*

【解説】「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」は女性版「アルフィー」だ!

【解説】「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」は女性版「アルフィー」だ!

奥田民生になりたいボーイと
出会う男すべて狂わせるガール(2017)


監督:大根仁
出演:妻夫木聡、水原希子、
リリー・フランキーetc

評価:90点

Twitterでネタにされまくっている「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」。東京国際映画祭シーズンにつき観る予定にはなかったが、映画仲間に「ブンブンの感想聞きたい」とリクエストあったので観てきました。

タイトルとは裏腹にとんでもなく辛くシリアスを極めた怪作であったことは、観る前の私には想像すること不可能であった。

「民生ボーイ(略称)」あらすじ

渋谷直角の同名漫画を「モテキ」「バクマン。」「SCOOP!」の大根仁が映画化。時は雑誌編集部署。奥田民生を崇拝する若手編集者は、打ち合わせ先で出会った女にゾッコン。気合で漢を磨きデートを重ねるが、どうもおかしい。実は彼女は出会う男すべて狂わせるガールだった!

水原希子の魔性の女感半端ねぇ!

映画史始まってから様々な魔性の女が爆誕した。しかし、水原希子のこの魔性の女ほど恐ろしい女はいただろうか?いや、ない。

どんな男も、例えネコ声、飾りに飾られた偽りの素顔で魅了していることを見抜いている男ですら、彼女の完全マーケティングされた演出にメロメロ惚れ込んでしまうだろう。正直、ブンブンは水原希子はあまり興味がなかった。物語前半部分、「うぁないわー」と思う。しかし、観ていくうちに「現実にこんな女いたら惹き込まれるんだろうなぁ~」と思うようになった。

そしてそんな完璧ガールはは、アメとムチを使い分け、恐ろしい程強烈なムチで男を叩き、人生を滅茶苦茶にしていくではないか!まさにタイトルに恥じない出会う男すべて狂わせるガールっぷりにはブンブンまいった。しかも、観ているうちに、ブンブンの知り合いで全く同じタイプの狂わせるガールがいることに気づき「あぁ付き合わなくて良かった」と胸を撫で下ろした程の恐怖を感じたのだ。

さて、本作は2つのベクトルに分解することができる。

ポイント1:女性版「アルフィー」だ!

まず1つ目は、本作が女性版「アルフィー」だということ。「アルフィー」とは、007シリーズを製作していたルイス・ギルバードがビル・ノートンの舞台劇を映画化した作品。本気で付き合う気がなく女遊びばかりするゲス男の物語で、ど畜生男のやらしいライフスタイルが延々と描かれるが、そこには本気の恋愛の面倒臭さ、男が心の底で感じる異性に対する嫌悪感を見事に反映している作品だった。2004年にはジュード・ロウ主演でリメイクもされています。

本作はまさに、男目線で描かれているものの「アルフィー」の女性版だ。男の面倒臭さ、男がソクバッキーになる過程を徹底分析して描いている。これは面白い。男性諸君は嫌悪感を覚えるだろう。ただ、それは正常、というよりか監督の狙いではないだろうか。「アルフィー」が賛否両論で、女性のヘイトを爆稼ぎする作品であったの同様、本作は男性のヘイトを爆稼ぎしてこそ傑作、成功なのだ。

ポイント2:理不尽に耐えるサラリーマンの成長譚

そして2つ目は、一人のビジネスマンが憧れの男になるまでの成長譚ということ。17:30定時帰るボーイ、遅刻男と距離置きたいボーイであるブンブンは生存不可能な雑誌編集の現場。

納期を守らないライター、無茶を言うクライアント、徹夜徹夜の職場etc…

様々な人の板挟みになりながら、恋にもがきながらイニシエーションを乗り越えていく奥田民生になりたいボーイに熱くなった。憧れの存在というのは、自分が自覚していないうちになるもの。本作では、しっかり妻夫木聡扮する若手編集者は奥田民生になっていく。しかし、それに自分は気づかない。

まさに「プラダを着た悪魔」でアン・ハサウェイが、人生の困難から無意識のうちに垢抜けていく感じだ。

最後に…奥田民生知らないボーイも満足!

正直、奥田民生だれそれ?あれっSEALDsの人?と思っていたブンブン(奥田民生ファンの方すみません)ですが、大満足な作品でした。

ただ、知り合いの映画ライター曰く、原作はもっとえぐくシリアスらしい。そう聞くと、無性に原作も読んでみたくなったブンブンでした。

大根仁映画レビュー

【ネタバレなし】「SCOOP!」福山雅治はゲス男にもなれる!ロバート・キャパに注目!
“Ç”サカナクションの音色が!アクションシーンが!「バクマン。」
“Ç”大根仁×三浦大輔「恋の渦」ゲスの極み過ぎておもろい!

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【隠れたアカデミー賞候補作】「最後の追跡」ただの強盗劇ではない!「ボーダ-ライン」の脚本家快進撃

最後の追跡(2016) Hell or High Water(2016) 監督:デヴィッド・

続きを読む

【東京フィルメックス】『ファンさん』DON’T SLEEP〜他界するその瞬間を

ファンさん(2017) 原題:方繡英 英題:Mrs. Fang 監督:ワン・ビン 出演:

続きを読む

【試写会】9/10公開「四月は君の嘘」5巻の熱い演奏を忠実再現

四月は君の嘘(2016) 監督:新城毅彦 出演:広瀬すず、山崎賢人、 石井杏奈、中川大志e

続きを読む

【ネタバレ】「怒り」吉田修一×李相日、妻夫木聡と広瀬すずの演技がバケモノだった件

怒り(2016) 監督:李相日 出演:妻夫木聡、渡辺謙、 広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、

続きを読む

“Ç”【ネタバレ解説】「ズートピア」実はガチな警官バディもの!侮るなかれ

ズートピア(2016) ZOOTOPIA(2016) 監督:リッチ・ムーア 日本語吹き替え

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】アフリカ映画「ひかり」はFFでありSWだった件

ひかり(1987) YEELEN(1987) 監督:スレイマン・シセ 出演:イシアカ・カネ

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録1「7分間」学生にこそ観て欲しい企業の雇用トラップ!

7分間(2016) 7 Minutes(2016) 監督:ミケーレ・プラチド 出演:オクタ

続きを読む

「感傷的な運命」幻のオリヴィエ・アサイヤスを観た!現在快進撃中イザベル・ユペール出演作

感傷的な運命(2000) Les Destinées Sentimentales(2000)

続きを読む

“Ç”妄想男子を苛立たせる!?エイリアンのセクシーウォーク映画「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」

アンダー・ザ・スキン 種の捕食(UNDER THE SKIN) 監督:ジョナサン・グレイザー 出

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉖】「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」さくら新居へ…

男はつらいよ 寅次郎かもめ歌(1980) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ】『オリエント急行殺人事件(ケネス・ブラナー版)』ポアロ君,,,それはキモノではない!

オリエント急行殺人事件(2017) Murder on the Or

【Netflix】『フープ・ドリームス』スラムのガキから王になれ!バスケ嫌いも熱狂のドキュメンタリー

フープ・ドリームス(1994) HOOP DREAMS(1994)

【NETFLIX】「キャッチボール屋」伝説的大崎章を観てみた…

キャッチボール屋(2006) 監督:大崎章 出演:大森南朋、

『DESTINY 鎌倉ものがたり』高畑充希だけで5億点!山崎貴版『裸のランチ』に注目せよ!

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017) 監督:山崎貴 出演

【寅さんフルマラソン㉜】「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」尾道ロケ作

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎(1983) 監督:山田洋次 出

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑