*

「イサカITHACA」ラブコメ女優メグ・ライアン初監督作だが…

「イサカITHACA」ラブコメ女優メグ・ライアン初監督作だが…

イサカ(2016)
ITHACA(2016)


監督:メグ・ライアン
出演:トム・ハンクス、
メグ・ライアン、
サム・シェパード、
ハシュリー・リンクレイター、
ジャック・クエイドetc

評価:20点

「恋人たちの予感」
「めぐり逢えたら」

あのロマンティックコメディの
名女優メグライアン初監督作品。
息子のジャック・クエイド
役者デビュー作品で、
トム・ハンクスや
サム・シェパード

も出演しているとのことで
マルタ行きの飛行機の中で
期待して観たのだが、
これがとんでもない作品だった。

「イサカ」あらすじ

ウィリアム・サロイヤンの小説
「ヒューマン・コメディ(人間喜劇)」

映画化。

第二次世界大戦中のアメリカ。
兄が戦争に行ってしまい、
家族の家計を助けるために
14才の弟は電信の
仕事に就く。
最速の電信屋を目指す
彼だったが…

ダメだった…

何も書くことがない。
映画感想を書く人として失格な一文だが、
それほどキング・オブ・つまらない作品であった。
兄が戦争に行っている間、
町最速の電信屋を目指す弟を
預かるという話なのだが、
戦争で家族が死ぬかもしれないという
不安や葛藤が感じられない。

通常、戦場とアメリカ本国の対比、
2つを繋ぐ強烈なエピソードが
入るはずなのだが、それが皆無。
いや、あるのだけれども
インパクトに欠け、
どうしても
直線的で楽観的過ぎる
展開になってしまい、
80分ぐらいの作品にも
関わらず体感時間が
3時間ぐらいに感じてしまった。

確かに、原作はサロイヤンの
実体験に基づいていることも
あり、ドラマチックな物語は
原作になかったかも
しれない。

例え、そうだとしても映画的な
見せ場、リアリズムにせよ、
過剰な爆発にせよ、
観客の心に残るショットの
一つや二つ欲しいところ。

それがないと、
戦争映画にも関わらず、
退屈で、心にガツンとくる
カタルシスもない
印象薄な作品となってしまう。

流石に、ジャック・クエイド贔屓が
激しすぎるアイドル映画には
なっていなかったのは良かったが、
ワーストに入れて
わざわざ語る気にもなれない作品であった。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレなし】「哭声 コクソン」何故かG指定??ナ・ホンジンが送る國村隼が怖い闇鍋映画!

哭声 コクソン(2016) THE WAILING 監督:ナ・ホンジン 出演:クァク・ドウ

続きを読む

【続編】「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」戸田奈津子だがNo Problem!トムクルーズに惚れろ!

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016) Jack Reacher: Nev

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015家邦画部門、1位は邦画なのに日本未公開のあの作品

ブンブン映画ベストテン2015家邦画 今年は巨匠のちょっぴり隠れた名作に 恵まれた。黒澤明、

続きを読む

“Ç”【酷評】カンヌに媚び過ぎ「海街diary」

海街diary 監督:是枝裕和 出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、広瀬すずetc 今年のカ

続きを読む

「セントラル・インテリジェンス」ロック様の笑顔が怖いwwww

セントラル・インテリジェンス(2016) CENTRAL INTELLIGENCE(2016)

続きを読む

“Ç”ゴズリング、映画撮ったってよ!「ロスト・リバー」

ロスト・リバー(LOST RIVER) 監督:ライアン・ゴズリング 出演:イアン・デ・カース

続きを読む

“Ç”三池さん、やりたい放題カンヌに何故行けた?「極道大戦争」

極道大戦争(YAKUZA APOCALYPSE) 監督:三池崇史 出演:市原隼人、リリー・フ

続きを読む

地球の急ぎ方~フィンランドの映画館Finnkino Kinopalatsi調査~

ヘルシンキの映画館: Finnkino Kinopalatsi フィンランド・ヘルシンキに行

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉑】「男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく」レヴューを楽しむ&武田鉄矢出現回

男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく(1978) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 倍賞千恵子、

続きを読む

“Ç”美青年は変人家庭で発狂!「コスモス」TIFFワールド・フォーカス部門

コスモス(COSMOS) 監督:アンジェイ・ズラウスキ 出演:ジョナサン・ジュネ 評価

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑