*

【ジョナサン・デミ追悼】遺作「ジャスティン・ティンバーレイク+ザ・テネシー・キッズ」感想

【ジョナサン・デミ追悼】遺作「ジャスティン・ティンバーレイク+ザ・テネシー・キッズ」感想

ジャスティン・ティンバーレイク+
ザ・テネシー・キッズ(2016)
JUSTIN TIMBERLAKE + THE TENNESSEE KIDS(2016)


監督:ジョナサン・デミ
出演:ジャスティン・ティンバーレイク,
ザ・テネシー・キッズ

評価:55点

昨日、巨匠ジョナサン・デミが食道がんと心臓病で亡くなった。享年73歳。
ジョナサン・デミ監督と言えば、ロジャー・コーマンの門下生であり、後に「羊たちの沈黙」でアカデミー賞5冠を達成した監督です。また、あの鬼才ポール・トーマス・アンダーソンが尊敬している監督でもあり、彼は「メルビンとハワード」のオマージュを「ブギーナイツ」や「マグノリア」、「ザ・マスター」などに織り交ぜている(ほぼ毎回じゃん)。
そんなジョナサン・デミ監督は音楽ドキュメンタリーを多数製作していたことはご存じだろうか?
ニール・ヤングのドキュメンタリーだけでも「ニール・ヤング/ハート・オブ・ゴールド 〜孤独の旅路〜 」「Neil Young Trunk Show」「ニール・ヤング/ジャーニーズ」の3本作られている。
またNetflixにはトーキング・ヘッズを熱かった「ストップ・メイキング・センス」とジャスティン・ティンバーレイクのワールドツアー最終公演を扱った「ジャスティン・ティンバーレイク+ザ・テネシー・キッズ」が挙がっている。

今回、彼の遺作でもある「ジャスティン・ティンバーレイク+ザ・テネシー・キッズ」を観てみた。

「ジャスティン・ティンバーレイク+ザ・テネシー・キッズ」概要

アイドルから一流シンガーになった男ジャスティン・ティンバーレイク。
そんな彼のワールドツアー最終公演を撮り収める。

ブンブンのライブ映画論

ブンブンは音楽ドキュメンタリーとライブ映画は別物だと考えている。完全持論だが、音楽ドキュメンタリーは、あるアーティストの人生ないし軌跡や知られざる物語をいかに面白く展開していくかが重要だと思う。一方、ライブ映画は、ライブ会場の臨場感や熱気をいかに伝えられるかが求められる。極論、全くそのアーティストについて知らなくても好きになってしまうような演出が求められる。

丁度ブンブンが映画に嵌まり始めた頃に、名前だけしか知らなかった「ザ・ローリング・ストーンズ」を、新宿武蔵野館で観た「シャイン・ア・ライト」を通じてライブに行くほど好きになった経験がある。「未知のアーティストを好きになる瞬間」を大切にしたいため、結構わざと知らないアーティストのライブ映画を予習なしで観ることが多い。

今回も、「ジャスティン・ティンバーレイク誰それ?」という感じで観てみた。結論から言うと、iPhoneに曲を入れる程好きにはならなかった。しかし、観ていて楽しかった。

マーティン・スコセッシの「シャイン・ア・ライト」は、「ザ・ローリング・ストーンズ」と同じく監督の存在感を魅せつけられる。なめるようなカメラワークに、全編通してクライマックス感をバリバリ利かせる演出。スコセッシ印な映像だった。

それに対しジョナサン・デミは謙虚です。カメラワークの主張は少ない。ジャスティン・ティンバーレイクのライブを魅せることに集中した映像が特徴的。悪く言えば、そこら辺のライブDVDと変わらない。

確かにプロジェクションマッピングとの融合演出を上手く映像に捉えていたり、躍動感のあるカメラワークで演出していたりするのでノリノリで90分楽しめた一方、それまでで終わってしまう。「シャイン・ア・ライト」を観た時のような、感情が外に出てしまいそうな程の興奮はなかった。

これが遺作か~と思うと残念です。「メルビンとハワード」観たいな~

ジョナサン・デミ監督作品記事

【ジョナサン・デミ追悼】「メルビンとハワード」PTAべた惚れの傑作
【ジョナサン・デミ追悼】遺作「ジャスティン・ティンバーレイク+ザ・テネシー・キッズ」感想
【ジョナサン・デミ追悼】「ストップ・メイキング・センス」トーキング・ヘッズの凄さを100倍返し!

関連記事

仏語リスニング強化:グザヴィエ・ドランDVD-BOXその1

フランス語のリスニングを手軽にやるには、「映画」が一番!仏語字幕で映画を観れば良い勉強じゃん^o^

続きを読む

【TIFF】「セブン・サイコパス」、本年度アカデミー賞最有力「スリー・ビルボード」監督作だが…

セブン・サイコパス(2012) Seven Psychopaths(2012) 監督:マーテ

続きを読む

【4/21「美女と野獣」公開記念】1946年ジャン・コクトー版を観てみた

美女と野獣(1946) La Belle et la Bête(1946) 監督:ジャン・コ

続きを読む

【TIFF2017】『マリリンヌ』A・デルミー女優賞受賞も納得のトラウマ人生劇

マリリンヌ(2017) Maryline(2017) 監督:ギヨーム・ガリエンヌ 出演:ア

続きを読む

『DESTINY 鎌倉ものがたり』高畑充希だけで5億点!山崎貴版『裸のランチ』に注目せよ!

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017) 監督:山崎貴 出演:堺雅人、高畑充希、堤真一、安

続きを読む

“Ç”あなたは勝てますか?byレオナール藤田「FOUJITA」

FOUJITA 監督:小栗康平 出演:オダギリジョー、中谷美紀、岸部一徳etc 評価:

続きを読む

【クラシック】「カトマンズの男」はベルモンド、タンタン風ボンドガール乗せ!

カトマンズの男(1965) LES TRIBULATIONS D'UN CHINOIS EN CH

続きを読む

”Ç”映画で辿るユダヤ人迫害の真相「イーダ」

イーダ(IDA) 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ 出演:アガタ・クレシャ、アガタ・チュシェブ

続きを読む

“Ç”美青年は変人家庭で発狂!「コスモス」TIFFワールド・フォーカス部門

コスモス(COSMOS) 監督:アンジェイ・ズラウスキ 出演:ジョナサン・ジュネ 評価

続きを読む

“Ç”大島渚特集①弱冠28歳で撮るDVもの「青春残酷物語」

青春残酷物語(CRUEL STORY OF YOUTH) 監督:大島渚 出演:桑野みゆき、川

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑