*

「落穂拾い」アニエス・ヴァルダが送る現代の落穂拾い!

「落穂拾い」アニエス・ヴァルダが送る現代の落穂拾い!

落穂拾い(2000)
LES GLANEURS ET LA GLANEUSE(2000)


監督:アニエス・ヴァルダ
出演:アニエス・ヴァルダetc

評価:90点

現在、アンスティチュフランセでベスト・オブ・フランス映画祭特集が組まれており、そこで日本では滅多にお目にかかれないアニエス・ヴァルダの「落穂拾い」とオリヴィエ・アサイヤスの「感傷的な運命」が観られるとのことだったので行ってきました!アニエス・ヴァルダと言えば、「5時から7時までのクレオ」で有名なヌーヴェルヴァーグ監督で、先日彼女の新作ドキュメンタリー「Visages Villages」がカンヌ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞に与えられるルイユ・ドールを獲りました。そんな彼女の旧作の「落穂拾い」は以前から評判を知っており、ずっと観てみたいと思っていただけにかなり嬉しい。果たしてお味は…

「落穂拾い」あらすじ

このドキュメンタリーはタイトル通りミレーの油彩画から始まる話です。「落穂拾い」とは貧しい者が、畑などからおこぼれを頂く様子を描いている。1857年に描かれた絵の世界が約1.5世紀後の現代でも続いていることを、地方と都市部での「落穂拾い」比較を交え描き出す…

感情的?論理的?

ドキュメンタリーは撮影者の主張が強くなり過ぎないように、基本的に映し出されるモノに手を出さない。例え、レンズを超えて被写体に迫っても客観性を失わないようにするのが定石となっている。しかし、アニエス・ヴァルダは全力で被写体に迫る。更には自己愛が強すぎて、自分をも撮って撮って撮りまくる。言わば感情に身を任せたドキュメンタリーです。通常の作品なら、禁じ手もいいところで酷評もの。しかしながらこの「落穂拾い」は何ということか、非常に論理的な作品で、誠に二律背反な傑作でありました。

というのも、このドキュメンタリーは運に恵まれていた。それ故に、単純な現代の貧困に対する愚痴に留まることなく様々な世界を観せてくれた。「落ち穂拾い」は、フランスの法律でも言及され、現代でも貧しい者は条件付きで、私有地に入って積み残したジャガイモやトマトなどを拾うことが認められている。しかしながら、行き過ぎた資本主義、合理主義により地主や農家、漁師は生産量・漁獲量のコントロールを狂わす「落穂拾い」達に不満を募らせている。アニエスはそんなケチになった地主や都市部の人に文句を言いつつも、しっかりと落穂拾い「する側」「される側」、「貧しき落穂拾い」「富める落穂拾い」を均一に描き出します。そうすることで、それぞれの言い分が明らかになると共に、結局は法なんて形骸化しており、個人の見解でフランス社会が回っていることが明らかになるのです。

そして、面白いことにドキュメンタリーを撮るうちに、運が味方をして、偉人の曾孫や落穂拾いするミシュラン料理人、珍しい絵画にたどり着く。アニエス・ヴァルダの語り口の豊かさ、そして洞察力に感情的でありながらも論理的な「落穂拾い」にノックアウトされました。これは観て正解でした。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”【訃報】イラン映画の巨匠アッバス・キアロスタミ死去 追悼で観たい映画3選

7/4(月)、キアロスタミ癌に敗れる カンヌ映画祭、ヴェネチア映画祭を 受賞し、イラン映画にニュ

続きを読む

“Ç”人間のオマケってもんじゃないぞ妄想!「中学生円山」

下ネタ9割クドカン映画「中学生円山」 監督:宮藤官九郎 出演:平岡拓真、草彅剛etc

続きを読む

“Ç”出資期間終了まで1週間シュヴァンクマイエル「蟲」クラウドファンディングに挑戦してみた!

鬼才ヤンシュヴァンクマイエル 最後の作品「蟲」 クラウドファンディング開催中 近年、映画監督が

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想1:作品賞&監督賞

YOU DO BIRDMAN! 今年もアカデミー賞予想の シーズンがやって来ました(^^)

続きを読む

“Ç”「プライベート・ライアン」の比じゃねぇ地獄絵図「炎628」

炎628(Иди и смотри) 監督:エレム・クリモフ 出演:リューボミラス・ラウセビ

続きを読む

“Ç”「VHSを巻き戻せ!」世界の映像コレクターの凄み!映画だけじゃないビデオの世界

VHSを巻き戻せ!(2013) REWIND THIS!(2013) 監督:ジョシュ・ジョン

続きを読む

”Ç”87回アカデミー賞予想7:美術、衣装デザイン、メイクアップ&ヘアスタイリング賞

美術賞ノミネート一覧 ・「イミテーション・ゲーム」 ・「ターナー、光より愛を求めて」 ・「イン

続きを読む

“Ç”イタリアで買った邦画「ヒルコ/妖怪ハンター」

ボローニャで見つけたB級映画 留学中、イタリアのボローニャに 行った時にDVDが安いことに 気づき

続きを読む

フランス映画「隣の女(1981)」

監督:フランソワ・トリュフォー 出演:ファニー・アルダン、ジェラール・ド・パルデューetc

続きを読む

“Ç”トロント国際映画祭観客賞受賞!フリッツル事件に基づく「ルーム」原作の翻訳が凄い!

部屋 著者:エマ・ドナヒュー 翻訳:土屋京子 年が明けて映画ファンが一番気になるのは、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑