*

【ジョナサン・デミ追悼】「ストップ・メイキング・センス」トーキング・ヘッズの凄さを100倍返し!

【ジョナサン・デミ追悼】「ストップ・メイキング・センス」トーキング・ヘッズの凄さを100倍返し!

ストップ・メイキング・センス(1984)
STOP MAKING SENSE(1984)


監督:ジョナサン・デミ
出演:トーキング・ヘッズ

評価:80点

先日「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミ監督が亡くなった。それを受けて、ブンブンは自宅でジョナサン・デミ追悼特集をしている。Netflixで今回1970年代後半~1980年代に注目されたバンドトーキング・ヘッズのライブ映画「ストップ・メイキング・センス」を観たぞ!これがとんでもなく大傑作でした。

「ストップ・メイキング・センス」概要

ポスト・パンクの代名詞トーキングヘッズの爆走するライブを丸ごと90分魅せたライブ映画。

トーキング・ヘッズに没入必至!

トーキング・ヘッズはほとんど知らなかった。それこそパオロ・ソレンティーノの「きっと ここが帰る場所」の主題歌(原題のTHIS MUST BE THE PLACE自体が、トーキング・ヘッズの楽曲名)になっているぐらいの知識です。

話は少し脱線しますが、この「きっと ここが帰る場所」でバンドがライブで主題歌を歌うのだが、この演出がメチャクチャ格好良くって、一時期何度もそのシーンだけ観ていた時期があります。話自体は可もなく不可もないって感じでしたが、そのライブシーンを観るだけでも一見の価値ある作品です。

閑話休題、トーキング・ヘッズ素人のブンブンが本作を観た感想はずばり…
It made me crazy!
iPhoneにLife During Wartimeを秒で曲を入れる程私を夢中にさせた。
ボーカルが、ベースが、ドラムが、バックコーラスが一曲ごとに増えていく。
そして、「セッション」のラストさながらトーキング・ヘッズのドープで熱い魂感じる熱きパフォーマンスに釘付けになる。

確かに、本作はライブ映画としては失格かもしれない。バックステージの様子や過去の振り返りなんてものはなく、単純にトーキング・ヘッズのライブを映しているだけでライブドキュメンタリーとしての付加価値は0に等しい。

ただ、ジョナサン・デミはトーキング・ヘッズ初心者に彼らの演目の凄さを伝えようとしている。例えば、客席の歓声の音を最小限にし、ライブを邪魔しないようにする。撮影者の存在を主張しない程度に、しかしライブの熱気を最大限伝えられるようなカメラワークをしている。
つまり「ストップ・メイキング・センス」はサイコーです。トーキング・ヘッズも監督もハイセンスの塊であった。

P.S.
「ストップ・メイキング・センス」にど嵌まりしたブンブンは、後日、池袋の新文芸坐にて行われた「ストップ・メイキング・センス」スタンディング強制上映に参加してきました。サイコーでしたよ♪

ジョナサン・デミ監督作品記事

【ジョナサン・デミ追悼】「メルビンとハワード」PTAべた惚れの傑作
【ジョナサン・デミ追悼】遺作「ジャスティン・ティンバーレイク+ザ・テネシー・キッズ」感想
【ジョナサン・デミ追悼】「ストップ・メイキング・センス」トーキング・ヘッズの凄さを100倍返し!
【新文芸坐】「ストップ・メイキング・センス」スタンディング強制上映が神イベントだった件

関連記事

アメリカン佐村河内事件「ビッグ・アイズ」ボローニャのシネコンCINEMA CAPITOLにて

CINEMA CAPITOLに潜入! イタリア、ボローニャのシネコン CINEMA CAPI

続きを読む

“Ç”秋葉原無差別殺傷事件の真相「ぼっちゃん」

ぼっちゃん 監督:大森立嗣 出演:水澤紳吾、淵上泰史etc 評価:60点 「ぼっ

続きを読む

“Ç”「新・のび太の日本誕生」公開直前!「映画ドラえもん のび太の恐竜」を観てみた

映画 ドラえもん のび太の恐竜(1980) 監督:福冨博 声の出演:大山のぶ代, 小原乃梨

続きを読む

【ネタバレ/解説/考察】「3月のライオン 後編」後藤戦の脚本が凄まじかった件

ネタバレ/解説/考察】「3月のライオン 後編」 (※「3月のライオン 後編」ネタバレなし評はこ

続きを読む

【解説】「オン・ザ・ミルキー・ロード」はクストリッツァ版「この世界の片隅に」であり「ダンケルク」だ!

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016) ON THE MILKY ROAD(2016) 監督

続きを読む

“Ç”「ニンフォマニアック」無修正ディレクターズカット!

デンマークのあいつが放つエロ映画「ニンフォマニアック」 以前、当ブログでも紹介した 2014年最大

続きを読む

“Ç”こんなバカンスは嫌だ「パラダイス三部作」特集③「神」

パラダイス:神(PARADIES: GLAUBE) 監督:ウルリヒ・ザイドル 出演:マリア・

続きを読む

【ラテンビート映画祭】「笑う故郷(旧題:名誉市民)」オスカル・マルティネス、ヴェネチアで男優賞受賞の帰郷コメディ

名誉市民(2016) El ciudadano ilustre(2016) 監督:ガストン・

続きを読む

“Ç”ダルデンヌ最高傑作!「サンドラの週末」

deux jours, une nuit 監督:ダルデンヌ兄弟 出演:マリオン・コティヤール

続きを読む

“Ç”フランスブレイク間近!ベビーメタル、iPhone装填!

先日、留学中に聴く曲をTSUTAYAでいっぱい仕入れました。 グッドモーニングアメリカ、キドリキ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑