*

【3/31「ジャッキー」公開記念】パブロ・ラライン監督作「NO」を紹介!

【3/31「ジャッキー」公開記念】パブロ・ラライン監督作「NO」を紹介!

NO(2012)


監督:パブロ・ラライン
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、
アルフレド・カストロetc

評価:90点

今月末3/31よりアカデミー賞
ノミネート作品
「ジャッキー/ファーストレディー
最後の使命」が公開される。

この作品を撮ったチリの監督
パブロ・ララインは、
日本ではまだまだ知名度は
高くないものの、

ザ・クラブ」で
ベルリン国際映画祭審査員グランプリ
を受賞するなど、2010年代注目の
監督として風を吹かせている。

そんな彼を一躍有名にさせた
「NO」がNetflixに挙がっていたので
観てみましたよ。

「NO」あらすじ

1988年チリ、長年軍事独裁を行ってきた
ピノチェト将軍は、世界的圧力を
受け、次の選挙で賛成派と反対派
それぞれ深夜に15分のテレビ放送枠を
与えることとなった。

反対派はフリーの広告マンである
レネを雇い、圧倒的不利な
広告戦線を闘いぬこうとする…

忠実に再現された
熱き選挙ドラマ

3/31公開の「ジャッキー」は、
ケネディ夫人の伝説の番組
「A Tour of the White House with
Mrs. John F. Kennedy」を
映像の質感、言動レベルで忠実に
再現したという噂を聞いている。

そして本作を観ると、
「ジャッキー」はかなり期待できそうだ。
「NO」は選挙直前のピノチェト将軍
の独裁政権下であるチリで、
唯一反ピノチェト派に許された15分
テレビ放送枠で民意を変えていった
実話を描いているのだが、
1988年のテレビ放送を観ているような映像の
質感で描かれている。

ラライン監督は徹底して当時の
情勢を切り取ろうと、
80年代のカメラやフィルム、
劇中の挿入映像は当時のテレビ屋、
広告屋が作ったモノを使っている。
それ故に、成功するかしないかの
緊迫感が全編にたちこめる。

面白いのは、これがタダの実話
ドラマで終わっておらず、広告戦術の仕組みや、
選挙に行くことで社会が変えられることを
感情的に登場人物を動かしながらも
論理的に描ききっているところにある。

タダ、凄惨な社会を語っても人々は動かせない。
ビジュアル、スタイルに拘りファッションに
変えていくことで人々は行動する。

ニュースも最初に決め台詞を
言わせるように指示するシーンを観ると、
数々のYoutuberたちが何故動画の
最初に変な挨拶を入れるのかも説明がつく。
昨年、ブンブンは
ピノチェト時代のドキュメンタリー
チリの闘い」に
衝撃を受けたが、あの後こういった
ドラマが展開されていたと思うと
尚更熱くなる。

パブロ・ラライン監督の技量に
圧倒されただけに、
「ジャッキー」は期待できそうだ。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”TOHOシネマズデー「イントゥ・ザ・ウッズ」アベンジャーズもビックリ童話

3/14はTOHOシネマズデイ 3/14は何の日か知ってるかな? そう、ホワイトデ...じゃねえ

続きを読む

“Ç”「サウルの息子」タル・ベーラの弟子がカンヌ、そしてアカデミー賞を狩る?

サウルの息子(2015) Saul fia(2015) 監督:メネシュ・ラースロー 出演:

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~外邦画部門~

1.野のなななのか 日本が誇るカルト監督大林宣彦が、遺作にする気満々の超シュールなプロパガンダ

続きを読む

【ネタバレなし】「お嬢さん」話題騒然18禁官能ミステリーはニホンゴが重要!

お嬢さん(2016) THE HANDMAIDEN(2016) 監督:パク・チャヌク 出演

続きを読む

”Ç”よい子には観てはいかんドラッグ映画「スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!」

スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo! The Spongebob Movie:Sponge

続きを読む

“Ç”【レポート】ヒップホップ誕生の歴史

ポピュラー音楽論のレポート  去年、「ポピュラー音楽論」って授業で書いたレポートが 出土した

続きを読む

【ネタバレ解説】「この世界の片隅に」能年玲奈こと”のん”が覚醒!ムシ描写からみる某カルト映画との共通点

この世界の片隅に(2016) 監督:片渕須直 声の出演:のん、 細谷佳正、稲葉菜月、 小

続きを読む

【2017年公開】「未来を花束にして(SUFFRAGETTE)」キャリー・マリガン、あさま山荘事件に巻き込まれるの巻き

サフラジェット(2015) Suffragette(2015) 監督:サラ・ガブロン 出演:キ

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録14「14の夜」レンタルビデオ屋のワクワク味わえる足立紳監督デビュー作

14の夜(2016) 監督:足立紳 出演:犬飼直紀、光石研、濱田マリetc 評価:80

続きを読む

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「夢が作られる森」クレール・シモンが提示する新しい幸福論

夢が作られる森(2016) LE BOIS DONT LES RÊVES SONT FAITS(2

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑