*

【ネタバレ注意】「スプリット」カイエ・ドゥ・シネマも満足!シャマラン快進撃

【ネタバレ注意】「スプリット」カイエ・ドゥ・シネマも満足!シャマラン快進撃

スプリット(2017)
SPLIT(2017)


監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ジェームズ・マカヴォイ、
ヘイリー・ルー・リチャードソンetc

評価:85点

今回は先に注意しておく。本作は、マインスイーパ-における地雷率90%のネタバレ地雷原になっている。それだけに、Twitterを始め様々な人がうっかりネタバレしてしまっている。プロの映画コメンテーターですら重要なことを語っていたりする。ブンブンも今回ばかりはうっかり、ネタバレ地雷を踏んでしまいそうだ。なので、未見な人はここで引き返してすぐに映画館へ向かってください。あらすじも、予告編も観ない方が驚く作品になっているんで。それでは、ブンブンの感想を語って行くとしよう。

「スプリット」あらすじ

車で一家が帰宅しようとしたら、謎の男が車に入ってきて少女3人が誘拐されてしまう。そして、少女達は気づくのであった。その男は23もの人格を持つ野郎だってことに…

カイエ・ドゥ・シネマが好きな映画!

本作は、ただのホラーだと思って見ると大間違い。というよりも本作は正直言ってホラーではありません。なので、今回TOHOシネマズ海老名で観たのだが、周辺に座っていたヤンキーやカップル客が観終わった後に、「わっかんねー」「お前、ゼッタイ分かってないだろ!」というどよめきが劇場を包んでいました。まあ、それもそのはず。世間的には過小評価されている「ヴィレッジ」や「レディ・イン・ザ・ウォーター」をその年のベストテンに入れたひねくれ映画雑誌カイエ・ドゥ・シネマが今年のベストテンに入れる気満々の評価をした作品なのだから。

「スプリット」は実験的心理劇だ!

「スプリット」は、一人何役の限界に挑んでいる。予告編で煽っているほど23人もの人格は出てこない。7人ぐらいしか人格は出てこないのだが、それでも凄い。本作では3人の少女と、誘拐犯の事をよく知る学者が会話でもって、その男が今何番目の人格なのかを推理するユニークな心理劇になっている。今、あの人格だと思っていたら、実は違っている。あの人格だから、あの行動ができるといったように、観客も少女側に立って推理する楽しみがあります。

そんなワクワクを与えてくれたのは、ジェームズ・マカヴォイの演技と言えます。彼の7変化があそこまで上手くなければ楽しめなかっただろう。目つきから豹変するマカヴォイさんに圧倒されました。こりゃ私的アカデミー賞、最優秀男優賞と脚本賞はこれで決まりです!

画期的なクロスオーバー

日本では公開の関係で、デフォルトでネタバレしている為これは語れるだろう。この「スプリット」は2019年に「アンブレイカブル」の続編と繋がっている作品です。「アンブレイカブル」は不死身の能力に気づいた男が活躍するヒーロー誕生譚です。この「スプリット」は当然悪役誕生譚。マーベル映画でもDCでもない、それも真っ向からヒーロー映画と語っていない作品がクロスオーバーする。シャマランの映画でクロスオーバーするとは映画史に残るアイデアと言える。これがあったからこそ、ブンブンの評価はさらに上がりました。

最後に…

本作はカイエ・ドゥ・シネマ ベストテン案件故に賛否は真っ二つに分かれるでしょう。しかし、ブンブンはメチャクチャ楽しめました。「シックス・センス」の一発屋だと思っていたシャマランが場外ホームランを打った興奮がココにある。2019年まで生きたいと思いましたw

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”「イレブン・ミニッツ」スコリモフスキよ…本当に78歳?

イレブン・ミニッツ(2015) 11 MINITS(2015) 監督:イエジー・スコリモフス

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン発表!日本映画編 1位は案の上「恋人たち」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン日本映画部門 さて、映画ファン毎年お待ちかね、 キネマ

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015家邦画部門、1位は邦画なのに日本未公開のあの作品

ブンブン映画ベストテン2015家邦画 今年は巨匠のちょっぴり隠れた名作に 恵まれた。黒澤明、

続きを読む

“Ç”奇人ボビー・フィッシャーをスパイダーマンが好演「完全なるチェックメイト」

完全なるチェックメイト(PAWN SACRIFICE) 監督:エドワード・ズウィック 出演:

続きを読む

【実話】2017年1月公開「スノーデン」オリバーストーンよ、コレはアカン!

スノーデン(2016) SNOWDEN(2016) 監督:オリバー・ストーン 出演:ジョゼ

続きを読む

“Ç”「わたしはマララ」ノーベル平和賞最年少受賞者のアカデミー賞有力ドキュメンタリー

わたしはマララ(He named me Malala) 監督:デイビス・グッゲンハイム 出演

続きを読む

“Ç”【デンマーク映画研究】「モルグ/屍体消失」ポストドグマ映画の第一歩!

モルグ/屍体消失(1994) Nattevagten(1994) 監督:オーレ・ボールネダル

続きを読む

“Ç”「64-ロクヨン-後編」構造的地獄から人的地獄へ…佐藤浩市は報われるのか?

64-ロクヨン-後編 監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、榮倉奈々、綾野剛etc ※「64

続きを読む

【ネタバレなし】「インフェルノ」トム・ハンクスが何故かジェイソン・ボーンに…シリーズ嫌いほど楽しめる??

インフェルノ(2016) INFERNO(2016) 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハ

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想外国語映画賞×長編ドキュメンタリー賞「サウルの息子」当選確実!?

外国語映画賞ノミネート作品 1.サウルの息子 新宿シネマカリテ他にて公開中 2.裸足の

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

【実話】『ザ・ビッグ・シック(THE BIG SICK)』日本未公開の異文化難病ラブコメディ

ザ・ビッグ・シック(日本未公開/2017) THE BIG SICK

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Com

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑