督:瀬下寛之 声の出演:櫻井孝宏、 花澤香菜、雨宮天etc 評

続きを読む

「課長 島耕作」根岸吉太郎が描く彼は無能だった…

課長 島耕作(1992) 監督:根岸吉太郎 出演:田原俊彦, 豊川悦司,坂上忍,津川雅彦

続きを読む

“Ç”あの山崎貴の会心の一撃作「ALWAYS 三丁目の夕日」

ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子etc

続きを読む

“Ç”悲報・フランス映画社破産‼︎

1950年代の映画黄金期以降、 年々興行収入が減り続ける日本の 映画産業(アメリカもそうだが)。

続きを読む

“Ç”このFPS視点映画がキテいる!「ハードコア・ヘンリー(仮)」予告編公開

ハードコア・ヘンリー(2015) HARDCORE HENRY(2015) 監督:イリア・ナ

続きを読む

“Ç”「オデッセイ」デヴィッド・ボウイやアバ流れる王道SFミュージカル!

オデッセイ(2015) The Martian(2015) 監督:リドリー・スコット 出演

続きを読む

“Ç”久しぶりの園子温自主制作映画「ひそひそ星」第16回東京フィルメックスにて

ひそひそ星 THE WHISPERING STAR 監督:園子温 出演:神楽坂恵 評

続きを読む

“Ç”自主・日本未公開映画祭「LA SOURCE DES FEMMES」 ニート多きムラで性ストライキ!

映画買い付け入門 留学時代中、日本未公開、未DVD化 映画を沢山買おうとDVD売り場 巡り

続きを読む

“Ç”残酷な双子が恐ろしい…「悪童日記」

悪童日記(LE GRAND CAHIER) 監督:ヤーノシュ・サース 出演:ギーマント兄弟、

続きを読む

【金熊賞】「私の、息子」ルーマニアのこの親ばか映画がヤバイ!

私の、息子(2013) POZITIA COPILULUI/ CHILD’S POSE(2013

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【速報】第90回アカデミー賞(2018)ノミネート発表※随時更新中

第90回アカデミー賞ノミネート作品公開! ※随時更新中 さ

【ネタバレ】『ガーディアンズ』ロシア版X-MEN…実は司令官最強説

ガーディアンズ(2017) 原題:Защитники 英題:THE

【ネタバレなし】『パディントン2』ウェス・アンダーソンか!ギミックの手数に大満足!

パディントン2(2017) PADDINGTON 2(2017)

【ネタバレ解説】『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦のラブレターに隠されたメッセージとは?

ライオンは今夜死ぬ(2018) LE LION EST MORT

【寅さんフルマラソン㊲】「男はつらいよ 幸福の青い鳥」ドリンクコーナーが!

男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986) 監督:山田洋次 出演:

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑