*

【ネタバレなし解説】『マイティ・ソー:バトルロイヤル』はソー映画最高傑作

【ネタバレなし解説】『マイティ・ソー:バトルロイヤル』はソー映画最高傑作

マイティ・ソー:バトルロイヤル(2017)
THOR:RAGNAROK(2017)


監督:タイカ・ワイティティ
出演:クリス・ヘムズワース、トム・ヒドルストン、
ケイト・ブランシェット、浅野忠信、
タイカ・ワイティティetc

評価:70点

アベンジャーズの中でユニーク雷神様として活躍するソー。アベンジャーズの中では面白い。しかし彼の単体作品となると数日で内容を忘れてしまうつまらないものとなってしまう悪名高いヒーローが彼だ。ただ、今回『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』『Hunt for the Wilderpeople』で注目されているコメディ監督タイカ・ワイティティが監督を務めた事により巻き返しが図れているという。果たして…

『マイティ・ソー:バトルロイヤル』あらすじ

ソーの故郷アスガルドにソーとロキの隠された姉・ヘラが現れる。復讐心に燃えるヘラはアスガルドへ攻撃を仕掛ける。彼女の策略によりソートロキはゴミの惑星へと飛ばされてしまい…

ソー映画最高傑作

『マイティ・ソー』全2作は、数日後には内容を忘れてしまうくらい、もはやワーストテンにも入れてもらえないぐらい中途半端な作品だった。しかし、今回『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のタイカ・ワイティティが監督する事で負の連鎖を断ち切る事が出来た。

本作はここ10年のマーベル映画の中でもかなりの異色作。アスガルドにヤバイ姉貴が帰って来たことで、全員皆殺し、最強のソーですら激しい重症を負うシリアスな内容にも関わらず、常にギャグをかます緩さが独特なビートを刻みます。

シリアス路線強めなマーベル映画の中で、ギャグが強めと言えば『アントマン』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を思い浮かべるだろう。『アントマン』は個の映画に対し『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は家族の映画だった。

この『マイティ・ソー:ラグナロク』はチームの映画だ。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の場合、メンバーの仲が良い。まるで家族のようにお互いを信頼しあっている。

しかし、『マイティ・ソー:ラグナロク』は常に個の主張が激しくて殺し合いの喧嘩ばかりしている。それが、ヘラという共通敵を前に行きずり、その場の成り行きで団結しているので、家族よりもチーム感が強い作品となっている。

この差別化を図ったからこそ、くせの強いキャラクターであるソー、ロキ、そしてハルクが活きている作品と言える。

サイケデリックでシリアスでくせの塊なのだが、しっかりキャラクターの「個」を活かし、笑いにつなげていく。このバランス感覚、やはりワイティティ監督の腕に唸る。これぞポップコーンムービー!娯楽映画だと舌鼓をうちました。

ブロトピ:自由に追加できるブロトピ
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【オリヴェイラ特集】「ノン、あるいは支配の空しい栄光」人類と戦争の関係

ノン、あるいは支配の空しい栄光(1990) 原題:NON', OU A VA GLORIA DE

続きを読む

「フィッシュマンの涙」韓国版「何者」は頭がおかしい(褒め言葉)

フィッシュマンの涙(2015) Collective Invention(2015) 監督:

続きを読む

【ネタバレなし】「3月のライオン 後編」はやっぱり「男はつらいよ 諏訪博編」だった件

3月のライオン 後編(2017) March goes out like a lamb(2017)

続きを読む

【ネタバレ】「亜人」発声上映希望!笑撃のエンターテイメント!綾野剛 said ナガイクゥ~ンw

亜人(2017) AJIN(2017) 監督:本広克行 出演:佐藤健、綾野剛、Hikaki

続きを読む

「ドライヴ」サントラ:A REAL HEROが心に染みるぜ!

第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を獲ったニコラス・ウェンディング・レフン「ドライヴ」のサントラを買

続きを読む

“Ç”フランス映画祭2016,ドヌーヴ、ドパルデュー、リヴィエットetc

フランス映画祭2016開幕 今年もやってきました、 フランス映画祭の季節。 来月の6/24(金

続きを読む

“Ç”日本の映画館でヒップホップしようぜ!「ワイルド・スタイル」

ヒップホップ界の聖書「ワイルド・スタイル」映画が日本で巡業! 大学でヒップホップのレポートを書

続きを読む

【小話】シュヴァンクマイエル新作「蟲」クラウドファンディング特典届く

クラウドファンディング特典 届いた! 以前、当ブログでも紹介した ヤン・シュヴァンクマイエ

続きを読む

【寅さんフルマラソン③】「男はつらいよ フーテンの寅」森崎東版はマドンナ推し

男はつらいよ フーテンの寅(1970) 監督:山田洋次 出演:渥美清,倍賞千恵子, 森川信

続きを読む

“Ç”【閲覧注意】アイスランドのペニス博物館物語「最後の1本」

アイスランドのペニス博物館 ブンブン、この前アイスランドに 行ってきました! 世界には「失

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑