*

【ネタバレ/解説】「SING/シング 字幕版」きみはコアラのムーンを月夜に沈めたくなるフレンズなんだね♪

【ネタバレ/解説】「SING/シング 字幕版」きみはコアラのムーンを月夜に沈めたくなるフレンズなんだね♪

SING/シング(2016)


監督:ガース・ジェニングス
声の出演:マシュー・マコノヒー、
リース・ウィザースプーン、
セス・マクファーレン、
スカーレット・ヨハンソンetc

評価:45点

ミニオンズ」の
イルミネーション社新作「SING/シング」が
日本上陸!

監督はあの伝説的カルト映画
「銀河ヒッチハイク・ガイド」
ガース・ジェニングスが手がけている
とのことで楽しみにしていました。

TOHOシネマズ新宿でウォッチしてきたのだが…

「SING/シング」あらすじ

バスター・ムーンは長年憧れの、
劇場主に就任するのだが、
ことごとく公演を失敗させ、
廃業の危機に…
背水の陣に追い込まれた
ムーンは歌のコンテストを
開くことにする。

しかし、ビラに書く賞金の
値段の桁を間違えたまま、
宣伝してしまったため、
大勢のチャレンジャーが
劇場に詰め寄り…

基本的には面白い

イルミネーション社は、
ディズニーやピクサーとは
違い社会的メッセージ、
大人向けの内容をストーリーに
忍ばす硬派な作りとは距離を置き、
とにかく頭をカラにして
楽しめる作品を作り出している。

特に
・音楽選び
・アクション
・ギャグ

の3点に関しては、
他のアニメ会社を圧倒する
クオリティ。

本作は、イルミネーション社作品と
しては最高レベルにこの3点が
素晴らしい。

音楽選び

まず特記すべき点は、
音楽選びにあります。
「ミニオンズ」評をした際にも
言及したが、ストーンズや
ザ・フーといった曲を惜しげもなく
使う様子は本作でも全力全開
発揮されている。

スペンサー・デイヴィス・グループ
の「Gimme Some Lovin’」が掛かったか
と思いきや、ロナルド&ルビーの
「LOLLIPO」を歌い、
はたまたシナトラの「My Way」が
歌われる。

仕舞にはきゃりーぱみゅぱみゅの
「にんじゃりばんばん」を歌うではないか。

いくらコンクールとはいえ、
紅白歌合戦か!と
思う程異業種格闘技になっていて面白い。

アクション

本作は、何故かコンクールの
シーンよりもアクションシーンに
やたらと力を入れている。

終盤に訪れる、人災ならず
獣災で劇場が崩壊する
シーンは、まるで実写かと
思うぐらい水の質感から
建物の壊れ方までリアル。
ASKULもびっくり、
バーニング・オーシャン」も
びっくりな演出になっています。
観ていて楽しいぞ!

ギャグ

「ミニオンズ」同様、
本作もしょうもなく且つ
爆発力のあるギャグに
爆笑必至です。

例えば、賞金の桁を打ち間違える
要因がトカゲばばあの義眼だったり、
ポジティブ豚と主婦豚の最後の
演目がぶっ飛び過ぎていたりと
これがとにかく楽しい!

皮肉もあるぞ!

本作では、日本人アイドルに
対する皮肉がシャープに
決まっています。

可愛いし、歌もダンスも踊れるのに
日本語が一切通じず、
YES/NOもわからない設定は
日本人にとって屈辱且つ
痛烈な皮肉だろう。
上手い!

しかし嫌いだった…

ここまで、べた褒めしているのに
何故低評価なのか?
それはあまりにもご都合主義な点にある。

本作は「天使にラブ・ソングを2」や
「スクール・オブ・ロック」
などといった
一昔前のコンクール映画っぽい
懐かしさがある。
なので、ある程度展開は予想できる。
ご都合主義なのもご愛敬。

しかし、本作は…許さねぇ!
あまりにもご都合主義過ぎて
ドンビキした。

本作は、コアラの劇場主ムーンが
コンサートを通じて劇場経営を
立て直す話なのに、
最後の最後まで
全く成長していないのです。

二度チェックしないが故に、
詐欺になってしまう。
オーディションに何千人と
集まっていたのに、
採用したのはたった数組。
しかも皆、素人同然な者ばかり。
教育もろくにせず、
メンタルマネジメントすらできないので、
合格者のモチベーションはダダ下がりになる。

人災ならず獣災で劇場を
廃墟にさせる。

出演者のギャラは結局0円

これだけの悪行をしておきながら、
最後は友だちのセレブの支援で
劇場建て直しめでたしめでたし
となっているのだが、
おいコアラ!おめぇ何もしてねぇだろ!

ウザイねずみだって、
プロとして素晴らしい歌を、
ライブパフォーマンスを
したぞ!

ってことで、あまりにもコアラの
ムーンが無能すぎて月夜に
沈めたくなりました。

コアラさえもう少し、
まともだったり反省して
心を入れ替えてくれれば
高評価だったのに残念だったなぁ~

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

”Ç”助演男優賞&録音賞&編集賞受賞作「セッション」アカデミー賞のダークホース!

さて、ここで問題。 ココはどこでしょう? んっ日本?中国? ノンノン、パリだよフランス

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~家洋画部門~

1.ニンフォマニアック ラース・フォン・トリアーはこの映画を作るために今までのキャリアを踏んだ

続きを読む

「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」がエイリアンVSプレデターだった件

映画ドラえもん  のび太の南極カチコチ大冒険(2017) 監督:高橋敦史 声の出演:水田わ

続きを読む

“Ç”エミリー・ブラウニングまたもや監禁ww「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール GOD HELP THE GIRL 監督:スチュアート・マードッ

続きを読む

“Ç”【ネタバレ注意復習編】「シン・ゴジラ」1巡目でブンブンが気づいたこと

全力ネタバレ謎解き回です! 昨日、「シン・ゴジラ」の 未鑑賞者向け紹介記事を 書いたのだが

続きを読む

仏語リスニング強化:グザヴィエ・ドランDVD-BOXその1

フランス語のリスニングを手軽にやるには、「映画」が一番!仏語字幕で映画を観れば良い勉強じゃん^o^

続きを読む

“Ç”暑苦しい檀一雄の半生「火宅の人」

火宅の人 監督:深作欣二 出演:緒形拳、いしだあゆみ、原田美枝子etc 学校の授業で、

続きを読む

“Ç”SF映画のヴィジュアル原点ここにあり「アンカル(L’INCAL)」

アンカル(L'INCAL) 原作:アレハンドロ・ホドロフスキー 作画:メビウス 海外の漫画って買

続きを読む

“Ç”タルコフスキー卒業制作「ローラーとバイオリン」小津ってる?

ローラーとバイオリン(1961) КАТОК И СКРИПКА(1961) 監督:アンドレ

続きを読む

【試写会/実話】「ライオン 25年目のただいま」火星から帰ってくるよりもムズい!?エクストリーム帰宅

LION/ライオン 25年目のただいま(2016) LION(2016) 監督:ガース・デイ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【どいらじ】たんたんさんにステイサム映画「ブリッツ」をオススメされたので観てみた。

ブリッツ(2011) BLITZ(2011) 監督:エリオット

チェ・ブンブン上半期ベストテン2017発表!1位は「バンコクナイツ」

チェ・ブンブン上半期ベストテン2017発表! 下半期も始まって1

【寅さんフルマラソン⑮】「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」メロン事件勃発

男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975) 監督:山田洋次, 出

「おとなの恋の測り方」の元ネタ「Corazón de León」を観てみた!

Corazón de León 監督:Marcos Carnev

【最終回】#45社会人になって思ったこと~時間とお金の関係~

社会人になって思ったこと~時間とお金の関係~ 4月から社会人として新

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑