*

【BUN’Sキッチン】 豚肉のピカタ カレー風味を作ってみた

公開日: : 最終更新日:2017/08/03 食べ物 , , , , , ,

【BUN’Sキッチン】 豚肉のピカタ カレー風味を作ってみた

豚肉のピカタ カレー風味

社会人になって新しい趣味を作ろうと、「料理」に挑戦しているチェブンブンです。この前、豚肉のピカタを作ってみたので、紹介します。

ピカタって?

子牛にレモン汁をかけ、バターで焼いた西洋料理。日本では、豚肉ベースで作るのが主流。

豚肉のピカタ カレー風味の作り方


材料(4人分)

・豚肉:400g
・塩、胡椒:少々
・小麦粉:適量
・卵1個
・カレー粉:小さじ2杯
・ドライパセリ:小さじ1杯
・オリーブオイル:大さじ1杯

下準備


卵1個に小麦粉大さじ2杯、カレー粉小さじ2杯、ドライパセリ小さじ1杯、塩・胡椒少々を加えてよくかき混ぜる。小麦粉がだまにならないよう注意を払う。…A


豚肉は調理する30分前に、冷蔵庫から取り出して置きましょう。そうすることで、火がよく通ります。また豚肉を叩くことで肉が軟らかくなります。そして、香ばしさを演出するため、また旨みが溶け出さないように小麦粉をまぶしておきます。

作り方


1.フライパンでオリーブオイルを熱しておく。

2.オリーブオイルが温まってきたら豚肉を入れて焼く。

3.豚肉がある程度焼けてきたら、Aを加え豚肉全体に味が染みるように混ぜていく。


完成!スパイシーで暑い夏にぴったりの料理でした。冷凍保存で2週間持つのでお弁当にピッタリですね。

ブロトピ:今日の趣味日記

関連記事

“Ç”【食レポ】美味しすぎてバカになる東陽町「大衆ビストロバカ」

大衆ビストロバカ 東陽町のレストラン「大衆ビストロバカ」 に行ってきました。 入り

続きを読む

【ネタバレなし解説】「ダンケルク」エースコンバット好きはIMAXど真ん中で観てくれ!!

ダンケルク(2017) DUNKIRK(2017) 監督:クリストファー・ノーラン 出演:

続きを読む

“Ç”BUN’S キッチン:フランス軍食料物資入手! 試食1:兵隊さんのオヤツ

ミリオタのダチから、 アンジェの射撃場予約の お礼にフランス軍が実際に 使っている「キャンプ物資

続きを読む

”Ç”横浜ベイクォーターでランチ「神田エチオピアのカリーカフェ」

横浜でバイトだ! ブンブンの夏休みは冬にフランスへ行くために 稼ぐ夏である。 派遣のバ

続きを読む

“Ç”ダチからポルトガル土産貰ったり!

ポルトガル土産ニシンチョコ 春休みですねー ブンブンはニートベイナゾー生活 モラトリアムぶんぶんで

続きを読む

アプリゲーム「#しろたん寿司はじめました」が社畜ゲームだった件

アプリゲーム「しろたん寿司」リリース 昨日、 あざらしのキャラクター「しろたん」 で有名な

続きを読む

“Ç”BUN’Sキッチン〜ムール貝のワイン蒸し編〜

余り物処理したい... 生活していると食べ残しや、 余り物が発生する。 ハンバーガーショップで

続きを読む

“Ç”アンジェの寿司屋Restaurant Tokyo!

海外に留学したら誰しも、 日本食が恋しくなる。 雑食チェ・ブンブンでさえ、 繊細・安い・上手い日

続きを読む

“Ç”BUN’Sキッチン〜ブンブン主催イベントで焼き鳥食わす:本番編

ブンブン花を買う パーティー開催前に仲間と、 アンジェの図書館から、 町の中心街に向かう途中にある

続きを読む

“Ç”パリ・モンパルナスの美味しいクレープ屋「CREPERIE TY BREIZ」

電車の待ち時間にクレープ屋「CREPERIE TY BREIZ」 ブンブン、留学時代よくモンパ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

【アルベルト・セラ特集】『騎士の名誉』テリー・ギリアムのドンキホーテが上映されている裏側で

騎士の名誉(2006) Honor de Cavalleria

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑