*

「落穂拾い」アニエス・ヴァルダが送る現代の落穂拾い!

「落穂拾い」アニエス・ヴァルダが送る現代の落穂拾い!

落穂拾い(2000)
LES GLANEURS ET LA GLANEUSE(2000)


監督:アニエス・ヴァルダ
出演:アニエス・ヴァルダetc

評価:90点

現在、アンスティチュフランセでベスト・オブ・フランス映画祭特集が組まれており、そこで日本では滅多にお目にかかれないアニエス・ヴァルダの「落穂拾い」とオリヴィエ・アサイヤスの「感傷的な運命」が観られるとのことだったので行ってきました!アニエス・ヴァルダと言えば、「5時から7時までのクレオ」で有名なヌーヴェルヴァーグ監督で、先日彼女の新作ドキュメンタリー「Visages Villages」がカンヌ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞に与えられるルイユ・ドールを獲りました。そんな彼女の旧作の「落穂拾い」は以前から評判を知っており、ずっと観てみたいと思っていただけにかなり嬉しい。果たしてお味は…

「落穂拾い」あらすじ

このドキュメンタリーはタイトル通りミレーの油彩画から始まる話です。「落穂拾い」とは貧しい者が、畑などからおこぼれを頂く様子を描いている。1857年に描かれた絵の世界が約1.5世紀後の現代でも続いていることを、地方と都市部での「落穂拾い」比較を交え描き出す…

感情的?論理的?

ドキュメンタリーは撮影者の主張が強くなり過ぎないように、基本的に映し出されるモノに手を出さない。例え、レンズを超えて被写体に迫っても客観性を失わないようにするのが定石となっている。しかし、アニエス・ヴァルダは全力で被写体に迫る。更には自己愛が強すぎて、自分をも撮って撮って撮りまくる。言わば感情に身を任せたドキュメンタリーです。通常の作品なら、禁じ手もいいところで酷評もの。しかしながらこの「落穂拾い」は何ということか、非常に論理的な作品で、誠に二律背反な傑作でありました。

というのも、このドキュメンタリーは運に恵まれていた。それ故に、単純な現代の貧困に対する愚痴に留まることなく様々な世界を観せてくれた。「落ち穂拾い」は、フランスの法律でも言及され、現代でも貧しい者は条件付きで、私有地に入って積み残したジャガイモやトマトなどを拾うことが認められている。しかしながら、行き過ぎた資本主義、合理主義により地主や農家、漁師は生産量・漁獲量のコントロールを狂わす「落穂拾い」達に不満を募らせている。アニエスはそんなケチになった地主や都市部の人に文句を言いつつも、しっかりと落穂拾い「する側」「される側」、「貧しき落穂拾い」「富める落穂拾い」を均一に描き出します。そうすることで、それぞれの言い分が明らかになると共に、結局は法なんて形骸化しており、個人の見解でフランス社会が回っていることが明らかになるのです。

そして、面白いことにドキュメンタリーを撮るうちに、運が味方をして、偉人の曾孫や落穂拾いするミシュラン料理人、珍しい絵画にたどり着く。アニエス・ヴァルダの語り口の豊かさ、そして洞察力に感情的でありながらも論理的な「落穂拾い」にノックアウトされました。これは観て正解でした。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレなし・解説】「沈黙-サイレンス-」遠藤周作の世界を完全再現!全日本人よこれを観よ!

沈黙-サイレンス-(2016) SILENCE(2016) 監督:マーティン・スコセッシ

続きを読む

“Ç”ラジー賞発表目前特集「ミュータント・タートルズ」凶悪ヒロイン、彼女に中東いかせるなかれw

ラジー賞とは アカデミー賞の前日に 行われるクソ映画の祭典 ゴールデンラズベリー賞。 英語の

続きを読む

【酷評】「ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック」これは映画ではない!

ゲームセンターCX  THE MOVIE 1986 マイティボンジャック(2013) 監督:

続きを読む

【ネタバレ】「ポッピンQ」プリキュアの後継を作ろうとして…キワモノ爆誕!

ポッピンQ(2016) POP IN Q(2016) 監督:宮原直樹 出演:瀬戸麻沙美,

続きを読む

“Ç”リース・ウィザースプーンの若かれし頃「ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!」

「わたしに会うまでの1600キロ」来月公開! 来月8/28に、TOHOシネマズシャンテで 「ダラス

続きを読む

“Ç”【ネタバレなし】「FAKE」佐村河内守は嘘つきか?

FAKE(2016) 監督:森達也 出演:佐村河内守,新垣隆etc 評価:測定不能

続きを読む

“Ç”「弥次喜多道中記」オペレッタ時代劇という奇跡なジャンル

弥次喜多道中記(1938) 監督:マキノ正博 出演:片岡千恵蔵、杉狂児、 ディック・ミネ、

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表「こころに剣士を(THE FENCER)」

フェンサー(THE FENCER) 監督:クラウス・ハロ 出演:マート・アヴァンディ、 ウル

続きを読む

【オリヴェイラ特集】「神曲」オリヴェイラが解説する宗教と人間の関係

神曲(1991) A Divina Comédia(1991) 監督:マノエル・ド・オリヴェ

続きを読む

“Ç”こんなバカンスは嫌だ「パラダイス三部作」特集②「希望」

パラダイス:希望(PARADIES:HOFFNUNG) 監督:ウルリヒ・ザイドル 出演:メラ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし解説】『パンとバスと2度目のハツコイ』深川麻衣アイドル映画なのに…

パンとバスと2度目のハツコイ(2017) 監督:今泉力哉 出演

【ネタバレ酷評】『グレイテスト・ショーマン』が致命的にダメダメだった8の理由

グレイテスト・ショーマン(2017) THE GREATEST SH

【寅さんフルマラソン㊶】「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」ウィーン旅行敢行編

男はつらいよ 寅次郎心の旅路(1989) 監督:山田洋次 出演

【ハル・ハートリー特集】『ヘンリー・フール』ポエムを魅せないポエム映画

ヘンリー・フール(1997) HENRY FOOL(1997)

【アテネフランセ特集上映】『マニラ・光る爪』日本映画の貧困描写に足りないものがある

マニラ・光る爪(1975) MAYNILA: SA MGA KUKO

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑