*

「ブロンド少女は過激に美しく」は官能ではない!もう一つの「裏窓」だ!

「ブロンド少女は過激に美しく」は官能ではない!もう一つの「裏窓」だ!

ブロンド少女は過激に美しく(2009)
原題:SINGULARIDADES DE UMA RAPARIGA LOURA
英題:ECCENTRICITIES OF A BLONDE-HAIRED GIRL


監督:マノエル・ド・オリヴェイラ
出演:リカルド・トレパ、カタリナ・ヴァレンシュタインetc

評価:85点

ブンブンは美しい風景、情景に包まれている映画が好きです。そんなブンブンを魅了する監督の一人にマノエル・ド・オリヴェイラがいます。ポルトガル出身のこの監督は106歳まで生きた映画監督としても有名。そんな彼の撮る作品は、まるでポートワインのように甘く深みのある作品が多い。それも晩年になればなるほど、熟成されて味わい深いものとなる。

さて、今回TSUTAYAでブンブンが借りてきたのは「ブロンド少女は過激に美しく」。まるで北欧官能映画っぽいタイトルだが、実にラグジュアリーで美味な食後酒でありました。

「ブロンド少女は過激に美しく」あらすじ

エッサ・デ・ケイロスの短編小説「ある金髪女の奇行」の映画化。列車の中。ある青年は哀しみにくれていた。行き場のない心を、どうにかしようと、隣に座る熟女に語りかける。何故、男は哀しむのか、何故辛いのか。1時間後あなたは、可哀相な男の結末に驚くことだろう…

美しすぎる「裏窓」

「アンジェリカの微笑み」もそうだが、本作はまるで映画デビュー作か!と思うほどにエモーショナルな恋愛を描いている。いや恋愛映画と言うよりも、素晴らしき童貞映画と言えよう。

まず、森鴎外「舞姫」よろしく、祭りの終わり、哀しみに暮れる男の独白から本作は始まる。事のきっかけは、ずばり「窓」。男が何気なく、窓を眺めていると、向かいの家から丸い扇子を持った美しき女性が現れる。いきなり男の心はときめきメモリアル!「もう一度あの子を見たい!」と毎日のように窓を覗く。しかし、向かいの窓はカーテンを閉ざしたまま。なかなか女の子を魅せてはくれない。そんな焦れったい男の気持ちを様々な角度で「窓」を映すことにより効果的に演出されている。というよりか、100歳にして性欲ビンビンじゃねぇかと思うほどのフェティッシュなカメラワーク、「美」を追い求めている感じが素敵です。

そして、一つ、また一つと偶然が重なり、男は段々精神的距離も好きな女に近づいていく。そう男の目には「女の子」しか映っていない。このイケイケドンドン感、若き盛り。ブンブンも似たような経験をしたことがあるだけに、シンパシーを抱く。ダークで黄金色の空間に広がる甘い恋に心が吸い込まれ、そして「アンジェリカの微笑み」同様「えええ!!」という衝撃的な終わり方で観客を突き放す。

これぞ、100歳!淡すぎる、ピュアでエモく、童貞童貞した作品も100歳になるまで熟成・発酵させると、味わったこともない甘みと深みが観客の身体全体に広がっていくんだなと思い知らされた傑作でした。ヒッチコック監督作「裏窓」ののぞき魔フェティズム描写が好きな方は間違いなく、本作を気に入るでしょう。また、好きな女の子に猪突猛進突っ込んで砕けた青春の蹉跌を持ち合わせている人にもオススメです。

P.S.どいらじ「くらえ!映画愛」に選ばれました

Youtubeラジオ・どいらじの「くらえ!映画愛」のコーナーに投稿したところ、採用されました。後日、どいらじメンバーが本作を観た感想を放送にて語るとのことです。

オリヴェイラ監督作品関連記事

「アンジェリカの微笑み」感想
「アブラハム渓谷」感想
「階段通りの人々」感想

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

“Ç”フランス映画祭2015何がおすすめ?

6/26(金)~6/29(月)開催フランス映画祭 今年もやってきました、 フランス映画祭!

続きを読む

“Ç”「セッション」の監督脚本作「グランドピアノ 狙われた黒鍵」

グランドピアノ 狙われた黒鍵(GRAND PIANO) 監督:エウヘニオ・ミラ 出演:イライ

続きを読む

”Ç”よい子には観てはいかんドラッグ映画「スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!」

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo! The Spongebob Movie:Sponge

続きを読む

【解説】『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ!

エンドレス・ポエトリー(2016) 原題:Poesia Sin Fin 英題:Endless P

続きを読む

【ネタバレなし】「希望のかなた」ベルリンで監督賞受賞!これはアキカウリスマキの怒りだ!

希望のかなた(2017) Toivon tuolla puolen(2017) 監督:アキ・

続きを読む

アレクサンダー・ペイン新作『ダウンサイジング』が完全『ウルトラQ 1/8計画』だった件

アレクサンダー・ペイン新作 Downsizing製作中 IMDbを読んでいたら、「ネブラスカ

続きを読む

【試写会】来年2/11公開「たかが世界の終わり」ドランが犯した2つのミス

たかが世界の終わり(2016) JUSTE LA FIN DU MONDE(2016) 監督

続きを読む

“Ç”huluで「ストレンジャー・ザン・パラダイス」を観よう!

huluが進化していた! 数年前から、親父がタブレット端末で映像コンテンツ 配信アプリ『hu

続きを読む

“Ç”ソレンティーノに影響与えた??「シシリーの黒い霧」

シシリーの黒い霧(1961) Salvatore Giuliano(1961) 監督:フラン

続きを読む

“Ç”【ネタバレ解説】来る夏を先取り!「ドゥ・ザ・ライト・シング」オバマ大統領もデートで観た傑作w

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989) DO THE RIGHT THING(1989) 監督

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑