*

【TIFF2017】『レインボウ』巨匠タヴィアーニ兄弟がやらかしたダメダメ映画

【TIFF2017】『レインボウ』巨匠タヴィアーニ兄弟がやらかしたダメダメ映画

レインボウ(2017)
原題:Una Questione Privata
英題:RAINBOW


監督:タヴィアーニ兄弟
出演:ルカ・マリネッリ,
ロレンツォ・リケルミー,
ヴァレンティーナ・ベッレ,
ジュリオ・ベラネックetc

評価:30点

東京国際映画祭で『父/パードレ・パドローネ』『塀の中のジュリアス・シーザー』タヴィアーニ兄弟の『レインボウ』を観ました。Filmarksでの評価が微妙で心配だったのだが、果たして…

『レインボウ』あらすじ

ベッペ・フェノリオが自らの経験をもとに執筆した『Una Questione Privata(個人的な事情)』の映画化。1943年、女一人に男二人の恋愛は、男がレジスタンスに参加したことで貼らんな展開を迎えていく…

TIFF2017一番の残念映画

『父/パードレ・パドローネ』『塀の中のジュリアス・シーザー』が好きだっただけに、まさかの残念映画だった本作に衝撃を受けた。無論1940年代のイタリアレジスタンス史を知らない私が悪いのだが、とにかく物語の焦点が見えず不協和音でした。

邦題及び英題は『オズの魔法使い』の主題歌『虹の彼方に(Over The Rainbow)』から来ているのだがこれがダメだったと思う。確かに物語的にも『虹の彼方に(Over The Rainbow)』が多用されている。愛の象徴として、凄惨なゲリラ戦に対する一抹の光として使われているのだが、そもそも説得力が全くない。何故、『虹の彼方に(Over The Rainbow)』が重要なのかがよくわからないのだ。

そして、恋の三角関係に戦争が絡んでくるのだが、肝心な戦闘シーンがどれも間抜け。結局、違和感に違和感を塗りたくった作品で睡魔すら湧いてきた。

寝る損マンデラ!と内心呪文をかけるが、あまりに退屈でキツイ作品でした。すみません、残念ながら今日はここまでしか書けませんでした。

第30回東京国際映画祭レビュー

【TIFF2017】「花筐」は大林宣彦渾身のギャルゲー映画だった件!注目ヒロインは山崎紘菜!
【TIFF2017】「レット・ザ・サンシャイン・イン」クレール・ドゥニの観る官能小説
【TIFF2017】「ナッシングウッドの王子」知られざるアフガニスタンB級映画の世界
【TIFFネタバレなし】『シェイプ・オブ・ウォーター』金獅子受賞!デルトロが放つ聲の形
【TIFFネタバレ】『シェイプ・オブ・ウォーター』のミュージカル映画シーンについて考察
【TIFF2017】『マリリンヌ』A・デルミー女優賞受賞も納得のトラウマ人生劇
【TIFF2017】『スヴェタ』カザフスタン製凶悪聾唖者犯罪劇『ザ・トライブ』のトラウマ再び
【TIFF2017】『レインボウ』巨匠タヴィアーニ兄弟がやらかしたダメダメ映画
【TIFF2017】『スウィート・カントリー』ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞受賞作
【TIFF2017】『ハウス・オブ・トゥモロー』日本公開希望!こんなバンドみたことがない!

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

“Ç”マッツ・ミケルセン出演の人食い映画「フレッシュ・デリ」が泣ける件について。

フレッシュ・デリ(2003) DE GRONNE SLAGTERE(2003) 監督:アナス・トマ

続きを読む

“Ç”【祝 75歳三度目の結婚】「ペレ 伝説の誕生」今サッカー少年と観るべき映画

ペレ 伝説の誕生(2015) PELÉ BIRTH OF A LEGEND(2015) 監督

続きを読む

12.17 Sat公開「幸せなひとりぼっち」スウェーデン映画史上3位の大ヒット!スターウォーズを倒した老人映画

幸せなひとりぼっち(2015) En man som heter Ove(2015) 監督:

続きを読む

「白夜と配達人」コンチャロフスキーが送る郵便配達人物語

白夜と郵便配達(2014) Belye nochi pochtalona Alekseya T

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉘】「男はつらいよ 寅次郎紙風船」寅次郎ノーベル賞受賞

男はつらいよ 寅次郎紙風船(1981) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 倍賞千恵子、岸本加

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉟】「男はつらいよ 寅次郎恋愛塾」東大生の情事サポート

男はつらいよ 寅次郎恋愛塾(1985) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 平田満,初井言榮,

続きを読む

【ネタバレなし】「マグニフィセント・セブン」ガトリング、お前だけはアウトだ!

マグニフィセント・セブン(2016) THE MAGNIFICENT SEVEN(2016)

続きを読む

“Ç”三船敏郎をテーマにしたデンマーク映画?「ミフネ」

ミフネ(MIFUNE) 監督:ソーレン・クラーク=ヤコブセン 出演:アナス・ベアテルセン、イ

続きを読む

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「パリ、18区、夜。」クレール・ドゥニのシリアスすぎるパリ事情

パリ、18区、夜。(1994) 仏題:J'AI PAS SOMMEIL 英題:I CAN'T S

続きを読む

“Ç”時差が変わった国からオンボワエ!「フューリー」

昨日からサマータイムが終わり、 日本との時差が-7時間から -8時間に変わりました! サマ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑