*

【ネタバレなし解説】『マイティ・ソー:バトルロイヤル』はソー映画最高傑作

【ネタバレなし解説】『マイティ・ソー:バトルロイヤル』はソー映画最高傑作

マイティ・ソー:バトルロイヤル(2017)
THOR:RAGNAROK(2017)


監督:タイカ・ワイティティ
出演:クリス・ヘムズワース、トム・ヒドルストン、
ケイト・ブランシェット、浅野忠信、
タイカ・ワイティティetc

評価:70点

アベンジャーズの中でユニーク雷神様として活躍するソー。アベンジャーズの中では面白い。しかし彼の単体作品となると数日で内容を忘れてしまうつまらないものとなってしまう悪名高いヒーローが彼だ。ただ、今回『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』『Hunt for the Wilderpeople』で注目されているコメディ監督タイカ・ワイティティが監督を務めた事により巻き返しが図れているという。果たして…

『マイティ・ソー:バトルロイヤル』あらすじ

ソーの故郷アスガルドにソーとロキの隠された姉・ヘラが現れる。復讐心に燃えるヘラはアスガルドへ攻撃を仕掛ける。彼女の策略によりソートロキはゴミの惑星へと飛ばされてしまい…

ソー映画最高傑作

『マイティ・ソー』全2作は、数日後には内容を忘れてしまうくらい、もはやワーストテンにも入れてもらえないぐらい中途半端な作品だった。しかし、今回『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のタイカ・ワイティティが監督する事で負の連鎖を断ち切る事が出来た。

本作はここ10年のマーベル映画の中でもかなりの異色作。アスガルドにヤバイ姉貴が帰って来たことで、全員皆殺し、最強のソーですら激しい重症を負うシリアスな内容にも関わらず、常にギャグをかます緩さが独特なビートを刻みます。

シリアス路線強めなマーベル映画の中で、ギャグが強めと言えば『アントマン』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を思い浮かべるだろう。『アントマン』は個の映画に対し『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は家族の映画だった。

この『マイティ・ソー:ラグナロク』はチームの映画だ。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の場合、メンバーの仲が良い。まるで家族のようにお互いを信頼しあっている。

しかし、『マイティ・ソー:ラグナロク』は常に個の主張が激しくて殺し合いの喧嘩ばかりしている。それが、ヘラという共通敵を前に行きずり、その場の成り行きで団結しているので、家族よりもチーム感が強い作品となっている。

この差別化を図ったからこそ、くせの強いキャラクターであるソー、ロキ、そしてハルクが活きている作品と言える。

サイケデリックでシリアスでくせの塊なのだが、しっかりキャラクターの「個」を活かし、笑いにつなげていく。このバランス感覚、やはりワイティティ監督の腕に唸る。これぞポップコーンムービー!娯楽映画だと舌鼓をうちました。

ブロトピ:自由に追加できるブロトピ
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

「マネーモンスター」ジョディ・フォスター快進撃!広がりのある立て籠もり劇

北欧旅行で観た映画6: マネーモンスター(2016) MONEY MONSTER(2016)

続きを読む

【実話】「ラビング 愛という名前のふたり」ジェフ・ニコルズ新境地

ラビング 愛という名前のふたり(2016) LOVING(2016) 監督:ジェフ・ニコルズ

続きを読む

“Ç”新藤兼人より長生き!マノエル・ド・オリヴェイラ映画「アンジェリカの微笑み」

アンジェリカの微笑み O Estranho Caso de Angélica 監督:マノエル

続きを読む

“Ç”3月のイチオシ映画「ロブスター」「母よ、」「あやつり糸の世界」etc

マネー・ショート 世紀の大逆転 監督:アダム・マッケイ 出演:クリスチャン・ベール、 ライアン・ゴ

続きを読む

“Ç”え~~~~そんな結末?!「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

ソロモンの偽証 監督:成島出 出演:藤野涼子、石井杏奈、佐々木蔵之介etc  先日、ブンブ

続きを読む

「LA LA LAND」に備えろ!「巴里のアメリカ人」実はぶっ飛んだミュージカルだった!

巴里のアメリカ人(1951) An American In Paris(1951) 監督:ヴィンセ

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉔】「男はつらいよ 寅次郎春の夢」アメリカの寅次郎出現!

男はつらいよ 寅次郎春の夢(1979) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,林寛子

続きを読む

【ドグマ95研究】「The King is Alive」砂漠のど真ん中でもっとやることあるだろうww

The King is Alive(2000) 監督:クリスチャン・レヴリング 出演:ジェニファ

続きを読む

“Ç”北斎の女もエロマンガを書く?「百日紅~Miss HOKUSAI~」

百日紅~Miss HOKUSAI~ 監督:原恵一 出演:杏、松重豊etc 最近、日本で

続きを読む

【ネタバレ解説】「この世界の片隅に」能年玲奈こと”のん”が覚醒!ムシ描写からみる某カルト映画との共通点

この世界の片隅に(2016) 監督:片渕須直 声の出演:のん、 細谷佳正、稲葉菜月、 小

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

『火花』映画監督の才能あるお笑い芸人・板尾創路

火花(2017) 監督:板尾創路 出演:菅田将暉、桐谷健太、木

【ネタバレ】『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』と『最後のジェダイ』の意外な関係性

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活(2017) 監督

【ネタバレなし】『ビジランテ』入江悠が描く地方都市のギリシャ悲劇

ビジランテ(2017) 監督:入江悠 出演:大森南朋、鈴木浩介

【ネタバレ酷評】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ブンブンが一本満足できなかった5つの理由

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017) STAR WARS T

【寅さんフルマラソン㉝】「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」タコ社長の娘登場

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎(1984) 監督:山田洋次

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑