*

深田晃司監督「淵に立つ」の原点「歓待1.1」が怖すぎた件

公開日: : 最終更新日:2017/11/25 2017映画, 映画 , , , , , , ,

深田晃司監督「淵に立つ」の原点「歓待1.1」が怖すぎた件

歓待1.1(2010)


監督:深田晃司
出演:山内健司、
杉野希妃、古舘寛治、
ブライアリー・ロングetc

評価:95点

先日、日本映画専門チャンネルで、
深田晃司監督作「歓待1.1」が
放送されていた。

昨年絶賛した「淵に立つ」の
原点に当たる作品の
ディレクターズカットとの
ことで観てみたのだが、
これがとんでもない
映画だった。

「歓待1.1」あらすじ

印刷工場を営む家族の前に現れた
謎の男。夫の知り合いと名乗る
彼とすぐに親しくなり、
従業員として雇うのだが…

恐るべき乗っ取り

昨年話題になった深田晃司監督の
「淵に立つ」。その原点ということで観た。
元ネタ故、話は似ているだろう、
雰囲気も似ているだろうと
油断していたのだが、
これがまた違った怪作だった。

確かにプロットは同じ。
家に男が入ってきて、
家庭が壊されていくという点で。

しかし、侵入者のいやらしさは
明らかに「歓待」の方が上手だ。
普通だったら、いくら知り合いでも
いきなりやってきた男を自分の
職場で働かせたり、
その男と素性の知れぬ妻を
家に泊めたりはしないだろう。

しかし、その男は巧みに「良心」
という心の隙間を突いていき、
90分かけて家を乗っ取っていく。
一つ一つの衝撃的展開が、
気づいた時には「あっ!」と
取り返しがつかなくなっている
恐怖が素晴らしかった。

「淵に立つ」の「その男」にあたる
浅野忠信演じるキャラクターは、
どこか特別な存在。
確かに、服を脱ぐシーンで
「悪魔性」を魅せているものの、
終始「悪魔」のよう、
特別な存在に描かれていた。

しかし、「歓待」で古舘寛治演じる
「その男」は本性だす時以外、
人間味を帯びているだけに余計タチが悪かった。
どこにでもいそうなテキトーな奴。
頭も対して良くなさそうな男が、
狡猾に、しかも厄介なのが、
「この家族をめちゃめちゃにするぞ!」
という思いなくして破壊していく
様は本当に怖かった。
(「淵に立つ」では古舘寛治が
ヤられる側を演じているのが興味深い)

そして、両作とも機械が絶妙な
ハーモニーを生んでいる。
本作だと、印刷機。
「淵に立つ」だと旋盤。
コントロールできる存在が
コントロールできない存在により
不協和音が生じる様を見事に象徴させていた。

これは「家族の肖像」の絵と
居候家族との対比に近い上手い使い方だ。
ともかくオランダの厭なサスペンスである
ボーグマン」を観ているような
居心地の悪さを堪能できる傑作と言えよう。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”新歓祭目前!北欧研究会NORDICオススメ動画

新歓の季節 桜がキレイなこの季節、 新入生のみなさん、 入りたいサークルは決まったかな? 大学生

続きを読む

『火花』映画監督の才能あるお笑い芸人・板尾創路

火花(2017) 監督:板尾創路 出演:菅田将暉、桐谷健太、木村文乃etc 評価:80

続きを読む

“Ç”意外!「バードマン」アカデミー賞作品賞受賞

アカデミー賞発表 ついにアカデミー賞発表されましたねー。 今年は「6才のボクが、 大人になるま

続きを読む

【絶賛】『HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』はEXILE嫌いを改心させる大傑作だ!

HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION(2017) 監督:久保茂

続きを読む

“Ç”あり得なく、楽しきオペラ体験「CASANOVA VARIATIONS」

CASANOVA VARIATIONS 監督:Michael Sturminger 主演:ジ

続きを読む

“Ç”【生誕70周年】実写版マスオさんがイケメン「続・サザエさん」

続・サザエさん(1957) 監督:青柳信雄 出演:江利チエミ、小泉博、 藤原釜足、清川虹子

続きを読む

“Ç”岩波ホールにて公開決定!エストニア映画「みかんの丘」

EUフィルムデーズ開幕!! 今年もやって参りました、 ヨーロッパ映画大フィーバーな映画祭EU

続きを読む

「ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン」主婦ライフを覗いてみよう

ブリュッセル1080、 コメルス河畔通り23番地、 ジャンヌ・ディエルマン(1975) Jea

続きを読む

【ネタバレなし解説】『マイティ・ソー:バトルロイヤル』はソー映画最高傑作

マイティ・ソー:バトルロイヤル(2017) THOR:RAGNAROK(2017) 監督:タ

続きを読む

“Ç”ヴェンダース新作ドキュメンタリー「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」

「Le Sel de la Terre」 監督:ヴィム・ヴェンダース、 ジュリアーノ・リベイ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也

【実話】『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』チアルートも驚愕!盲目でホテルマンを目指した男

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017) Mein B

【絶賛】『バーフバリ 王の凱旋』前作未見でもノープロブレム 地を這ってでもこの映画を観てくれ!

バーフバリ 王の凱旋(2017) Baahubali 2: The

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑