*

「イサカITHACA」ラブコメ女優メグ・ライアン初監督作だが…

「イサカITHACA」ラブコメ女優メグ・ライアン初監督作だが…

イサカ(2016)
ITHACA(2016)


監督:メグ・ライアン
出演:トム・ハンクス、
メグ・ライアン、
サム・シェパード、
ハシュリー・リンクレイター、
ジャック・クエイドetc

評価:20点

「恋人たちの予感」
「めぐり逢えたら」

あのロマンティックコメディの
名女優メグライアン初監督作品。
息子のジャック・クエイド
役者デビュー作品で、
トム・ハンクスや
サム・シェパード

も出演しているとのことで
マルタ行きの飛行機の中で
期待して観たのだが、
これがとんでもない作品だった。

「イサカ」あらすじ

ウィリアム・サロイヤンの小説
「ヒューマン・コメディ(人間喜劇)」

映画化。

第二次世界大戦中のアメリカ。
兄が戦争に行ってしまい、
家族の家計を助けるために
14才の弟は電信の
仕事に就く。
最速の電信屋を目指す
彼だったが…

ダメだった…

何も書くことがない。
映画感想を書く人として失格な一文だが、
それほどキング・オブ・つまらない作品であった。
兄が戦争に行っている間、
町最速の電信屋を目指す弟を
預かるという話なのだが、
戦争で家族が死ぬかもしれないという
不安や葛藤が感じられない。

通常、戦場とアメリカ本国の対比、
2つを繋ぐ強烈なエピソードが
入るはずなのだが、それが皆無。
いや、あるのだけれども
インパクトに欠け、
どうしても
直線的で楽観的過ぎる
展開になってしまい、
80分ぐらいの作品にも
関わらず体感時間が
3時間ぐらいに感じてしまった。

確かに、原作はサロイヤンの
実体験に基づいていることも
あり、ドラマチックな物語は
原作になかったかも
しれない。

例え、そうだとしても映画的な
見せ場、リアリズムにせよ、
過剰な爆発にせよ、
観客の心に残るショットの
一つや二つ欲しいところ。

それがないと、
戦争映画にも関わらず、
退屈で、心にガツンとくる
カタルシスもない
印象薄な作品となってしまう。

流石に、ジャック・クエイド贔屓が
激しすぎるアイドル映画には
なっていなかったのは良かったが、
ワーストに入れて
わざわざ語る気にもなれない作品であった。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”こんなロシアン・カルト映画知ってる?「不思議惑星キン・ザ・ザ」

不思議惑星キン・ザ・ザ(Кин-дза-дза!) 監督:ゲオルギー・ダネリア 出演:スタニ

続きを読む

【ネタバレなし 】「本能寺ホテル」綾瀬はるかと濱田岳の良さを存分に発揮!万城目学さん涙目

本能寺ホテル(2017) 監督:鈴木雅之 出演:綾瀬はるか、 濱田岳、堤真一etc

続きを読む

”Ç”「ウィークエンドはパリで」公開間近!老夫婦の青春をもう一度

今月9/20(土)からシネスイッチ銀座で公開の「ウィークエンドはパリで」 実はチェ・ブンブン、

続きを読む

“Ç”観客もつらいよ「神々のたそがれ」映画史上最も汚い映画w

神々のたそがれ(Hard To Be A God) 監督:アレクセイ・ゲルマン 出演:レオニ

続きを読む

“Ç”ミニシアター系シーズン到来!10月のイチオシ作品!

10月公開のオススメ作品 10月になると東京国際映画祭のシーズン到来、 と同時にミニシアター

続きを読む

“Ç”チェコ版イージー・ライダーがシュール過ぎる!「ひなぎく」

ひなぎく(Sedmikrásky) 監督:ヴェラ・ヒティロヴァ 出演:イヴァナ・カルバノヴァ

続きを読む

“Ç”世界で最も哀れなホラー映画は?「死霊の盆踊り」

死霊の盆踊り(Orgy of the Dead) 監督:A. C. スティーヴン 出演:ウィ

続きを読む

“Ç”【デンマーク映画研究】「モルグ/屍体消失」ポストドグマ映画の第一歩!

モルグ/屍体消失(1994) Nattevagten(1994) 監督:オーレ・ボールネダル

続きを読む

“Ç”バードマンも観たぜ「ワイルド・スタイル」

シネマライズで上映中「ワイルド・スタイル」 3/21(土)から渋谷シネマライズで、 絶賛上映

続きを読む

【TIFFネタバレ】『シェイプ・オブ・ウォーター』のミュージカル映画シーンについて考察

『シェイプ・オブ・ウォーター』を考察 昨日、東京国際映画祭で観たギレルモ・デル・トロ監督作にし

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑