*

【酷評】「アウトレイジ 最終章」好きな北野武映画なのにブンブンが非常に退屈してしまった理由

【酷評】「アウトレイジ 最終章」好きな北野武映画なのにブンブンが非常に退屈してしまった理由

アウトレイジ 最終章(2017)
OUTRAGE CODA(2017)


監督:北野武
出演:ビートたけし、ピエール瀧、
西田敏行、白竜、松重豊etc

評価:40点

北野武最新作がいよいよ公開。それも大人気ヤクザシリーズ「アウトレイジ」の第三弾だ。ブンブンは個人的に2作目にあたる「アウトレイジ ビヨンド」が好きなのだが果たして、、、

「アウトレイジ 最終章」あらすじ

関東の暴力団組織・山王会と関西の雄・花菱会の抗争後、大友は韓国に渡った。花菱会幹部の花田は韓国で女遊びをする中で、ウッカリ大友に喧嘩を売ってしまい、再び抗争が勃発してしまう、、、

世界のキタノ、ネタ切れか?

北野武の「アウトレイジ」シリーズの醍醐味は、西田敏行や小日向文世、國村隼といった大御所は煽り合い、シュールな形でくたばっていくところにある。

強面、関わったら殺されそうな人達が、ヤクザのヒエラルキーの元、時に暴力的になり、時にヘコヘコする様子も見所だったりする。ようは、ヤクザの世界だろうと、社会の縮図は学校と大差ない。弱肉強食で、立場が低くなれば、弱腰になるものだ。そういった普遍的なモノをシュールなバイオレントギャグで描いていくところが面白かった。

さて今回は、ピエール瀧がうっかり北野武に喧嘩を売ったが最後、延々と落とし前をつけていく話になっている。ピエール瀧といえば「凶悪」や「日本で一番悪い奴ら」で演じた強面ヤバイ奴のイメージが強い。

しかし、これが退屈だ。

上映時間104分とシリーズ中一番短いのだが、体感時間が2時間半のように感じた。

理由は単純明快。手数が少なすぎるのだ。既視感のある暴力描写、同じような総動、展開を一つの作品の中に入れ過ぎ。

確かにピエール瀧や西田敏行の怪演は爆笑ものなのだが、これは北野武映画あるあるをパッチワーク的に繋ぎ合わせただけのお粗末映画にしか見えなかった。しまいには、最終章だからと終盤20分は店じまいを始め、伏線や登場人物の整理に注力していた為、北野武映画特有のヌケがなく非常に残念でした。

これは映画芸術ワーストに入りそうだ、、、

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:今日のエンタメ情報

関連記事

【隠れたアカデミー賞候補作】「13th-憲法修正第13条-」、「バース・オブ・ネイション」公開延期になった今観るべきドキュメンタリー

13th-憲法修正第13条-(2016) 13th(2016) 監督:エヴァ・デュヴァルネ

続きを読む

「ブレックファスト・クラブ」青春映画の金字塔はかなりの異色作だった件

ブレックファスト・クラブ(1985) THE BREAKFAST CLUB(1985) 監督

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑩】 「男はつらいよ 寅次郎夢枕」人の振り見て我が振り直せ

男はつらいよ 寅次郎夢枕(1972) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 田中絹代,米倉斉加年

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉟】「男はつらいよ 寅次郎恋愛塾」東大生の情事サポート

男はつらいよ 寅次郎恋愛塾(1985) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 平田満,初井言榮,

続きを読む

【アフリカ映画研究】「Samba Traoré」ブルキナファソ映画を観てみた

Samba Traoré(1993) 監督:イドリッサ・ウエドラオゴ 出演:Bakary S

続きを読む

「モアナと伝説の海」を観ると益々「怒りのデス・ロード」が好きになった件

モアナと伝説の海 吹き替え版(2016) MOANA 監督:ロン・クレメンツ、 ジョン・マ

続きを読む

【ネタバレなし】「マグニフィセント・セブン」ガトリング、お前だけはアウトだ!

マグニフィセント・セブン(2016) THE MAGNIFICENT SEVEN(2016)

続きを読む

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」アカデミー賞2部門ノミネート!これは日本愛溢れる折り紙版スターウォーズだ!

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016) KUBO AND THE TWO STRINGS(20

続きを読む

『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』カイエを唸らせたチリ映画の本気

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016) JACKIE(2016) 監督:パブロ

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉜】「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」尾道ロケ作

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎(1983) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 中井貴一,

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑