*

【酷評】「アウトレイジ 最終章」好きな北野武映画なのにブンブンが非常に退屈してしまった理由

【酷評】「アウトレイジ 最終章」好きな北野武映画なのにブンブンが非常に退屈してしまった理由

アウトレイジ 最終章(2017)
OUTRAGE CODA(2017)


監督:北野武
出演:ビートたけし、ピエール瀧、
西田敏行、白竜、松重豊etc

評価:40点

北野武最新作がいよいよ公開。それも大人気ヤクザシリーズ「アウトレイジ」の第三弾だ。ブンブンは個人的に2作目にあたる「アウトレイジ ビヨンド」が好きなのだが果たして、、、

「アウトレイジ 最終章」あらすじ

関東の暴力団組織・山王会と関西の雄・花菱会の抗争後、大友は韓国に渡った。花菱会幹部の花田は韓国で女遊びをする中で、ウッカリ大友に喧嘩を売ってしまい、再び抗争が勃発してしまう、、、

世界のキタノ、ネタ切れか?

北野武の「アウトレイジ」シリーズの醍醐味は、西田敏行や小日向文世、國村隼といった大御所は煽り合い、シュールな形でくたばっていくところにある。

強面、関わったら殺されそうな人達が、ヤクザのヒエラルキーの元、時に暴力的になり、時にヘコヘコする様子も見所だったりする。ようは、ヤクザの世界だろうと、社会の縮図は学校と大差ない。弱肉強食で、立場が低くなれば、弱腰になるものだ。そういった普遍的なモノをシュールなバイオレントギャグで描いていくところが面白かった。

さて今回は、ピエール瀧がうっかり北野武に喧嘩を売ったが最後、延々と落とし前をつけていく話になっている。ピエール瀧といえば「凶悪」や「日本で一番悪い奴ら」で演じた強面ヤバイ奴のイメージが強い。

しかし、これが退屈だ。

上映時間104分とシリーズ中一番短いのだが、体感時間が2時間半のように感じた。

理由は単純明快。手数が少なすぎるのだ。既視感のある暴力描写、同じような総動、展開を一つの作品の中に入れ過ぎ。

確かにピエール瀧や西田敏行の怪演は爆笑ものなのだが、これは北野武映画あるあるをパッチワーク的に繋ぎ合わせただけのお粗末映画にしか見えなかった。しまいには、最終章だからと終盤20分は店じまいを始め、伏線や登場人物の整理に注力していた為、北野武映画特有のヌケがなく非常に残念でした。

これは映画芸術ワーストに入りそうだ、、、

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:今日のエンタメ情報

関連記事

【TIFF2017】『グレイン』東京グランプリ受賞!トルコ版「ストーカー」は世界の環境問題に雷放つ

グレイン(2017) GRAIN(2017) 監督:セミフ・カプランオール 出演:ジャン=

続きを読む

【クラシック】「鬼婆」ウィリアム・フリードキンも怯える恐怖BBA映画

鬼婆(1964) ONIBABA(1964) 監督:新藤兼人 出演:乙羽信子, 吉村実子

続きを読む

【ネタバレなし】「ブラムBLAME!」Netflixが送るSFアニメが完全「マトリックス」だった件

ブラムBLAME! 監督:瀬下寛之 声の出演:櫻井孝宏、 花澤香菜、雨宮天etc 評

続きを読む

【大学卒業記念】「横道世之介」から法政大学ライフを振り返る回

横道世之介(2013) 監督:沖田修一 出演:高良健吾,吉高由里子, 池松壮亮,綾野剛et

続きを読む

【したこめネタバレ解説】「シンクロナイズドモンスター」アン・ハサウェイの人生がそこにある!

シンクロナイズドモンスター(2016) COLOSSAL(2016) 監督:ナチョ・ビガロン

続きを読む

【尾道映画特集】「ふたり」この親子の会話気持ち悪い…大林宣彦フェチズム全開!

ふたり(1991) 監督:大林宣彦 出演:石田ひかり、中嶋朋子、 富司純子、岸部一徳、

続きを読む

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「美しき仕事」観た者の人生観を変える一本

美しき仕事(1999) 仏題:BEAU TRAVAIL 英題:GOOD WORK 監督:ク

続きを読む

【寅さんフルマラソン コラム②】番外編「家族はつらいよ」を観てみた

家族はつらいよ(2016) 監督:山田洋次 出演:橋爪功, 吉行和子, 西村雅彦, 夏

続きを読む

【したコメ/ネタバレなし解説】「ゲットアウト」が背筋凍る抱腹絶倒コメディだった件

ゲットアウト(2017) GET OUT(2017) 監督:ジョーダン・ピール 出演:ダニ

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】アフリカ映画「ひかり」はFFでありSWだった件

ひかり(1987) YEELEN(1987) 監督:スレイマン・シセ 出演:イシアカ・カネ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑