*

【ネタバレ】『オリエント急行殺人事件(ケネス・ブラナー版)』ポアロ君,,,それはキモノではない!

【ネタバレ】『オリエント急行殺人事件(ケネス・ブラナー版)』ポアロ君,,,それはキモノではない!

オリエント急行殺人事件(2017)
Murder on the Orient Express(2017)


監督:ケネス・ブラナー
出演:ケネス・ブラナー、ジョニー・デップ、
ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、
セルゲイ・ポールニン

評価:40点

名探偵コナンのゲームでも露骨に真似されたアガサ・クリスティの名作ミステリー『オリエント急行殺人事件』をケネス・ブラナーの手で映画化。ジョニー・デップやペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、さらにはバレエダンサーのセルゲイ・ポールニンまで出演しているオールスター映画だ。ミステリー映画は苦手だが、フリーパスポートを発動して観てきました。

※【ネタバレ注意】本記事はオチについて書かれています。未見の方はゼッタイに読まないで下さい。

『オリエント急行殺人事件』あらすじ

名探偵エルキュール・ポアロは休暇のためオリエント急行に乗り、ディケンズを読みふけっていた。すると殺人事件が勃発。しかも、雪崩によりオリエント急行は脱線してしまう。あまり気乗りがしないポアロだったが、オリエント急行が復旧するまでの間、暇つぶしにこの殺人事件の真相を解き明かそうとするが…

ポアロがねぇ薄いんだよねぇ

映画好きなら誰しもシドニー・ルメット版と比較したくなる案件だ。残念ながら、私は中学時代に観ているもののほとんど記憶がないので、シンプルに一つの映画として観てみた。すると、どうもよろしくない映画に見えた。映画の衣裳や美術は確かに美しく観るものを魅了する。私はこの画作りは好きだ。しかし、どうもポワロの推理が後出しじゃんけんにしか見えなかった。というよりか、ミステリー映画を描くつもりがうっかり007をやってしまっているように見えた。

冒頭、軽いジャブがてらエルサレムでね推理が始まる。しかし、観客に推理させようとはせず、勝手に自己解決されていく。しかも、コメディタッチで描いているのだが、これが滑っている。絶望的な程に。

そして、本題のオリエント急行での推理が始まるのだが、ポワロは非常に感情的で、とても探偵には見えない。ただ、気まぐれに、気休めに推理しているようにしか見えない。まだ『探偵はBARにいる3』の大泉洋の方が証拠集めしている。いつしか、本作は推理を忘れて『ロシアより愛をこめて』の真似事を展開し始めて頭を抱えた。こんなのミステリーじゃない。茶番だと。

何よりも致命的なのは、ポアロがどう考えても中国の民族衣装なのに、「キモノ、キモノ(字幕では書かれていない)!」と言っている点。ポアロは語学知識が豊富で英語、フランス語、ドイツ語が話せ、さらにはロシア語に関する知識もある。そんな博識にも関わらず、あれをキモノと呼んでしまうことで、彼のキャラクター像がぶれてしまった。シドニー・ルメット版やアガサ・クリスティの原作がもし同様のことを行っているのなら、ここは改編してもよかったんじゃないだろうか。

ポアロ、推理放棄

そして、ラスト、「この列車には、名優が必要だった。」という日本の宣伝通り、乗客全員グルで一人の男を殺そうとしていたことが分かる。ポアロは大げさに、事件のネタばらしをした後、「正義について考えさせられた。本来だったら警察に明け渡すところだが、君たちは殺人者じゃない。」といって列車を去るのだ。確かにこの殺人事件は、多くの人の人生を不幸にした奴に対する復讐劇。1殺して10救うタイプの殺人だ。だが、いくらなんでも警察に「あっ犯人逃げましたよーんじゃ俺は去るわ!」と言うポアロは軽すぎるんじゃないかと思ってしまった。これって事実から目を背けた。ただ面倒ごとから逃げた奴じゃん!とブンブンは不満を抱きました。

お前そんなんで良いのかい!とブチ切れそうになった。シドニー・ルメット版もこんなんだったっけ?と改めて思ってしまった。

続編あるぞ!

最近のハリウッド映画は、何でもパンくずをラストに残して、続編を作るぞアピールをしているが、本作も同様の事が行われていました。なんと次回、『ナイル殺人事件』を映画化するそうです。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”フランチクラブの裏側「EDEN/エデン」ダフト・パンクが染みるぜ!

EDEN/エデン 監督:ミア・ハンセン=ラヴ 出演:フェリックス・ジヴリ、ポーリーヌ・エチエ

続きを読む

【ネタバレ】「君の名は 第三部」真知子離婚騒動!ファイナルウォーズ!

君の名は 第三部(1954) 監督:大庭秀雄 出演:岸惠子、佐田啓二、 淡島千景、小林トシ

続きを読む

“Ç”「異人たちとの夏」!元々は「氷の微笑」路線の映画だったw

異人たちとの夏(1988) 監督:大林宣彦 出演:風間杜夫、 片岡鶴太郎、秋吉久美子etc

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録14「14の夜」レンタルビデオ屋のワクワク味わえる足立紳監督デビュー作

14の夜(2016) 監督:足立紳 出演:犬飼直紀、光石研、濱田マリetc 評価:80

続きを読む

“Ç”自宅ヴェネチア映画祭③「BLANKA ブランカとギター弾き」日本人初!長谷井宏紀、ソッリーゾ賞受賞!

Blanka 監督:長谷井宏紀 出演:Cydel Gabutero, Peter Milla

続きを読む

“Ç”【祝】園子温2015年映画最終章「ひそひそ星」トロント映画祭でNETPAC賞!

「希望の国」に続き、トロント国際映画祭受賞 「ヴェネチア」「したこめ」と畳みかけるような 映

続きを読む

「好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~」これぞ愛の嵐

好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~ 監督:柳沢テツヤ 声優:麻倉もも, 花江夏樹,代

続きを読む

スウェーデン映画「さよなら、人類」:動く絵画から滲め出る笑いレイキャビックBíó Paradísにて

本年度ヴェネチア国際映画祭で 金獅子賞を獲ったのは、 とてもシュールな作品だ。 イニャ

続きを読む

“Ç”新キャラ登場!「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」

アナと雪の女王まだまだキテル! 昨年、「LET IT GO」が世界的に大ブーム。 よくよく考

続きを読む

“Ç”「ライト/オフ」ジェームズ・ワン製作、この夏最後の肝試しデートムービー

ライト/オフ(2016) LIGHTS OUT(2016) 監督:デヴィッド・F・サンドバー

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【寅さんフルマラソン 総括】「男はつらいよ」総選挙 結果発表!※最終回

祝:「男はつらいよ」完走! 「男はつらいよ」シリーズ全48作+1作品

【カンヌ国際映画祭特集】『クスクス粒の秘密』ココマルシアターの裏側が分かる!

クスクス粒の秘密(2007) La graine et le mul

【カンヌ国際映画祭特集】「リアリティー」ゴージャスすぎて怖すぎるホラー

リアリティー(2012) REALITY(2012) 監督:マ

【ネタバレ解説】『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱』には我々が観たかった『カンフー・ヨガ』がある

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱(2018)

【アンジェイ・ズラウスキー特集】『悪魔』監督2作目にしてFPS視点を発明!

悪魔(1972) Le Diable(1972) 監督:アンジ

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑