*

ジョン・ウォーターズベストテン2017発表1位は『ベイビー・ドライバー』

ジョン・ウォーターズベストテン2017発表1位は『ベイビー・ドライバー』

ジョン・ウォーターズベストテン2017発表

もう時は12月師走の季節。この時期になると、様々な監督やメディアがベストテンを発表する。そんな中、昨日『ピンク・フラミンゴ』で有名なカルト映画の帝王ジョン・ウォーターズがベストテン2017を発表しました。ジョン・ウォーターズのベストテンは毎年ユニークで、誰もベストテンに入れないが面白い作品、例えばくすぐり拷問の闇に迫ったドキュメンタリー『くすぐり』やアングラ映画の巨匠ガイ・マディンの狂ったSF映画『THE FORBIDDEN ROOM』などをランクインさせたりする。彼の辞書には「忖度」という言葉がないかのごとく、他の映画人の評判を気にしないベストテン作りに毎年魅了される。さて、今年はどんなベストテンなのだろうか。

ジョン・ウォーターズベストテン2015
ジョン・ウォーターズベストテン2016

第10位:トム・オブ・フィンランド
Tom of Finland

監督:Dome Karukoski

第90回アカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表作品。マッチョなゲイの絵を描く画家トム・オブ・フィンランド(Tom of Finland)の伝記映画。20世紀のゲイカルチャーの発展に貢献した彼の人生を紐解いていく。もしかしたら来年のトーキョーノーザンライツフィルムフェスティバルで上映するかもしれませんね。

第9位:ワンダー・ホイール
Wonder Wheel

監督:ウディ・アレン

今度のウディ・アレン新作。IMDbでは☆6。Rotten Tomatoesでは批評家評42%、観客評61%(2017/12/2時点)と悪い結果なのですが、どうやらジョン・ウォーターズは気に入った模様。1950年代、メリーゴーランドのオペレーターと悩める奥さんの物語をビーチでライフガードをしている男の目線から語られるという話。Rotten Tomatoesのレビューによると、「撮影は良いのに、映画としての魅力がない」「安っぽい」「浅い」と様々な罵声が浴びせられています。個人的な見解としては、ひょっとしてウディ・アレン嫌いの人の酷評が大きいのではと思うところがあるので、日本公開を楽しみにしています。

第8位:レディ・マクベス
Lady Macbeth

監督:William Oldroyd

ロシアの作家ニコライ・レスコフの小説『ムツェンスク郡のマクベス夫人(Леди Макбет Мценского уезда/Lady Macbeth of the Mtsensk District)』を、19世紀後半の英国の田舎町に舞台を移して描いた作品。富豪の商人と彼に嫁いだ女、使用人の三つ巴の恋愛ドロドロ不倫劇を舞台演出家のWilliam Oldroydが手がけている。

第7位:ザ・ウィザード・オブ・ライズ
The Wizard of Lies

監督:バリー・レヴィンソン

2008年に話題になった悪徳資本家、バーニー・マードフの実話を描いたテレビ映画。バーニー・マードフをロバート・デ・ニーロが好演している。

第6位:エリザのために
Graduation

監督:クリスティアン・ムンジウ

第69回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞したルーマニア映画。大事なテストの日に、男にレイプされテストが受けられなかった娘。なんとかして再テストをしてもらおうと父親は頑張るが、段々と娘のことが不安になり、テストの点数を捏造しようとし始めるという内容。今のルーマニアが如何にヤバイか、何故あそこまでして点数に拘るかが見えてくるイヤーな作品だ。

→NEXT:5~1位

ページ: 1 2 3

関連記事

TIFF2016鑑賞記録5「ミスター・ノー・プロブレム」ロウ・イエ映画の脚本家初監督作品!

ミスター・ノー・プロブレム(2016) Mr.No Problem(2016) 監督:メイ・

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~家洋画部門~

1.ニンフォマニアック ラース・フォン・トリアーはこの映画を作るために今までのキャリアを踏んだらし

続きを読む

【ネタバレ解説】『スリー・ビルボード』アカデミー賞作品賞当確?VOD時代を象徴する傑作

スリー・ビルボード(2017) Three Billboards Outside Ebbing,

続きを読む

【悲報】第29回東京国際映画祭チケット騒動顛末、果たしてブンブンは何枚取れたか?

東京国際映画祭チケット騒動勃発! 当ブログでも特集記事を 組むほど楽しみにしている 第

続きを読む

【試写会/実話】「ライオン 25年目のただいま」火星から帰ってくるよりもムズい!?エクストリーム帰宅

LION/ライオン 25年目のただいま(2016) LION(2016) 監督:ガース・デイ

続きを読む

「わたしは、ダニエル・ブレイク」ケン・ローチ二度目のパルムドール作だが…

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016) I,Daniel Blake(2016) 監督:ケ

続きを読む

【東京フィルメックス】「ざ・鬼太鼓座」:Don’t think, Feelな程にトランスする

ざ・鬼太鼓座(1981) ZAONDEKOZA(1981) 監督:加藤泰 出演:鬼太鼓座

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑳】「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!」満男篇の原点&とらや大爆発

男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(1977) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 中村雅俊, 大

続きを読む

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也 出演:石橋静河、池松壮亮、

続きを読む

【寅さんフルマラソン コラム③】「十五才 学校IV 」山田洋次のシャープな視点ここにもあり

十五才 学校IV(2000) 監督:山田洋次 出演:金井勇太, 麻実れい,赤井英和etc

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑