*

【カンヌ国際映画祭特集】「湖の見知らぬ男」日本公開不可能な濃密LGBTサスペンス!

【カンヌ国際映画祭特集】「湖の見知らぬ男」日本公開不可能な濃密LGBTサスペンス!

湖の見知らぬ男(2013)
L’inconnu du lac(2013)


監督:アラン・ギロディ
出演:ピエール・ドゥラドンシャン、
クリストフ・パウ、
パトリック・ダスマサオ、
ジェローム・シャパット、
マチュー・ベルビッシュetc

評価:75点

カイエ・ドゥ・シネマ週間で観られなかったので、購入しました。東京国際映画祭の矢田部ディレクターが激推しするものの、映画祭上映を諦めた曰くつきの作品。残念ながら、アラン・ギロディ監督が日本公開する条件としてモザイクなしを提示しているので、アンスティチュフランセ以外で観るのは不可能に近い作品となっている。今回紹介する「湖の見知らぬ男」は第66回カンヌ国際映画祭のある視点部門で監督賞を受賞し、その年のカイエ・ドゥ・シネマベストテンでも1位の座を仕留めている。先日行った、シネフィル集まる呑み会で凄い作品だよと言われただけに期待度高まるが果たして…

「湖の見知らぬ男」あらすじ

同性愛者のハッテンバである湖のほとりで殺人事件が発生。とある男に恋したフランクは、ひょっとしてその男が殺人したのではないかと猜疑心を抱く…

三島由紀夫小説のような美しさ

閑話休題、本作はLGBT映画で激しく、人によっては気持ち悪くなるような性交シーンがある。しかし、非常に美しい。まるで、三島由紀夫の小説を読んでいるかのような、特に湖の描写は「午後の曳航」を読んでいるかのような、「美」に溢れた作品だった。

まず、面白いのはアラン・ギロディ自身が同性愛者ということもあり、目線と空間を使った愛表現が非常に上手い。私も大学時代に今はなき、ピンク映画館・くらら劇場で男がハッテンしている状況を見ている。私自身、男に狙われたこともある。空間を詰めたり、熱い目線を送ったりする様子は等身大であった。
(※くらら劇場潜入記事)

次に、森と湖の対比が素晴らしい。男が情事に励む際、人目を逃れるかのように森という闇に消える。森はブラックボックスで、人の欲望が蠢いている。湖が光り輝く美しさを放っているだけに、森が強調され、人間の心の暗部、大事な人以外には知られてはいけない心を見事に象徴させていた。

キング・オブ・エスケープ(LE ROI DE L’EVASION)」の時もそうだったが、アラン・ギロディ監督は醜悪且つ美しい男性同士の愛表現を描く過程で、人間の本質を突いている。元々、猿と同類、そこら辺の獣と変わらなかった人間本来の姿を思い出させてくれる。本能に任せるまま、「愛」を求め会う様子にあなたの愛の価値観が揺れ動かされること間違いなし。

実はアラン・ギロディファンの評価に対し、私は「キング・オブ・エスケープ」派なのだが、それでも美しいきサスペンス、美しきラブストーリーでした。

彼の去年の作品「垂直のままに(RESTER VERTICAL)」は5月にDVDが発売(もちろん海外版)されるらしいので、これは買いたいところです。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”カナダの新鋭ヴィルヌーヴが放つダークナイト「プリズナーズ」

プリズナーズ(PRISONERS) 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ヒュー・ジャックマン、ジェイ

続きを読む

“Ç”園子温絶賛!昭和アニメソング流れる異色スペイン映画「マジカル・ガール」

マジカル・ガール(2014) MAGICAL GIRL(2014) 監督:カルロス・ベルムト

続きを読む

“Ç” チェ、アデルへの挑戦「アデル、ブルーは熱い色」比較

昨年、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「アデル、ブルーは熱い色」。 これ、友だちと軽いノ

続きを読む

“Ç”何故、この映画が不入りなんだ怒「チャッピー」

チャッピー(CHAPPIE) 監督:ニール・ブロムカンプ 出演:デーブ・パテル、ヒュー・ジャ

続きを読む

【解説】「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」は女性版「アルフィー」だ!

奥田民生になりたいボーイと 出会う男すべて狂わせるガール(2017) 監督:大根仁 出演:

続きを読む

“Ç”【ネタバレ/続編】「ファインディング・ドリー」重度の認知症への神対応を観る

ファインディング・ドリー(2016) FINDING DORY(2016) 監督:アンドリュー・ス

続きを読む

【酷評】「アウトレイジ 最終章」好きな北野武映画なのにブンブンが非常に退屈してしまった理由

アウトレイジ 最終章(2017) OUTRAGE CODA(2017) 監督:北野武 出演

続きを読む

【ネタバレ】「オクジャ(OKJA)」カンヌを騒然とさせた韓国映画は、ちびまる子ちゃんMEETS○○だった件

オクジャ(2017) OKJA(2017) 監督:ポン・ジュノ 出演:アン・ソヒョン、ティ

続きを読む

【東京フィルメックス】『ファンさん』DON’T SLEEP〜他界するその瞬間を

ファンさん(2017) 原題:方繡英 英題:Mrs. Fang 監督:ワン・ビン 出演:

続きを読む

“Ç”韓国のこの恋愛映画が凄い!「ビューティー・インサイド」目覚めると他人に…

ビューティー・インサイド(2015) 監督:ペク 出演:ハン・ヒョジョ、パク・ソジュン、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『ファントム・スレッド』PTA版『召使』はダイヤのマチ針で貴方を刺す

ファントム・スレッド(2017) Phantom Thread(20

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑