*

【TIFF2017】「ナッシングウッドの王子」知られざるアフガニスタンB級映画の世界

【TIFF2017】「ナッシングウッドの王子」知られざるアフガニスタンB級映画の世界

ナッシングウッドの王子(2017)
NOTHINGWOOD(2017)


監督:ソニア・クロンルンド
出演:サリム・シャヒーン,ソニア・クロンルンドetc

評価:85点

今年の東京国際映画祭で一番期待していた作品を観た。その名も「ナッシングウッドの王子」。今年のカンヌ国際映画祭監督週間で上映されてシネフィルたちを驚かされた作品だ。シネフィルの間でもほとんど知られていないアフガニスタン映画の巨匠サリム・シャヒーンを、女性監督ソニア・クロンルンドが取材するといったもの。政治的に不安定で、下手すればお縄になってしまう危険なロケ。その先に見えるものは何か?日本公開はアップリンクあたりが頑張らない限り難しそうなだけに、観られて良かった。

「ナッシングウッドの王子」概要

アフガニスタンで100本以上のB級映画を撮る巨匠サリム・シャヒーン。政治的に不安定で、内戦やテロも頻発。撮影現場にロケット弾が撃ち込まれるのも日常茶飯事なこのアフガニスタンで30年間映画を撮り続けるわけとは?そしてサリム・シャヒーンが一般人から軍人、そしてテロリストにまで愛されるか?女性監督ソニア・クロンルンドの密着取材で明らかにされていく…

好きなことで生きていく

「好きなことで生きていく」

これはYoutuber界の合言葉だ。

しかしながら、アフガニスタンのサリム・シャヒーン(Salim Shaheen)程この言葉が合う者はいなかろう。アメリカのハリウッド、インドのボリウッド、近年注目株のナイジェリア・ノリウッド。世界には沢山の映画林があるが、アフガニスタンにも林がある。その名もナッシングウッド(映画を観ると現地語でベリウッドと言うらしい)。機材も映画会社もないからNOTHINGWOODだ。

そんなナッシングウッドで、アフガンのスピルバーグ、はたまたエドウッドと海外の映画人から呼ばれる男がサリム・シャヒーン(Salim Shaheen)だ。30年間、内戦で爆破テロがあろうと、ミサイルで死者が出ようと監督、脚本、出演し、B級映画を100本以上撮ってきた男だ。

本作はそんな彼をなんと、女性監督が取材したドキュメンタリー。

冒頭にも言ったが、サリムは好きなことで生きている。それも命をかけて。常に爆破で死ぬ恐怖と隣合わせ。しかし、彼は決してカメラを離さず、陽気に映画を撮る。若松孝二も天国で阿鼻驚嘆しているだろう、日によっては4作同時撮影をしているのだ。

そんな彼から滲み出る熱さに興奮されっぱなしだった。彼は「映画監督は貧しい者、弱い者の味方だろ!」とひとたび町へ出ようなら軍人さんも、テロリストも敬意を称されようと、決して傲慢にはならない。

映画の撮影中、いきなりカメラの前に出てきて熱唱&迫真のダンスをする。映画自体は、B級インド映画のようにくだらなく、決してアカデミー賞やカンヌ国際映画祭といった舞台に立てるような代物ではない。しかしながら、くだらない映画の中に、サリムの人生で経験してきた大変なこと。常に死と隣り合わせなアフガニスタンで生き延びる知恵をねじ込んでいく。そりゃ、アフガニスタンの人にとってサリムが英雄にならない訳がない。

口先だけ、イクゾ気合と叫んでいる某映画館の方とは違う。これぞ「好きなことで生きていく」こと。真のイクゾ気合だ!

ってことで、カンヌ映画祭の頃から観たい観たいと思っていた本作を観られて満足。矢田部さんに感謝な作品でした。

どうか、日本でも配給が決まって公開されますように…

第30回東京国際映画祭レビュー

【TIFF2017】「花筐」は大林宣彦渾身のギャルゲー映画だった件!注目ヒロインは山崎紘菜!
【TIFF2017】「レット・ザ・サンシャイン・イン」クレール・ドゥニの観る官能小説
【TIFF2017】「ナッシングウッドの王子」知られざるアフガニスタンB級映画の世界
【TIFFネタバレなし】『シェイプ・オブ・ウォーター』金獅子受賞!デルトロが放つ聲の形
【TIFFネタバレ】『シェイプ・オブ・ウォーター』のミュージカル映画シーンについて考察
【TIFF2017】『マリリンヌ』A・デルミー女優賞受賞も納得のトラウマ人生劇
【TIFF2017】『スヴェタ』カザフスタン製凶悪聾唖者犯罪劇『ザ・トライブ』のトラウマ再び
【TIFF2017】『レインボウ』巨匠タヴィアーニ兄弟がやらかしたダメダメ映画
【TIFF2017】『スウィート・カントリー』ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞受賞作
【TIFF2017】『ハウス・オブ・トゥモロー』日本公開希望!こんなバンドみたことがない!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレなし解説】1/13公開「ネオン・デーモン」NWRが放つ「ショー・ガール」

ネオン・デーモン(2016) THE NEON DEMON(2016) 監督:ニコラス・ウィ

続きを読む

【ネタバレ/解説/考察】「3月のライオン 後編」後藤戦の脚本が凄まじかった件

ネタバレ/解説/考察】「3月のライオン 後編」 (※「3月のライオン 後編」ネタバレなし評はこ

続きを読む

【ネタバレなし】「希望のかなた」ベルリンで監督賞受賞!これはアキカウリスマキの怒りだ!

希望のかなた(2017) Toivon tuolla puolen(2017) 監督:アキ・

続きを読む

『ゴッホ 最期の手紙』世にも珍しい油絵アニメに惚れろ!

ゴッホ 最期の手紙(2017) Loving Vincent(2017) 監督:ドロタ・コビ

続きを読む

“Ç”【速報】第69回カンヌ国際映画祭受賞結果パルムドールは「I,Daniel Blake」ケン・ローチ渾身の新作

第69回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:I, Daniel Blake ケン・ローチ渾身

続きを読む

”Ç”87回アカデミー賞予想5:作曲&主題歌賞

作曲と主題歌賞の違い 今回はアカデミー賞の「作曲賞」「主題歌賞」 について扱います。 とこ

続きを読む

【若干ネタバレ】「相棒 劇場版IV」演出ミス多くないか…

相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断(2017) 監督:

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑲】「男はつらいよ 寅次郎と殿様」鯉のぼり事件

男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,前田吟

続きを読む

“Ç”第66回ベルリン国際映画祭(2016)受賞結果! 「ローマ環状線」のロージ監督新作ドキュメンタリー「海は燃えている」が金熊賞!

第66回ベルリン国際映画祭受賞結果 金熊賞: 海は燃えている(Fuocoammare)

続きを読む

【告知】どいらじ「映画観ず嫌い王決定戦」に出演しました!

「映画 観ず嫌い王決定戦」に出演しました! [su_youtube url="https://

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【酷評】『GODZILLA 怪獣惑星』が実質『パシフィック・リム:アップライジング』の続編だった件

GODZILLA 怪獣惑星(2017) 監督:静野孔文,瀬下寛之

【解説】『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ!

エンドレス・ポエトリー(2016) 原題:Poesia Sin Fi

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑