*

「ザ・ローリング・ストーンズ/ギミー・シェルター」音楽ドキュメンタリー史上最大の悲劇

「ザ・ローリング・ストーンズ/ギミー・シェルター」音楽ドキュメンタリー史上最大の悲劇

ザ・ローリング・ストーンズ/
ギミー・シェルター(1970)
GIMME SHELTER(1970)


監督:デヴィッド・メイズルス,
アルバート・メイズルス,
シャーロット・ズウェリン
出演:ザ・ローリング・ストーンズ

評価:80点

最近音楽ドキュメンタリーに嵌まっている。というのもエアロスミスやモーターヘッド、KISS等の活動とメタルバンドの苦悩を描いた「ザ・メタルイヤーズ」をNetflixで観て、これががメチャクチャ面白かったからだ。メタルってアブナイ人の集まりってイメージが強いが、営業は頑張るし、怖い外見に反して「ドラッグとアルコールはダメだよ!」と言ってたり「ヘドバンする人怖い」とおびえていたりと普段知り得ない世界を観ることができて楽しかった。その勢いで、「オルタモントの悲劇」を撮った「ザ・ローリング・ストーンズ/ギミー・シェルター」を観てみたぞ!

「ザ・ローリング・ストーンズ/ギミー・シェルター」概要

1969年、大雨とキャパオーバーにより米軍が「災害」扱いとして出動する羽目になった伝説の音楽フェスティバル「ウッドストック’69」。奇跡的に死傷者0だったことから今でも語り継がれている伝説だ。しかしその年の暮れにもう一つ伝説があった。ザ・ローリング・ストーンズがツアーの最後にオルタモント・スピードウェイでフリーコンサートを開いたところ、ヒッピーとコンサートの警備員として雇われたヘルズ・エンジェルスが乱闘を始め、ついには死傷者を出してしまったのだ。本作は、純粋なストーンズのライブを撮ろうとして、想像を絶する地獄絵図が撮れてしまったトンデモドキュメンタリーだった…

ヤバイもんを観た

ドキュメンタリー映画は、現在進行形を撮る為不測の事態が起きる。ある種、そのハプニングが凄いかどうかで作品の評価が決まってしまう。このローリング・ストーンズのライブを収めた本作は、音楽ドキュメンタリー史上最も恐ろしいものを撮ってしまった。

1969年と言えば、ウッドストックフェスティバルという、軍が災害扱いとして出動した音楽祭のあった年。奇跡的に暴力事件に至らなかったことで有名だ。しかし、本作で描かれる1969年オルタモント・フリーコンサートはウッドストックフェスティバル同様の混沌下で暴動が起き、死傷者が出た悲劇だ。

撮影スタッフは、未来に起きるこの悲劇を知らない。だから、ヒッピーが機材に乗り暴れたり、その前のライブでステージ乱入が発生しているのに、「ウッドストックでは大丈夫だった」と言い野放しにしてしまう。明らかに、危険な、一触触発な事態に本ドキュメンタリーを観る者はハラハラドキドキする。

さっきまで、「サティスファクション」や「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のドープな演目を楽しんでいたのに、戦慄してくる。そして、「悪魔を憐れむ歌」が始まり、乱闘発生、演奏中断を挟み「アンダー・マイ・サム 」を弾くと遂に死傷者が出てしまう。決定的殺人の瞬間に背筋が凍った。

まさに
War, children, it’s just a shot away
It’s just a shot away!

な衝撃ドキュメンタリーと言えよう。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレなし】「HiGH AND LOW THE MOVIE2 END OF SKY」これぞ日本が誇るアクション映画だ!

HiGH AND LOW THE MOVIE2 END OF SKY(2017) 監督:久保茂

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録14「14の夜」レンタルビデオ屋のワクワク味わえる足立紳監督デビュー作

14の夜(2016) 監督:足立紳 出演:犬飼直紀、光石研、濱田マリetc 評価:80

続きを読む

“Ç”「残穢-住んではいけない部屋-」、怖さ「呪怨」レベル!Jホラー嫌い必見!

残穢-住んではいけない部屋- 監督:中村義洋 出演:竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介etc

続きを読む

”Ç”東京国際映画祭ラインナップ発表!「FOUJITA」、ボーグマンの監督最新作などずらり!

東京国際映画祭ラインナップ発表!! 日本の映画ファンよ... ついに東京国際映画祭のライ

続きを読む

“Ç”【レポート】マリリンモンロー主演「紳士は金髪がお好き」の技術論

紳士は金髪がお好き Gentlemen Prefer Blondes 監督:ハワード・ホ

続きを読む

「フィッシュマンの涙」韓国版「何者」は頭がおかしい(褒め言葉)

フィッシュマンの涙(2015) Collective Invention(2015) 監督:

続きを読む

【ネタバレなし解説】『ブレードランナー2049』が一見さんとミーハーお断りな7の理由

ブレードランナー2049(2017) BLADE RUNNER2049(2017) 監督:ド

続きを読む

“Ç”モーリタニア映画観ます?TIMBUKTU「禁じられた歌声」で12月日本公開

TIMBUKTU(2014) 監督:アブデラマン・シサコ 出演:Ibrahim Ahmed,

続きを読む

”Ç”捕食されるぞ!ゲスの極み、恐竜に「ジュラシック・ワールド」

ジュラシック・ワールド(Jurassic World) 監督:コリン・トレボロウ 出演:クリ

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン外国映画部門!1位はなななんと「マッド・マックス/怒りのデス・ロード」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン外国映画 皆さん、なんと! 今年のベスト1位は「マッド

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『ファントム・スレッド』PTA版『召使』はダイヤのマチ針で貴方を刺す

ファントム・スレッド(2017) Phantom Thread(20

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑