*

【ネタバレなし】『ビジランテ』入江悠が描く地方都市のギリシャ悲劇

【ネタバレなし】『ビジランテ』入江悠が描く地方都市のギリシャ悲劇

ビジランテ(2017)


監督:入江悠
出演:大森南朋、鈴木浩介、
桐谷健太、篠田麻里子etc

評価:75点

『SRサイタマノラッパー』シリーズで一躍有名になり『ジョーカー・ゲーム』や『22年目の告白』といったビッグバジェット作品を手がけるようになった入江悠監督。そんな監督が再びインディーズ映画に戻ってきた!地方都市を舞台に巻き起こる暴力的な映画で元AKB48の篠田麻里子も出演していることくらいしか頭に入れず、TOHOシネマズららぽーと横浜で観てきました。レイトショーにも関わらず6割近く埋まっていましたよ。

ちなみにこの作品は怪獣映画ではありません。『ビオランテ』の親戚でもなんでもないのであしからず。

『ビジランテ』あらすじ

暴力的な父親がなくなった。市議会議員の二郎はショッピングモール建設予定地に位置する親父の土地を相続して建設を円滑に進めようとしていた。デリヘルの店長をしている三郎とも話が付き、いざ土地を相続して売却しようとした矢先、失踪した一郎が帰ってきた。一郎には昔のような優しさは亡くなっており、寧ろ父親ソックリ暴力的な男となっていた。そんな一郎が公的書類でもって、土地の相続を主張してきたことから血みどろな闘いが始まる…

ギリシャ神話in埼玉県深谷

入江悠監督は、韓国暴力映画に近いものを日本で撮れる数少ない監督になったようだ。本作を予告編も観ずに鑑賞した私は、えぐい描写の連続に阿鼻叫喚した。まず、冒頭3人の少年が暴力的な父親から逃げるために川を渡るシーンから始まる。このシーンだけで、これはタダの日本映画じゃないぞ!この質感、韓国映画になっとるやないか!と思わせられる。そして、父親による暴行シーンがこれまた痛々しい。棒で子供たちを叩くシーンの音こそ、作り物感はあるのだが、役者の痛そうな表情、特殊メイクの血糊具合の生々しさがえげつないのでリカバリーできていると言えよう。

強烈なアヴァンタイトルから始まり、そこから展開される物語はまるでギリシャ神話やシェイクスピアの『リア王』を思わせるシンプルで重厚なものとなっている。

議員として社会的に見たら成功している二郎、闇稼業でくすぶった人生を送っている三郎。二人の均衡が取れている世界に、悪魔のような破壊者・一郎がやってくる。一郎は三郎のデリヘル嬢を片っ端からレイプする。議員の二郎に土地を渡さないが為に、二郎は周りの強面議員からハブられていく。そんな破壊者一郎VS二郎・三郎の血みどろ水面下な闘いの裏で、本作のタイトルにもなっている「ビジランテ=自警団」の活動が展開される。ショッピングモール建設の為に韓国人のボロ屋集落を壊滅させようと、二郎は自警団を差し向ける。正直、自警団パートと三兄弟パートの繋がりが弱い気もするが、徹底的に光を廃し、どこまでも闇が追ってくる作品としてこの自警団パートの容赦なさは効果的であった。

そして、なんと言っても入江悠監督はこの手の神話的映画の中で必要なエッセンスである、「長い時間」をしっかり演出しているところが評価に値します。冒頭で、優しき一郎を映すことで、「血に抗うことができなかった者」「空白の数十年」の重みが十分観客に伝わってくる。そして、劇中一郎の過去をなかなか明かそうとしない手法も一郎を「悪魔」として描ききるのに貢献している。それにより、本作を観終えた際の満足度は高いものとなった。

篠田麻里子の演技は上手い

本作には先述のように元AKB48の篠田麻里子が出演しているが、これがなかなか上手かった。二郎の妻役を演じているのだが、二郎が必死にダークサイドに墜ちないようにしている「闇の中の光」を演じているのに対し、彼女は完全に「闇に墜ちている」様子をオーラで表現している。台詞こそそこまで多くないが、立ち姿だけで悲壮感を伝えるその演技は、正直同じAKB出身の前田敦子より上手いと思いました。

最後に…

入江悠は映画ファンの中では、『SRサイタマノラッパー』以降大衆映画のダークサイドに墜ちたと囁かれているが、実はまだまだインディーズ映画監督としての野心。映画製作における妥協なき探究心を失っていないことがこの『ビジランテ』から分かります。なので、今年の追い込みに是非劇場でウォッチしてみて下さい。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

制作期間怒涛の12年「6才のボクが、大人になるまで。 」ザグレブのミニシアターkinoEUROPAにて

ブンブンの留学先での帰国レポート テーマは「映画館学」。 やたらと高い日本の映画料金

続きを読む

【東京国際映画祭特集】「フロッキング」閉鎖された町の陰惨さを暴くスウェーデン産スリラー

フロッキング(2015) 英題:Flocking スウェーデン題:Flocken 監督:

続きを読む

【ハル・ハートリー クラウドファンディング応援!】「シンプルメン」はDON’T MOVEで始まる

ハル・ハートリー クラウドファンディング始めたってよ! アメリカ・インディペンデント映画を代表する

続きを読む

【どいらじ】たんたんさんにステイサム映画「ブリッツ」をオススメされたので観てみた。

ブリッツ(2011) BLITZ(2011) 監督:エリオット・レスター 出演:ジェイソン

続きを読む

“Ç”トム・ハーディって…「チャイルド44 森に消えた子供たち」

チャイルド44 森に消えた子供たち(CHILD44) 監督:ダニエル・エスピノーサ 出演:ト

続きを読む

“Ç”川端康成の名作を映像で!「雪国(1957)」

雪国(1957) 監督:豊田四郎 出演:池部良、岸惠子 大学のゼミで実は日本文学研究し

続きを読む

“Ç”「American Honey」審査員賞受賞記念「フィッシュ・タンク」感想

フィッシュ・タンク(2009) FISH TANK(2009) 監督:アンドレア・アーノルド

続きを読む

“Ç”マジで怒りのデス・ロード!「劇場版ガールズ&パンツァー」

劇場版ガールズ&パンツァー 監督:水島努 声の出演:淵上舞、茅野愛衣、尾崎真実etc

続きを読む

【寅さんフルマラソン①】「男はつらいよ」寅次郎、縁談邪魔するの巻き

男はつらいよ(1969) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 倍賞千恵子、前田吟、 津坂匡章

続きを読む

“Ç”竹内力現る「ターナー、光に愛を求めて」

「MR.TURNER」 監督:マイク・リー 出演:ティモシー・スポール、 ドロシー・アトキ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦のラブレターに隠されたメッセージとは?

ライオンは今夜死ぬ(2018) LE LION EST MORT

【寅さんフルマラソン㊲】「男はつらいよ 幸福の青い鳥」ドリンクコーナーが!

男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986) 監督:山田洋次 出演:

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑