*

「トゥー・ラバーズ」ホアキン・フェニックスがドストエフスキー感を醸し出す…

「トゥー・ラバーズ」ホアキン・フェニックスがドストエフスキー感を醸し出す…

トゥー・ラバーズ(2008)
TWO LOVERS(2008)


監督:ジェームズ・グレイ
出演:ホアキン・フェニックス、
グウィネス・パルトロー、
ヴィネッサ・ショウetc

評価:80点

ジェームズ・グレイの新作「ザ・ロスト・シティ・オブ・ゼット(THE LOST CITY OF Z)」がカイエ・ドゥ・シネマでメチャクチャ評価されている。本作はあの「インディー・ジョーンズ」のモデルとなったパーシー・フォーセットの冒険に迫ったノンフィクション小説「ロスト・シティZ 探検史上、最大の謎を追え」の映画化。予告編を観ると、「地獄の黙示録」や「アギーレ」を彷彿とさせる狂気が楽しめそうな作品です(実際にアマゾンロケを敢行。配給もAmazonという懲りっぷりw)。日本配給が決まっているらしいので、本作は今冬or来年公開されるかもしれません。

折角なので、ジェームズ・グレイの旧作をNetflixで探したら、「トゥー・ラバーズ」があったので観てみました。

「トゥー・ラバーズ」あらすじ

ドストエフスキーの「白夜」の映画化。
婚約者に去られ、自殺未遂ばっかり繰り返している男レナードは、親のクリーニング屋で半分ニートのような生活を送っている。そんなある日、家族にサンドラという女性を紹介される。彼女はレナードの過去を受け入れ、彼のことを愛するようになるが、レナードは隣人ミシェルに惹かれていった…

ドストエフスキー感溢れる「モテキ」

本作は「モテキ」そのものだ。女に対して抵抗ある男が、同時に複数の女性に愛され困惑するという内容は「モテキ」を彷彿とさせられる。しかしながら、この「トゥー・ラバーズ」の原作はドストエフスキーの「白夜」。鬱過ぎます。まず、ホアキン・フェニックス扮するレナードの、女々しい感じがドストエフスキー感を体現していると言えよう。

そしてそれ故に、「モテキ」以上にスリリングな恋愛が描写されており、観客の心を鷲掴みにする。女性に抵抗があるのに、二人の女の間でもがく羽目になったレナード。紙一重で二重生活をするスリリング。そして、本当に愛している女性ミシェルには金持ちで真摯な男がついている。ミシェルはその男のことが嫌いで、レナードにその男を引きはがして欲しいと懇願する。レナードは高級レストランにミシェルを呼ぶが、ミシェルはその男を連れてくる。「勝てない!」と思い気持ちが落ち込む。「若きウェルテルの悩み」もそうだったが、一度勝てないと思うとドンドン沼に嵌まっていくもの。この二重恋愛の息苦しさが切なく、哀しく泣けてき。

意外にも本作は日本で劇場公開されていない。しかしながら、そこには男なら誰しも感じる女との葛藤。等身大の恋愛の戦慄が繊細に描かれていた。これは必見ラブストーリーと言えよう。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”ソレンティーノに影響与えた??「シシリーの黒い霧」

シシリーの黒い霧(1961) Salvatore Giuliano(1961) 監督:フラン

続きを読む

“Ç”あんたらがテロリストやん「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン Marvel Avengers:Age of Ultro

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「七夜待」河瀬直美、異国の文化に土足で上がり込むの巻

七夜待(2008) Nanayomachi(2008) 監督:河瀬直美 出演:長谷川京子、

続きを読む

“Ç”竹内力現る「ターナー、光に愛を求めて」

「MR.TURNER」 監督:マイク・リー 出演:ティモシー・スポール、 ドロシー・アトキ

続きを読む

“Ç”【小ネタ解説付き】「神様メール」聖☆おにいさんもびっくりの挑戦

神様メール(2015) Le tout nouveau testament(2015) 監督

続きを読む

“Ç”ダンスなきインド版「ヒロイン失格」、「IF ONLY」

IF ONLY(KAASH) 監督:イシャーン・ナーイル 出演:ニディ・スニール、ヴァルン・

続きを読む

“Ç”「SHOAHショア」9時間半で明かされるナチスの諸悪※上半期ベスト同時公開

SHOAH-ショア-(1985) 監督:クロード・ランズマン 出演:ホロコースト関係者

続きを読む

【ネタバレなし】「ワイルド・スピード ICE BREAK」ジェイソン・ステイサム最高傑作

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017) Fast & Furious 8(2017)

続きを読む

“Ç”いや~な夏休みよさらば!「ほとりの朔子」

ほとりの朔子(Au revoir l'été) 監督:深田晃司 出演:二階堂ふみ、鶴田真由e

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン発表!日本映画編 1位は案の上「恋人たち」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン日本映画部門 さて、映画ファン毎年お待ちかね、 キネマ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑