*

【ネタバレ酷評】『彼女がその名を知らない鳥たち』蒼井優、阿部サダヲの演技は上手いが…

【ネタバレ酷評】『彼女がその名を知らない鳥たち』蒼井優、阿部サダヲの演技は上手いが…

彼女がその名を知らない鳥たち(2017)


監督:白石和彌
出演:阿部サダヲ、蒼井優、
松坂桃李、竹野内豊etc

評価:40点

邦画不作年、11月になったのに今年の邦画ベストテンが微妙で頭を悩ませる。そんな私に映画仲間が「これ、すげーぞ!今年ベストワンかも知れない」と勧めてきました。ってことで、映画祭シーズンの合間を縫って早速観てきました。

『彼女がその名を知らない鳥たち』あらすじ

『ユリゴコロ』でも話題となった沼田まほかる。彼女の同名小説の映画化。金も地位もなく、小汚い男と一緒に暮らす女は、日々の不満を周りにぶつけている。そんな彼女の前に、時計屋の男、元カレが現れる。小汚い男はカノジョが他の男の元へ行かないように全力で阻止する。実はそれには訳があった…

伝説的クリームパンの使い方

成る程、本作はフード描写がどうかしている。阿部サダヲと蒼井優が終始、フードを貪り食う。うどん、ステーキ、柿の種。汚い、観客のヘイトを爆稼ぎするような食事が何故か美味そうに見えてくる。クズでゴミで地を這いつくばって生きる、まるで「㊙︎色情めす市場」のような本能に圧倒された。極め付けはクリームパン!実際に観て衝撃を受けて欲しい。あまりに斬新なフード描写に、この映画狂ってると思った(褒め言葉

憑依役者阿部サダヲとメンヘラの達人蒼井優のセッションも凄まじかった

、、、しかし、どうも乗れない自分がいた。本作は観客に、よくわからない関係のカップルを魅せ、混沌の渦から驚愕の真実をじわりじわり引き抜くタイプの作品。タイトルこそ出したらネタバレなので、言えないが、どうもパッチワーク的であまり上手いとは言えない。

魔性のブランド時計売りの青年も、ブランド時計の払い戻しトラブルを経験している私にはあまりにもリアリティを欠くもので、美青年の表と裏の顔のコントラストを描く点で上手くいってない。

ラストのラストで、ベタなミステリーのオチ。実は、蒼井優は殺人者で、それを庇うように阿部サダヲは身を捧げていたというオチがつく。確かに、伏線は貼られているものの。後出しじゃんけんのように見えてしまう。『ユージュアル・サスペクツ』以降諸刃の剣となっている、この手のオチ。本作はどうも後出しじゃんけんに観えてしまうのだ。

感動と衝撃の斬撃を放って観客もとい、シネフィルの心を動かそうとしている作品だが、どうも私の心に響くものはなかった。

凄まじいフード描写と、阿部サダヲvs蒼井優のバトル以外ダメな作品でした。

オススメしてくれた映画仲間よ、すまぬ、、、

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”「ドライヴ」カルト監督N・W・レフンが生んだ奇跡のビンビン映画

ドライヴ(2011) DRIVE(2011) 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 出演

続きを読む

“Ç”アンドロイド、平田オリザ、深田晃司「さようなら」

さようなら 監督:深田晃司 出演:ブライアリー・ロング、新井浩文、ジェミノイドF、村田牧子e

続きを読む

“Ç”第69回カンヌ国際映画祭(2016)出品作発表ジャームッシュにドランにetc

第69回カンヌ国際映画祭 2016/6/11~2016/6/22開催 今年も、この季節がやっ

続きを読む

“Ç”【ダイジェスト】第69回カンヌ国際映画祭授賞式

カンヌ国際映画祭授賞式が終わって... 昨日の20時半に寝て、 2時起き、フランスの CA

続きを読む

【キミにきめた!公開記念】「幻のポケモン ルギア爆誕」ロケット団の純愛映画だった!

劇場版 ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕(1999) 監督:湯山邦彦 出演:松

続きを読む

“Ç”新藤兼人より長生き!マノエル・ド・オリヴェイラ映画「アンジェリカの微笑み」

アンジェリカの微笑み O Estranho Caso de Angélica 監督:マノエル

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~外洋画部門~

1.ホドロフスキーのDUNE 明らかにDVDの特典映像にありそうな映画の制作秘話。 しかし、

続きを読む

“Ç”鬱病を知る「ツレがうつになりまして。」

ツレがうつになりまして。 監督:佐々部清 出演:宮崎あおい、堺雅人、吹越満etc

続きを読む

【Netflix】「マイヤーウィッツ家の人々 (改訂版)」アダム・サンドラーVSベン・スティラー

マイヤーウィッツ家の人々 (改訂版)(2017) The Meyerowitz Stories (

続きを読む

“Ç”東京国際映画祭を賑わせたあの作品が公開11月のオススメ映画

「さようなら」「アレノ」「FOUJITA」 東京国際映画祭が終了してしまいました! 見逃した作品

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑