*

【ホン・サンス特集】「3人のアンヌ」イザベル・ユペール焼酎を呑む

【ホン・サンス特集】「3人のアンヌ」イザベル・ユペール焼酎を呑む

3人のアンヌ(2012)
In Another Country(2012)


監督:ホン・サンス
出演:イザベル・ユペール、
ユ・ジュンサンetc

評価:75点

Netflixにホン・サンス監督作が3本アップされているので、「自由が丘で」に引き続き、「エル ELLE」のイザベル・ユペール主演の「3人のアンヌ」を観てみた。本作を観て、ホン・サンスは真面目にとんでもない監督だなと感じたぞ!

「3人のアンヌ」あらすじ

ある女性は脚本を書く。彼女の書く3つの脚本では、3人のフランス人女性「アンヌ」が韓国人ライフガードに出会う内容だった..

アーティストの脳内

ホン・サンスは「自由が丘で」や「あなた自身とあなたのこと」と時間や会話の流れをぶった切ったり、解体したりと自由すぎる作風で、観る者を困惑させる。この「3人のアンヌ」も同様にすさまじい魔法を魅せてくれる。イザベル・ユペール扮するフランス人女性が、女性の書く脚本の中で3人の人格を演じる。名前はアンヌと同じなのに。しかも、脇役も同じ登場人物。筋書きも、ライフガードと恋愛するところまで同じ。「自由が丘で」に引き続き、反復の相乗効果を狙った作りになっている。

イザベル・ユペール扮する3人のアンヌは、映画監督、映画監督と不倫している女性、不倫された女性と3パターンの女性を演じ分けているところが大きい。特に3番目のアンヌは、不倫され、捨てられた哀しみから、ライフガードにグイグイと身を許してしまうところが非常によく演出されている。

通常、映画はいくつかの案の中から最も良い内容を採用するのだが、「3人のアンヌ」は3つある案を総て採用してしまう大胆なつくり。かつて誰がこんなことを成し遂げたと言えよう。禁じ手であり画期的な演出でもある。

ホン・サンスの映画は、彼の脳内に紛れ込んだかのような面白さがある。癖が強すぎて苦手な人はとことんダメだろうが、ブンブン彼の術中に嵌まるのが気に入ってしまった。

明らかに「コレクションする女」

それにしてもホン・サンスの映画のタッチ、どこかで観たことあるなーと思ったらようやく思い出しました。そうエリック・ロメール。「クレールの膝」とか「春のソナタ」を思わせる空気感が彼の作品の中にあります。特に本作は、まんま「コレクションする女」の空気感です。家と浜辺と女性の距離感、爽快な空気感が非常によく再現されている。それでもって、イザベル・ユペールとライフガードが「焼酎!焼酎!」といって盛り上がっているのを観ると非常に笑えてくる。映画好きは是非とも一度は挑戦して欲しい作品と言えよう。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç” チェ、アデルへの挑戦「アデル、ブルーは熱い色」比較

昨年、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「アデル、ブルーは熱い色」。 これ、友だちと軽いノ

続きを読む

【TIFFネタバレ】『シェイプ・オブ・ウォーター』のミュージカル映画シーンについて考察

『シェイプ・オブ・ウォーター』を考察 昨日、東京国際映画祭で観たギレルモ・デル・トロ監督作にし

続きを読む

【ホセ・ルイス・ゲリン特集】「工事中」解体されるバルセロナのスラム街で

工事中(2001) EN CONSTRUCCION(2001) 監督:ホセ・ルイス・ゲリン

続きを読む

“Ç”【Netflix】日本ドラマ界新時代?「火花」の撮影が凄い件!

火花(2016) 監督:廣木隆一 出演:林遣都、波岡一喜etc 芥川賞を受賞したお笑い

続きを読む

“Ç”ビル・マーレイ最高の演技!!「ヴィンセントが教えてくれたこと」

ヴィンセントが教えてくれたこと(St.Vincent) 監督:セオドア・メルフィ 出演:ビル

続きを読む

「アルジェの戦い」ゴダール、アントニオーニ倒しキネマ旬報ベスト1になった伝説的映画

アルジェの戦い(1966) La battaglia di Algeri(1966) 監督:

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~外洋画部門~

1.ホドロフスキーのDUNE 明らかにDVDの特典映像にありそうな映画の制作秘話。 しかし、

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録10「オリ・マキの人生で最も幸せな日」カンヌを制すのも納得ヌーヴェルヴァーグっぽさ全開!

オリ・マキの人生で最も幸せな日(2016) 原題:Hymyilevä Mies 英題:The

続きを読む

「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」から観るスコセッシの成長

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト(2008) Shine a Light(2008

続きを読む

“Ç”「セッション」の監督脚本作「グランドピアノ 狙われた黒鍵」

グランドピアノ 狙われた黒鍵(GRAND PIANO) 監督:エウヘニオ・ミラ 出演:イライ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑