*

【ハル・ハートリー クラウドファンディング応援!】「愛・アマチュア」ゆる~いサスペンス

【ハル・ハートリー クラウドファンディング応援!】「愛・アマチュア」ゆる~いサスペンス

愛・アマチュア(1994)
AMATEUR(1994)


監督:ハル・ハートリー
出演:イザベル・ユペール、
マーティン・ドノヴァン、
エリナ・レーヴェンソンetc

評価:70点

ハル・ハートリーDVD-BOXのクラウドファンディングがキックスターターで開催されている。昨日の「シンプルメン」に引き続き、今日は現在イケイケな女優イザベル・ユペール出演作「愛・アマチュア」を紹介するぞ!

「愛・アマチュア」あらすじ

ある男がニューヨークの路地裏に倒れている。男は記憶を失っているようだ。カフェにその男が訪れる。彼に興味を持った売れない官能小説作家は、家に招くが…

ハル・ハートリー版「過去のない男」

本作を観ると、アキ・カウリスマキの「過去のない男」を思い出す。記憶を失った男の居候日記、とにかくゆるーく、音楽がDOPEでイカしている感じは両者とも共通するところ。

しかし、この「愛・アマチュア」は予想外にフィルムノワールだった。イザベル・ユペール扮する官能小説作家が過去のない男を介抱する話と、官能映画女優と組織の話が交差していく。通常フィルムノワールと言えば、暗かったり暑苦しいイメージがあるのだが、ハル・ハートリーはこれをしっとりと描く。組織と金を取引する官能映画女優も、電話でゆすりをする際、メチャクチャびびっていて、そのコミカルさににやりとさせられる。そして、一見関係ないような二つの話が絶妙に絡み合っていくアンサンブルは観ていて心地よい!

「エル ELLE」の原型、イザベル・ユペールの将来ここにあり

本作を観て思ったのは、イザベル・ユペールの醸し出すヤバイ雰囲気が「エル ELLE」の時の演技と非常に重なる部分があったというところ。「愛・アマチュア」では、いきなりカフェの店員に追い出されそうになるシーンから始まる。「あんた、ここはホテルじゃないんだよ!コーヒー1杯で何時間粘るつもり?」と言われても、「さっき、コーヒー以外にモノ頼んだわよ!」と闘いにいくスタンスをイザベル・ユペール扮する官能小説作家は取る。

「エル ELLE」でも、周囲に蔓延るいやーな噂話や暴力に立ち向かっていくスタンスを取っている。イザベル・ユペールって、内面から作り出す強い女性像演出が本当に上手いなと思った。

最後に…

やはり、ハル・ハートリーはジム・ジャームッシュやアキ・カウリスマキよりの監督でオフビートな笑いに観客を包む。観ていて快感を得られる監督ですな!これは全作観たいぞ!!!

ハル・ハートリー関連記事

・「シンプルメン
・「愛・アマチュア
・「アンビリーバブル・トゥルース

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”第18回カイエ・ドゥ・シネマ週間in東京に潜入!「アッシャー家の末裔」35mmフィルムver.

久しぶりにアンスティチュフランセ東京へ... 飯田橋にあるフランス語学校アンスティチュフランセ

続きを読む

“Ç”【レポート】マリリンモンロー主演「紳士は金髪がお好き」の技術論

紳士は金髪がお好き Gentlemen Prefer Blondes 監督:ハワード・ホ

続きを読む

【東京国際映画祭】「プールサイドマン」は日本版「スイス・アーミー・マン」だ!

プールサイドマン(2016) POOLSIDEMAN(2016) 監督:渡辺紘文 出演:今

続きを読む

【ネタバレ解説】『万引き家族』勝てる映画が勝利したことへの危機感

万引き家族(2018) 仏題:Une affaire de famille 英題:Shopl

続きを読む

【ネタバレなし】『ビジランテ』入江悠が描く地方都市のギリシャ悲劇

ビジランテ(2017) 監督:入江悠 出演:大森南朋、鈴木浩介、 桐谷健太、篠田麻里子et

続きを読む

「セリーヌとジュリーは舟でゆく」ジャック・リヴェットはラノベっぽい映画を撮る

セリーヌとジュリーは舟でゆく(1974) CELINE ET JULIE VONT EN BATE

続きを読む

「サンタクロースの眼は青い」リア充爆発しろ男子にオススメなクリスマス映画

サンタクロースの眼は青い(1963) Le Pere Noel a les yeux bleu

続きを読む

“Ç”こんなバカンスは嫌だ「パラダイス三部作」特集①「愛」

ウルリヒ・ザイドル監督作に挑戦! オーストリア映画って実はゲテモノ映画を 定期的に輩出している国

続きを読む

”Ç”助演男優賞&録音賞&編集賞受賞作「セッション」アカデミー賞のダークホース!

さて、ここで問題。 ココはどこでしょう? んっ日本?中国? ノンノン、パリだよフランス

続きを読む

“Ç”ドキュメンタリーなのにベルリンで脚本賞!パトリシオ・グスマン監督作「真珠のボタン」

真珠のボタン El boton de nacar 監督:パチリシオ・グスマン 評価

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑