*

「白夜と配達人」コンチャロフスキーが送る郵便配達人物語

「白夜と配達人」コンチャロフスキーが送る郵便配達人物語

白夜と郵便配達(2014)
Belye nochi pochtalona
Alekseya Tryapitsyna(2014)

%e7%99%bd%e5%a4%9c%e3%81%a8%e9%83%b5%e4%be%bf%e9%85%8d%e9%81%94
監督:アンドレイ・コンチャロフスキー
出演:アレクセイ・トリャピツィン,
イリーナ・エルモロバetc

評価:55点

北欧旅行の飛行機内で観た作品。
フィンエアーは本当にラインナップが
充実しており、
コンチャロフスキーの
こんなアート映画までおいてあるのだ!
ってわけでいってみましょう!

「白夜と郵便配達」あらすじ

ロシア北西部に位置するケノゼロ湖は
隔離された地域。
過疎化が著しく進み、
もはやほとんど人がいない場所だ。
主人公の郵便配達人は、
そんなケノゼロ湖から毎日
ボートで出勤する。

そんな彼の郵便配達ライフが
静かに綴られる…

静かだが、濃い挿話の数々

コンチャロフスキーの「或る人々」の
ある種リメイク的な話だ。
あれは、過疎化が進む沼に住む人々を
ジャーナリスト目線で追った作品だが、
本作は僻地の人々目線で描いている。

そして、ドキュメンタリータッチで
淡々と進む本作だが、これがなかなか
面白い。

郵便配達がお届けに行くと、
おばちゃんが自慰に励んでいて
気まずくなったり、
密漁疑惑の漁師たちの喧嘩を
止めに入ったり、
少年の子守をしたりと、
本当に郵便配達人のすること?
と思うほど多岐にわたる仕事をする。

また舞台はソ連時代なのか、
パンの配給をしたりする。

ストーリーとしては
非常にシンプルで、
メッセージがあるようには
見えないのだが、
日本にいると全く観られない
ような「世界」が本作で
観ることができる。

「父、帰る」みたい

本作で最大の見せ場が、
厳しい母親の子どもの
子守をする場面。

郵便配達人は独身だけに、
子どもの扱いは下手っぴだが、
頑張って親睦を深めようと、
森にボートで連れて行ったり、
釣った魚を焼いて一緒に
食べたりする。

年齢によるジェネレーション
ギャップこそあれど、
なんとかしてコミュニケーションを
図ろうとする郵便配達人の
姿がこれまた健気だ。

でも、プチ遠足から帰ると、
少年の母親が
「どこほっつき歩いていたの(怒」
とガンギレ!
郵便配達人は可愛そうだと
思いつつも仕方なしに
家に帰すところの
切なさの表現はなかなかのもの。

静かに家族愛、無骨な子育てを
描いた作品と言えば、
アンドレイ・ズギャビンツェフの
父、帰る」を思わせるところが
あった。

2年前の東京国際映画祭で
上映されたっきりなのだが、
もし、機会があれば
是非挑戦してみて下さい(*^_^*)

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”世界が誇るお父さんと言えば?「ラン・オールナイト」

ラン・オールナイト(Run Allnight) 監督:ジャウム・コレット=セラ 出演:リーア

続きを読む

【ネタバレ】「ドント・ブリーズ」チアルートに次ぎ、この盲目超人もキテルw あっとこれコメディですw

ドント・ブリーズ(2016) Don't Breathe(2016) 監督:フェデ・アルバレ

続きを読む

【ラテンビート映画祭】「彼方から」金獅子賞受賞のベネズエラ産ゲイ映画

彼方から(2015) Desde allá/FROM AFAR(2015) 監督:ロレンソ・

続きを読む

【夏休み映画特集 ネタバレ】「江ノ島プリズム」こっこれは!「時をかける少女」のぱくりやん!

江ノ島プリズム(2013) 監督:吉田康弘 出演:福士蒼汰、野村周平、 本田翼etc 評

続きを読む

“Ç”アンジェ映画祭開幕!目玉は「ルック・オブ・サイレンス」と「ツーリスト」監督作品♡

FESTIVAL PREMIERS PLANS D'ANGERS 本日1/16~1/25までア

続きを読む

【ネタバレなし】「退屈な日々にさようならを」これぞ群像劇!夢追い人の物語と思いきや…

退屈な日々にさようならを(2016) 監督:今泉力哉 出演:内堀太郎、 松本まりか、 矢

続きを読む

“Ç”「リリーのすべて」アリシア・ヴィキャンデル、主演女優じゃね説!

リリーのすべて(2015) THE DANISH GIRL(2015) 監督:トム・フーパー

続きを読む

【オリンピック映画】「時よとまれ、君は美しい ミュンヘンの17日」

時よとまれ、君は美しい  ミュンヘンの17日(1973) Visions of Eight(19

続きを読む

“Ç”【デンマーク映画研究】「モルグ/屍体消失」ポストドグマ映画の第一歩!

モルグ/屍体消失(1994) Nattevagten(1994) 監督:オーレ・ボールネダル

続きを読む

“Ç”北斎の女もエロマンガを書く?「百日紅~Miss HOKUSAI~」

百日紅~Miss HOKUSAI~ 監督:原恵一 出演:杏、松重豊etc 最近、日本で

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし解説】『パンとバスと2度目のハツコイ』深川麻衣アイドル映画なのに…

パンとバスと2度目のハツコイ(2017) 監督:今泉力哉 出演

【ネタバレ酷評】『グレイテスト・ショーマン』が致命的にダメダメだった8の理由

グレイテスト・ショーマン(2017) THE GREATEST SH

【寅さんフルマラソン㊶】「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」ウィーン旅行敢行編

男はつらいよ 寅次郎心の旅路(1989) 監督:山田洋次 出演

【ハル・ハートリー特集】『ヘンリー・フール』ポエムを魅せないポエム映画

ヘンリー・フール(1997) HENRY FOOL(1997)

【アテネフランセ特集上映】『マニラ・光る爪』日本映画の貧困描写に足りないものがある

マニラ・光る爪(1975) MAYNILA: SA MGA KUKO

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑