*

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「ジャングルの掟」仏版Mr.ビーンは政治的!

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「ジャングルの掟」仏版Mr.ビーンは政治的!

ジャングルの掟(2016)
LA LOI DE LA JUNGLE(2016)


監督:Antonin Peretjatko
出演:Vincent Macaigne,
Vimala Pons,マチュー・アマルリックetc

評価:75点

アンスティチュフランセ東京では、カイエ・ドゥ・シネマ週間が始まっており、カイエ・ドゥ・シネマがオススメする映画が特集上映されている。カイエ・ドゥ・シネマがオススメする作品は、結構日本で劇場公開されることが少なく、アラン・ギロディ等なかなか普段お目に掛かることのできない作品が目白押し。今回2016年カイエ・ドゥ・シネマ ベストテンにおいて8位を獲得したフランスのコメディ「ジャングルの掟(LA LOI DE LA JUNGLE)」を観てきたぞ!近年、カイエ・ドゥ・シネマ誌は従来注目してきた監督よりも、新鋭監督をプッシュしようという動きがあり、2016年のベストテンでは、マーレン・アデやクレール・シモン、ニコラス・ウィンディング・レフンといった監督を推していた。今回のAntonin Peretjatkoは「7月14日の娘」等、一見通俗なフレンチコメディを手がける監督だが、実は深い内容を扱っているとのことで注目されている。それではいってみましょう!

「ジャングルの掟」あらすじ

フランスの公務員マークは、仏領ギアナに左遷させられる。仏領ギアナにスキー場を建設するための調査業務を与えられたマークは、破天荒な女性ターザンと共に業務を開始するのだが、現地人とフランス本国との板挟みに遭い…

仏版Mr.ビーン

日本において、フランス映画はお堅いアート映画のイメージが根強いが、実際はコメディ映画大国。アメリカンコメディ以上に不条理で政治的でシニカルな作品が多い。実際に年間興行収入で観ても、2014年には異人種結婚を扱った「最高の花嫁」が1位を取った。
さて、この「ジャングルの掟」だが、雰囲気は完全にMr.ビーンだ。間抜けな男が、挙動不審に動くコミカルさに笑える。しかし、本作の男はよく喋る。しかも、登場人物皆Mr.ビーンみたいなもんだから混沌に混沌を重ねる。

鋭い社会批判

一見通俗な大衆コメディに見えるかもしれないが、政治や社会を鋭く嘲笑う手口が誠に秀逸。

そもそも、ストーリーが、従来植民地を統率していたフランスの力が衰えている。今こそフランスの偉大さを知らしめようと仏領ギアナにスキー場を立てるところから始まるのです。

現地は到底スキー場なんて出来ないぐらい、現地人との文化差があるのに、
本国ではカタールや中国相手にPRしまくる。その様子は、日本企業の営業と開発、現場と本社の温度差にも通ずることがある。

カオスでしょうもないギャグの中に、
先進国の高慢、文化の不理解に対する強固な考察を挿入する点、日本の映画監督には出来ない技術力を感じました。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

「デスノート Light up the NEW world」みんな、叩き過ぎよ!ハリウッドに負けない傑作なり!

デスノート Light up the NEW world(2016) 監督:佐藤信介 出

続きを読む

“Ç”【レポート】ヒップホップ誕生の歴史

ポピュラー音楽論のレポート  去年、「ポピュラー音楽論」って授業で書いたレポートが 出土した

続きを読む

“Ç”【リービ英雄ゼミ】三島由紀夫「憂国」映画版が凄い件

憂国(1966) 監督:三島由紀夫 出演:三島由紀夫、鶴岡淑子etc 評価:80点 ブン

続きを読む

“Ç”えっつ!実話っすか?「日本で一番悪い奴ら」綾野剛の覚醒!

日本で一番悪い奴ら(2016) 監督:白石和彌 出演:綾野剛、YOUNG DAIS、 植野

続きを読む

“Ç”自主・日本未公開映画祭「LA SOURCE DES FEMMES」 ニート多きムラで性ストライキ!

映画買い付け入門 留学時代中、日本未公開、未DVD化 映画を沢山買おうとDVD売り場 巡り

続きを読む

「メン・イン・キャット」:茶番な「君の名は。」

メン・イン・キャット(2016) Nine Lives(2016) 監督:バリー・ソネンフェ

続きを読む

「ピートと秘密の友達」タイミングが悪すぎたオオカミ少年もの

ピートと秘密の友達(2016) 監督:デヴィッド・ロウリー 出演:ブライス・ダラス・ハワ

続きを読む

【ネタバレなし】「マグニフィセント・セブン」ガトリング、お前だけはアウトだ!

マグニフィセント・セブン(2016) THE MAGNIFICENT SEVEN(2016)

続きを読む

「セリーヌとジュリーは舟でゆく」ジャック・リヴェットはラノベっぽい映画を撮る

セリーヌとジュリーは舟でゆく(1974) CELINE ET JULIE VONT EN BATE

続きを読む

“Ç”意外!「バードマン」アカデミー賞作品賞受賞

アカデミー賞発表 ついにアカデミー賞発表されましたねー。 今年は「6才のボクが、 大人になるま

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【寅さんフルマラソン㊲】「男はつらいよ 幸福の青い鳥」ドリンクコーナーが!

男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986) 監督:山田洋次 出演:

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也

【実話】『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』チアルートも驚愕!盲目でホテルマンを目指した男

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017) Mein B

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑