*

第74回ヴェネチア国際映画祭(2017)作品リスト発表!是枝裕和、北野武、ジョージ・クルーニーetc

第74回ヴェネチア国際映画祭(2017)作品リスト発表!是枝裕和、北野武、ジョージ・クルーニーetc

第74回ヴェネチア国際映画祭作品リスト次々発表


ベルリン、カンヌと並ぶ世界三大映画祭の一つイタリアで行われるヴェネチア国際映画祭。
今年は8/30(水)~9/9(土)の開催となっている。

そんなヴェネチア国際映画祭の出品作品が日本時間の7/27(木)夜に発表された。

日本からは広瀬すず、福山雅治が出演する是枝裕和監督作「三度目の殺人」がコンペティション部門に出品されることが決まった。ヴェネチア国際映画祭はでデビュー作「幻の光」で金オゼッラ賞を獲っいるだけに期待度が高まります。

また、今年クロージング作品に北野武最新作「アウトレイジ 最終章」が出品されます。

ヴェネチア国際映画祭は作品リストが長いため、コンペティション部門以外の全作品紹介するのは控えますが、アウト・オブ・コンペティション部門からは他にも、マイケル・ジャクソンのスリラーを3Dにした「Michael Jackson’s Thriller 3D」。「真夜中のパーティー」、「恐怖の報酬」のウィリアム・フリードキン監督が6年ぶりに監督し、尚且つ自身の監督した「エクソシスト」に再挑戦した「The Devil and Father Amorth」。B級映画作家ながらもカイエ・ドゥ・シネマ誌を始めカルト的人気を誇っているアベル・フェラーラ監督の新作「Piazza Vittorio」などが出品されます。

ってことで、作品リストと概要をいつも通り発表していきます。
(ブンブンのつたない英語力とフランス語力で情報を拾って書いているのでもしかしたら間違っているかもしれません。その時はすみません…)

オリゾンティやアウトオブコンペティション等の出品作品は公式サイトよりご確認ください↓
※第74回ヴェネチア国際映画祭公式サイト

コンペティション部門

今年のコンペティションでブンブンが注目している作品は3つあります。
一つ目は、「アデル ブルーは熱い色」でパルムドールを受賞したアブデラティフ・ケシシュ新作「Mektoub My Love:Canto Uno」。資金難でパルムドールを売却して製作した作品だけに気になります。

二つ目は、オタクの味方ギレルモ・デル・トロ監督のファンタジー「The Shape of Water」。今となっては、「パシフィック・リム」のオタク監督として有名だが、「パンズ・ラビリンス」のように、ファンタジーの中に社会情勢や心理学的要素をはめ込むのも得意。今回は、どちらかというと「パンズ・ラビリンス」寄りな作品だけに楽しみです。

そして三つ目は、アレクサンダー・ペイン監督作「Downsizing」。どう考えても、ウルトラQの「1/8計画」にしか見えないプロット。どこか昭和の香りのする人類縮小化計画映画だが果たして…そもそもロードムービー監督が初SFでこれを描くことに惹かれました。

Human Flow

監督:アイ・ウェイウェイ
出演: Boris Cheshirkov, Marin Din Kajdomcaj
中国の現代美術家であるアイ・ウェイウェイの作品。

Mother!

監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ジェニファー・ローレンス、ハビエル・バルデム

ダーレン・アロノフスキー監督が「ノア」以来久しぶりに作った作品。招かれざる客で崩壊するあるカップルを描いた作品。

Suburbicon

監督:ジョージ・クルーニー
出演:マット・デイモン、オスカー・アイザック、
ジュリアン・ムーア

「グッドナイト&グッドラック」でヴェネチア国際映画祭脚本賞を受賞したことがある人気俳優ジョージ・クルーニー監督最新作。静かな家庭を脅かす侵入者との闘いを描いたサスペンス。

The Shape of Water

監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:サリー・ホーキンス

「パシフィック・リム」で有名なオタクの味方ギレルモ・デル・トロさんの細心ファンタジー。冷戦下の1960年代にアメリカの政府研究所で働く発達障害の清掃員とそこで作られたクリーチャーとの交流を描く。あらすじを読むだけで傑作の予感が!

L’Insulte

監督:ジアド・ドゥエイリ
出演:Adel Karam, Kamel El Basha

La Villa

監督:ロベール・ゲディギャン

日本では「キリマンジャロの雪」で紹介されているフランスのロベール・ゲディギャン最新作。

Lean on Pete

監督:アンドリュー・ヘイ
出演:Travis Fimmel, Steve Zahn

さざなみ」で好評を得たアンドリュー・ヘイ新作。長年行方不明の叔母と、奪われてレース馬「リーン・オン・ピート」を探しに少年が冒険に出る話です。

Mektoub My Love:Canto Uno

監督:アブデラティフ・ケシシュ

資金難で、「アデル ブルーは熱い色」の時に獲ったパルムドールを売却したケシシュ監督のラブストーリーが遂に完成。若き脚本家の恋愛を描いている。

三度目の殺人

監督:是枝裕和
出演:広瀬すず、福山雅治、役所広司

デビュー作にしてヴェネチアを制した是枝裕和監督最新作。勝利にこだわる弁護士が、一見簡単に終わりそうな事件の謎に惹き込まれていく作品。日本公開9/9。

Justqu’a la Garde

監督:Xavier LeGrand
出演:Denis Ménochet, Léa Drucker

妻は夫の娘に対する虐待を見かねて、唯一の親権を得ようと裁判を起こすが、共同親権しか認められず苦悩する話。

→NEXT:コンペティション部門その2

ページ: 1 2

関連記事

“Ç”【ダイジェスト】第69回カンヌ国際映画祭授賞式

カンヌ国際映画祭授賞式が終わって... 昨日の20時半に寝て、 2時起き、フランスの CA

続きを読む

“Ç”君も入隊しよう「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow) 監督:ダグ・リーマン

続きを読む

「ブロンド少女は過激に美しく」は官能ではない!もう一つの「裏窓」だ!

ブロンド少女は過激に美しく(2009) 原題:SINGULARIDADES DE UMA RAPA

続きを読む

“Ç”アンジェ映画祭潜入レポート3:『グッドナイト・マミー(ICH SEH,ICH SEH)』

ICH SEH, ICH SEH 監督:Veronika Franz&Severin Fiala

続きを読む

“Ç”サウジアラビア初の女性監督作「少女は自転車に乗って」

少女は自転車に乗って(WADJDA) 監督:ハイファ・アル=マンスール 出演:ワアド・ムハンマド

続きを読む

【実話・ネタバレなし】「否定と肯定(Denial)」ドナルドトランプ、共謀罪強行採決時代に観るべき傑作

否定と肯定(2016) Denial(2016) 監督:ミック・ジャクソン 出演:レイチェ

続きを読む

“Ç”【ネタバレ&解説】「ピンクとグレー」NEWS加藤シゲアキの小説×行定勲 実は中島裕翔は…

ピンクとグレー(2016) 監督:行定勲 出演:中島裕翔、菅田将暉、夏帆、柳楽優弥、マキタス

続きを読む

【解説】「ドリーム Hidden Figures」エンジニア新入社員、リケジョ必見の激アツドラマ

ドリーム(2016) HIDDEN FIGURES(2016) 監督:セオドア・メルフィ

続きを読む

“Ç”広瀬すずの本気を観た「ちはやふる 上の句」

ちはやふる 上の句(2016) 監督:小泉徳宏 出演:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音

続きを読む

【解説】『パーティーで女の子に話しかけるには』迫り来るエル・ファニングに備えよ!

パーティで女の子に話しかけるには(2017) How to Talk to Girls at Pa

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也

【実話】『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』チアルートも驚愕!盲目でホテルマンを目指した男

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017) Mein B

【絶賛】『バーフバリ 王の凱旋』前作未見でもノープロブレム 地を這ってでもこの映画を観てくれ!

バーフバリ 王の凱旋(2017) Baahubali 2: The

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑