*

【ネタバレなし/酷評】「マンチェスター・バイ・ザ・シー」アカデミー賞2冠しかし…

【ネタバレなし/酷評】「マンチェスター・バイ・ザ・シー」アカデミー賞2冠しかし…

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016)
Manchester by the Sea(2016)


監督:ケネス・ロナーガン
出演:ケイシー・アフレック、
ミシェル・ウィリアムズetc

評価:25点

アカデミー賞では主演男優賞と脚本賞を受賞。カイエ・ドゥ・シネマ等でも高評価な作品「マンチェスター・バイ・ザ・シー」がいよいよ日本上陸。地味な内容な為か、東京でも新宿武蔵野館とシネスイッチ銀座ぐらいでしか上映されていないのだが、予想に反して劇場は大盛況。評判も良好でFilmarksでも平均評価☆4/5をたたき出している。食指が動かなかったものの、無視できず観てきました。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」あらすじ

ボストンの郊外で便利屋として働く男に兄の訃報が入る。兄の息子を引き取る羽目になった男。しかし、彼には故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻れない理由があった…

女々しくて、女々しくて、女々しくて、
辛いよ~

私にはここ数年劇場鑑賞した作品の中でトップクラスに退屈な作品でした。寝まい、寝まい、寝る損マンデラだと自分に言い聞かせても辛い睡魔との闘いでした。

確かに、主人公が抱える過去のトラウマは分かる。誰も悪くない、でも罪を抱えてしまう辛さ。本作中盤で明かされる真相に、背筋が凍るほど苦しくなった。なるほど、町山智浩さんが言葉を濁していたのはこれか~と納得した。これは凄いと思った。小さい町故の、忘れようとしても蘇る大惨事の記憶。私だって経験あります。過去をやり直したいことはあります。本作は過去のトラウマを乗り越える男の話なのだが、あまりに女々しくて、女々しくて、女々しくて、観ていて辛い作品でした。

そして、不器用に繋がる挿話もあまりに不器用過ぎて、体感時間をドンドン伸ばしていく。確かに、兄の息子のモテモテリア充ライフの挿話はクスリとさせられる。アパートの住人と主人公の対話も確かに面白かったりする。しかし、挿話が上手くかみ合ってないのです。壮大なオペラ音楽も私には雑音にしか聞こえず苦痛でしょうがなかった。

恐らく私は数々のトラウマを一人で、気合で乗り越えてきたから、主人公に、物語に共感できなかったのだろう。申し訳ない、今年ワースト候補です~_~;

「ジェシー・ジェームズの暗殺」が観たくなった

ただ、本作を観てケイシー・アフレックに興味を抱きました。彼の出演作である「セインツ -約束の果て-」や「ジェシー・ジェームズの暗殺」を観てみたくなりました。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”「ヒックとドラゴン2」:東京アニメアワードフェスティバル2015で観られるぞ!

「ヒックとドラゴン2」が遂に日本の映画館で... 昨年、映画好きの間で署名運動まで起きるほど

続きを読む

“Ç”「オオカミ少女と黒王子」二階堂ふみ少女漫画ものに挑戦!

オオカミ少女と黒王子(2016) 監督:廣木隆一 出演:二階堂ふみ、山﨑賢人etc 評

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉛】「男はつらいよ 旅と女と寅次郎」都はるみと佐渡島へ亡命!

男はつらいよ 旅と女と寅次郎(1983) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 藤岡琢也、倍賞千

続きを読む

“Ç”フランス映画を観て仏検に備えよう「天才スピヴェット」

仏検リスニング対策どうする? 仏検準2級以上になると、 リスニング対策で苦労することになる。 留学す

続きを読む

“Ç”amazonで大安売り「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」インターセプター付きブルーレイBOX!

「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」 ブルーレイBOXキターーーーーーー! 先日行われた

続きを読む

【クラシック】「家庭」トリュフォーが観た「ふしぎの国のアリス」

家庭(1970) DOMICILE CONJUGAL(1970) 監督:フランソワ・トリュフ

続きを読む

【アフリカ映画研究】「母たちの村」意外とバレるかバレないかサスペンスの傑作だった件

母たちの村(2005) Moolaadé(2005) 監督:センベーヌ・ウスマン 出演:フ

続きを読む

地球の急ぎ方~北欧編:魔女の宅急便の舞台!ガムラスタンへ行ってみた なんとノーベル博物館もあるぞ~

北欧卒業旅行記: ガムラスタン(GAMLA STAN) 先日、卒業旅行で スウェーデン・ス

続きを読む

“Ç”にっニンゲンがセイウチになるだと(汗 「Mr.タスク」

Mr.タスク(TUSK) 監督:ケヴィン・スミス 出演:ジャスティン・ロング、マイケル・パー

続きを読む

【クラシック】「早春」スコリモフスキ幻のお色下映画!日本DVD化希望作品

早春(1970) DEEP END(1970) 監督:イエジー・スコリモフスキ 出演:ジェ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

『ラジオ・コバニ』シリア 半端ないって※アップリンクで上映中

ラジオ・コバニ(2016) RADIO KOBANI(2016)

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選!

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映

【7/21公開記念】『暗殺のオペラ』ヴィットリオ・ストラーロの準備運動

暗殺のオペラ(1969) Strategia del ragno(1

【デプレシャン特集4】『魂を救え!』アンドレ・バザンに捧げられた一本?

魂を救え!(1992) LA SENTINELLE(1992)

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑