*

【オリヴェイラ特集】「メフィストの誘い」ファウスト映画にハズレなし

【オリヴェイラ特集】「メフィストの誘い」ファウスト映画にハズレなし

メフィストの誘い(1995)
LE COUVENT(1995)


監督:マノエル・ド・オリヴェイラ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、
ジョン・マルコヴィッチetc

評価:70点

ポルトガルの巨匠マノエル・ド・オリヴェイラに嵌まっているブンブン。先日TSUTAYA渋谷でファウストの世界をアレンジした「メフィストの誘い」を見かけたので借りてきました。ファウスト映画は、アレクサンドル・ソクーロフやヤン・シュヴァンクマイエルなども映画化し、どれも面白いイメージがある。果たしてオリヴェイラの描くファウストはいかがなものか…

「メフィストの誘い」あらすじ

学者のマイケルは妻ヘレンを連れて、シェイクスピアに関する調査の為アラビダの古い僧院を訪れた。そんな彼らを僧院の管理人は試すのだった…

「コロンブス 永遠の海」の原点

本作を観ると、2007年にオリヴェイラが手がけた「コロンブス 永遠の海」の原点であることが分かる。学者が、自分のユニークな学説を妻に語りながら歩むという珍しい映像文法はこの作品にも現れている。主人公の学者はシェークスピアはスペイン系ユダヤ人だという説を打ち立てて、古い僧院を観光映画のように巡っていく。

本作は、「コロンブス 永遠の海」とは違い、重厚なストーリーが備え付けられている。僧院の管理人がマイケルの妻に惚れてしまうのだ。仲がイマイチなこの夫婦の仲を裂こうと、管理人はマイケルに若い女性研究員をあてがわせ、隙を狙って妻を奪おうとする。

ストーリーこそ一見ファウストとはほど遠い感じを受けるが、管理人の優しさと邪悪さを兼ね備えた感じを観ると「あーファウストだなー」と想わせられる。やはり、ファウストという物語に惹き込まれるのはメフィスト(=悪魔)というキャラクターのヤバさにあると思う。一見、とても優しい人に見えて、実は危ない奴。しかも、しっかりと調べないと化けの皮を剥がすことの出来ない厄介さは、人生何年も生きていると一度は遭遇したことのある人物。当の本人は悪気を持っているわけではないので尚更厭らしさがある。

本作は、ソクーロフやシュヴァンクマイエルのものよりもかなりストレートに演出していた。これまた演劇的且つ絵画的なオリヴェイラワールドが嵌まった面白い作品でした。

オリヴェイラ監督作品感想記事

【映画遠足】「階段通りの人々」オリヴェイラ版「どん底」
“Ç”新藤兼人より長生き!マノエル・ド・オリヴェイラ映画「アンジェリカの微笑み」
「ブロンド少女は過激に美しく」官能映画ではない!もう一つの「裏窓」だ!
【映画遠足】「アブラハム渓谷」3時間で成長を魅せるエマ
【オリヴェイラ特集】「神曲」オリヴェイラが解説する宗教と人間の関係
【オリヴェイラ特集】「ノン、あるいは支配の空しい栄光」人類と戦争の関係
【オリヴェイラ特集】「繻子の靴」オリヴェイラが描く7時間のクローデル劇

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

「セリーヌとジュリーは舟でゆく」ジャック・リヴェットはラノベっぽい映画を撮る

セリーヌとジュリーは舟でゆく(1974) CELINE ET JULIE VONT EN BATE

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑭】「男はつらいよ 寅次郎子守唄」労災勃発!イクメン爆誕!

男はつらいよ 寅次郎子守唄(1974) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 月亭八方、春川ます

続きを読む

【ネタバレ】「カーズ クロスロード」は大人向けディズニー映画だった件

カーズ クロスロード(2017) Cars3 監督:ブライアン・フィー 声の出演:オーウェ

続きを読む

地球の急ぎ方~映画資料館に行って知ったまだまだある尾道映画!~

おのみち映画資料館に行ってきた 先日、ゼミの卒業旅行で 広島・尾道に行ってきました。 その

続きを読む

【解説】「立ち去った女」今観なくて何時観る?金獅子賞受賞のラヴ・ディアス4時間復讐譚

立ち去った女(2017) 原題:Ang babaeng humayo 英題:THE WOMAN

続きを読む

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題:STAYING VERTIC

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑯】「男はつらいよ 葛飾立志篇」考古学チームVS朝日印刷チーム

男はつらいよ 葛飾立志篇(1975) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,桜田淳子

続きを読む

「感傷的な運命」幻のオリヴィエ・アサイヤスを観た!現在快進撃中イザベル・ユペール出演作

感傷的な運命(2000) Les Destinées Sentimentales(2000)

続きを読む

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「キング・オブ・エスケープ」アラン・ギロディによるゲイの新世界

キング・オブ・エスケープ(2010) LE ROI DE L'EVASION(2010) 監

続きを読む

【ポーランド映画祭】『早春DEEP END』遂に日本再公開!スコリモフスキ無念のカットシーンとは?

【ポーランド映画祭】で『早春DEEP END』再上映 1972年に日本で公開され、かつては地上

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし解説】『パンとバスと2度目のハツコイ』深川麻衣アイドル映画なのに…

パンとバスと2度目のハツコイ(2017) 監督:今泉力哉 出演

【ネタバレ酷評】『グレイテスト・ショーマン』が致命的にダメダメだった8の理由

グレイテスト・ショーマン(2017) THE GREATEST SH

【寅さんフルマラソン㊶】「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」ウィーン旅行敢行編

男はつらいよ 寅次郎心の旅路(1989) 監督:山田洋次 出演

【ハル・ハートリー特集】『ヘンリー・フール』ポエムを魅せないポエム映画

ヘンリー・フール(1997) HENRY FOOL(1997)

【アテネフランセ特集上映】『マニラ・光る爪』日本映画の貧困描写に足りないものがある

マニラ・光る爪(1975) MAYNILA: SA MGA KUKO

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑