*

深田晃司監督「淵に立つ」の原点「歓待1.1」が怖すぎた件

公開日: : 最終更新日:2017/07/12 2017映画, 映画 , , , , , , ,

深田晃司監督「淵に立つ」の原点「歓待1.1」が怖すぎた件

歓待1.1(2010)


監督:深田晃司
出演:山内健司、
杉野希妃、古舘寛治、
ブライアリー・ロングetc

評価:95点

先日、日本映画専門チャンネルで、
深田晃司監督作「歓待1.1」が
放送されていた。

昨年絶賛した「淵に立つ」の
原点に当たる作品の
ディレクターズカットとの
ことで観てみたのだが、
これがとんでもない
映画だった。

「歓待1.1」あらすじ

印刷工場を営む家族の前に現れた
謎の男。夫の知り合いと名乗る
彼とすぐに親しくなり、
従業員として雇うのだが…

恐るべき乗っ取り

昨年話題になった深田晃司監督の
「淵に立つ」。その原点ということで観た。
元ネタ故、話は似ているだろう、
雰囲気も似ているだろうと
油断していたのだが、
これがまた違った怪作だった。

確かにプロットは同じ。
家に男が入ってきて、
家庭が壊されていくという点で。

しかし、侵入者のいやらしさは
明らかに「歓待」の方が上手だ。
普通だったら、いくら知り合いでも
いきなりやってきた男を自分の
職場で働かせたり、
その男と素性の知れぬ妻を
家に泊めたりはしないだろう。

しかし、その男は巧みに「良心」
という心の隙間を突いていき、
90分かけて家を乗っ取っていく。
一つ一つの衝撃的展開が、
気づいた時には「あっ!」と
取り返しがつかなくなっている
恐怖が素晴らしかった。

「淵に立つ」の「その男」にあたる
浅野忠信演じるキャラクターは、
どこか特別な存在。
確かに、服を脱ぐシーンで
「悪魔性」を魅せているものの、
終始「悪魔」のよう、
特別な存在に描かれていた。

しかし、「歓待」で古舘寛治演じる
「その男」は本性だす時以外、
人間味を帯びているだけに余計タチが悪かった。
どこにでもいそうなテキトーな奴。
頭も対して良くなさそうな男が、
狡猾に、しかも厄介なのが、
「この家族をめちゃめちゃにするぞ!」
という思いなくして破壊していく
様は本当に怖かった。
(「淵に立つ」では古舘寛治が
ヤられる側を演じているのが興味深い)

そして、両作とも機械が絶妙な
ハーモニーを生んでいる。
本作だと、印刷機。
「淵に立つ」だと旋盤。
コントロールできる存在が
コントロールできない存在により
不協和音が生じる様を見事に象徴させていた。

これは「家族の肖像」の絵と
居候家族との対比に近い上手い使い方だ。
ともかくオランダの厭なサスペンスである
ボーグマン」を観ているような
居心地の悪さを堪能できる傑作と言えよう。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【オリンピック映画】「時よとまれ、君は美しい ミュンヘンの17日」

時よとまれ、君は美しい  ミュンヘンの17日(1973) Visions of Eight(19

続きを読む

“Ç”大学1年生の頃を思い出す「スプリング・ブレイカーズ」

スプリング・ブレイカーズ(2013) SPRING BREAKERS(2013) 監督:ハー

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン発表!日本映画編 1位は案の上「恋人たち」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン日本映画部門 さて、映画ファン毎年お待ちかね、 キネマ

続きを読む

“Ç”ダンスなきインド版「ヒロイン失格」、「IF ONLY」

IF ONLY(KAASH) 監督:イシャーン・ナーイル 出演:ニディ・スニール、ヴァルン・

続きを読む

“Ç”【ネタバレ/続編】「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」衣裳コリーン・アトウッド最高傑作しかし…

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016) Alice Through the Looki

続きを読む

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」:戦争会話劇の傑作誕生!!

アイ・イン・ザ・スカイ(2016) Eye in the Sky(2016) 監督:ギャビン

続きを読む

【寅さんフルマラソン②】「続・男はつらいよ」寅次郎、ラブホで母に会うの巻き

続・男はつらいよ(1969) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子, 山崎努,前田

続きを読む

“Ç”「さらば あぶない刑事」東映の良質B級映画 初心者でもOK?

さらば あぶない刑事(2016) 監督:村川透 出演:舘ひろし、柴田恭兵etc 評価:65点 19

続きを読む

“Ç”「傷物語 Ⅱ熱血編」ATG感溢れる中二病ヴァンパイア映画

傷物語 Ⅱ熱血編(2016) 監督:新房昭之 出演:神谷浩史、坂本真綾etc 評価:評

続きを読む

【尾道映画特集】「ふたり」この親子の会話気持ち悪い…大林宣彦フェチズム全開!

ふたり(1991) 監督:大林宣彦 出演:石田ひかり、中嶋朋子、 富司純子、岸部一徳、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

【実話】『ザ・ビッグ・シック(THE BIG SICK)』日本未公開の異文化難病ラブコメディ

ザ・ビッグ・シック(日本未公開/2017) THE BIG SICK

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Com

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑