*

「ベン・スティラー 人生は最悪だ!」ゴミ邦題に紛れた佳作

「ベン・スティラー 人生は最悪だ!」ゴミ邦題に紛れた佳作

ベン・スティラー 人生は最悪だ!(2010)
Greenberg(2010)


監督:ノア・バームバック
出演:ベン・スティラー,
グレタ・ガーウィグ,
リス・エヴァンスetc

評価:75点

Netflixを見ていたら、「ベン・スティラー 人生は最悪だ!」という作品が目に留まった。いかにもアメリカンコメディのタイトルなのだが、この作品を撮ったのは「イカとクジラ」、「フランシス・ハ」と会話劇の凄腕ノア・バームバック。なので、本作は全くもって我々が頭に浮かべるような映画ではないのだ。

世の中には最悪邦題は沢山ある。本作の原題は、本作のキーパーソン「Greenberg」だ。

確かに、海外のサイトでは本作はアメリカンコメディとして扱われている上、日本でノア・バームバックの名前が認知されたのは「フランシス・ハ」以降なので、この舐めた邦題をつけてしまったのは致し方がないが、それだけに本作と出会うまで時間がかかった。果たしてどんな映画なのでしょうか?

「ベン・スティラー 人生は最悪だ!」あらすじ

ベトナム旅行に行くグリーンバーグ家は、精神病院から出たばかりの兄に留守番して貰うことにする。久しぶりにロサンゼルスに帰ってくるが、直面したくない過去と向き合う羽目になってしまう。そんな彼は家政婦と情事を繰り広げる…

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を思わせる「苦」のドラマ

ベン・スティラーといえば、「サタデー・ナイト・ライブ」族のコメディアンだ。そんな彼が主演をやると、どうもライトなドラマになりそうだと先入観を抱いてしまう。しかし本作は第60回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品された作品。それだけに非常に奥深いドラマを魅せてくれた。

本作は、ベトナム旅行に行った富豪の代わりに、兄ロジャーが帰ってくるところから始まる。兄は最近精神病院を出たばっかり、無職の男だ。そんな彼は、久しぶりのロサンゼルスだからと昔の友だちに会う。しかし、好きな女の子は人生の伴侶を見つけ、生活基盤がある。昔のバンド友だちは、ロジャーのせいでバンドが上手くいかなかったことを今でも恨んでいる。昔の人と会えば会うほど、昔の傷と向き合わなければならない。そして行く先々の人々から「仕事は何やっているの?」と訊かれる。心がえぐられる。表面上は「今は自由だぜ!」「ロスの田舎者と俺は違うんだぜ!」と自分を大きく魅せるが、実際にはコミュ障で精神的にも不安定。不安に押しつぶされそうになっている。それをいやしてもらおうと家政婦に迫る…

こう、キツ過ぎる男をベン・スティラーが非常に繊細な演技で魅せてくる。ベン・スティラーは立っているだけで、コンプレックスの塊を体現している。物語の展開も全然読めず、とにかく未来も見えずに過去と現在の板挟みになる男の地獄にブンブン大満足でした。

やはり、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」が苦手だったのは、町山智浩さんの解説で物語の展開が読めてしまったからだったのだろうと感じた。町山智浩の解説は取扱注意ですな!

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【尾道映画特集】「あの、夏の日 – とんでろ じいちゃん」子供映画に見えて…ドラッグ映画だ(汗

あの、夏の日 - とんでろ じいちゃん(1999) 監督:大林宣彦 出演:小林桂樹, 厚木

続きを読む

【アフリカ映画研究】「母たちの村」意外とバレるかバレないかサスペンスの傑作だった件

母たちの村(2005) Moolaadé(2005) 監督:センベーヌ・ウスマン 出演:フ

続きを読む

【ネタバレなし/酷評】「マンチェスター・バイ・ザ・シー」アカデミー賞2冠しかし…

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016) Manchester by the Sea(2016)

続きを読む

人間Wikipedia成宮秋祥さんの激ムズ映画クイズ!あなたは全問正解できるか?

人間Wikipedia成宮秋祥さんの激ムズ映画クイズ! あなたは全問正解できるか? 先月

続きを読む

『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』カイエを唸らせたチリ映画の本気

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016) JACKIE(2016) 監督:パブロ

続きを読む

「東京流れ者」感想!ダミアン・チャゼル激白「ラ・ラ・ランド」に影響を与えた邦画

東京流れ者(1966) TOKYO WANDERER(1966) 監督:鈴木清順 出演:渡

続きを読む

【クラシック】『サムライ』は『ブレードランナー2049』に影響与えた説

サムライ(1967) Le Samouraï(1967) 監督:ジャン=ピエール・メルヴィル

続きを読む

【エリック・ロメール特集】「木と市長と文化会館」ロメール異色の政治劇

木と市長と文化会館(1992) L'ARBRE, LE MAIRE ET LA MEDIATH

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「AMERICAN HONEY」日本公開希望アンドレア・アーノルド新作

アメリカン・ハニー(2016) AMERICAN HONEY(2016) 監督:アンドレア・

続きを読む

第1回アカデミー賞作品賞受賞作「つばさ」を観てみた

つばさ(1927) 監督:ウィリアム・A・ウェルマン 出演:クララ・ボウ、 チャールズ・ロ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑