*

【実話・ネタバレなし】「否定と肯定(Denial)」ドナルドトランプ、共謀罪強行採決時代に観るべき傑作

【実話・ネタバレなし】「否定と肯定(Denial)」ドナルドトランプ、共謀罪強行採決時代に観るべき傑作

否定と肯定(2016)
Denial(2016)


監督:ミック・ジャクソン
出演:レイチェル・ワイズ、
トム・ウィルキンソン、
ティモシー・スポールetc

評価:90点

マルタ行きの飛行機の中で、
町山智浩がたまむすびで
紹介していた
「ディナイアル(Denial)」

観てきました。

1994年頃から勃発した
ホロコースト否定論者である
デイヴィッド・アーヴィングと
歴史学者の
デボラ・E・リップシュタットの
論争を描いたドラマとのこと。

監督は名前こそ聞いたことない
人多いとは思うが、
「ボディガード」や
「ボルケーノ」

ミック・ジャクソン。

彼って、ブンブンの
オールタイムベストにも
入れている
「シリコンバレーを抜け駆けろ! 」
監督していたりするので、
本当に多作だなーと思いながら
観ましたよ。

「ディナイアル(Denial)」あらすじ

1994年、デボラ・E・リップシュタットは
ホロコーストの講演会にて
ホロコースト否定論者の
デイヴィッド・アーヴィングに
妨害されてしまう。

やがて、
デイヴィッド・アーヴィングは
本格的に
デボラ・E・リップシュタットを
敵視し、法廷で決着を
つけることになるのだが…

強固な主張が民意を掴む恐怖

本作はドナルド・トランプが米国大統領に
なった今だからこそ観るべき
非常に重要な作品です。

なぜならば、誤った価値観でも、
強固に主張し続けることで、
民意をマインド・コントロール
することができることを描いた作品なのだから。

歴史学者のデボラ・E・リップシュタットは
正しい歴史を証明する為に、
ホロコースト否定論者の
デイヴィッド・アーヴィングを
法廷で倒そうとする。
当然ながら味方も多く、
実際にアウシュビッツで
フィールドワークも行い万全の
体制で挑む。

しかし、どんなに論破しようと
してもデイヴィッド・アーヴィングは
強固な態度で一切たじろぐことがない。
しかも些細な矛盾を突いて、
なかなか一筋縄ではいかない。
さらに恐ろしいことに、
マスコミは正論を言っている自分たち
よりも過激で無茶苦茶な
デイヴィッド・アーヴィングばかり
取材する事態になる。

ドナルド・トランプもヒトラーもそうだが、
どんなにバッシングを受けても、
一切臆することなく突き進むことで
やがて民意は彼らを支持し、
独裁者へと進化させていった。

本作を観ると、まさにその過程が
いやーに描かれていて本当に怖い。
しかも、正論を言っている歴史学者が
もがけばもがくほど、論理性を
失っていき、
単にデイヴィッド・アーヴィングの
思想を無理矢理変えさせようとする
ディスカッションとして致命的な
ミスを犯していくあたりが
さらに恐怖をかき立てられる。
まさに自分たちの正義が
「ディナイアル(=否定)」される
瞬間がここに描かれています。

本作は決して過去の話ではない。
今こそ多くの人に観てもらい、
社会や政治家について考える
きっかけになってほしい作品でした。

今のところ日本公開は
決まっていませんが、
ヒューマントラストシネマあたりで
是非公開して欲しい。
というよりか公開しないと
いけない作品なので
配給会社の方々是非
一考をお願いします。

【2017/8/23更新】日本公開決まりました

今回紹介した「ディナイアル(DENIAL)」が「否定と肯定」という邦題で12/8(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて公開が決まりました!あまり映画っぽくない邦題ですが、まさにティモシー・スポール扮するホロコースト否定論者とレイチェル・ワイズ扮する歴史学者という名のホロコースト肯定派(無論、ホロコーストが存在するという意味の肯定)との熱きバトルを象徴したGOODな邦題と言えよう。

今の世界はドナルド・トランプや金正恩が自分勝手に物事を押し通し、日本でも共謀罪が強行採決されているカオスな状況。それこそ国のトップが次々と本作のホロコースト否定論者みたいな独裁者になっていっている今だからこそ我々は観なければいけない作品だと思います。

普段、めったに「~すべき」という言葉は使わないのだが、ここで言おう「否定と肯定」は今観るべき傑作だ!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”第66回ベルリン国際映画祭(2016)コンペティション出品作品発表

第66回ベルリン国際映画祭 開催期間:2016/2/11~2016/2/21 コーエン兄

続きを読む

「フィッシュマンの涙」韓国版「何者」は頭がおかしい(褒め言葉)

フィッシュマンの涙(2015) Collective Invention(2015) 監督:

続きを読む

【TIFF2017】「レット・ザ・サンシャイン・イン」クレール・ドゥニの観る官能小説

レット・ザ・サンシャイン・イン(2017) 英題:Let the Sunshine In 原題

続きを読む

“Ç”いや~な夏休みよさらば!「ほとりの朔子」

ほとりの朔子(Au revoir l'été) 監督:深田晃司 出演:二階堂ふみ、鶴田真由e

続きを読む

【ネタバレ/解説】「SING/シング 字幕版」きみはコアラのムーンを月夜に沈めたくなるフレンズなんだね♪

SING/シング(2016) 監督:ガース・ジェニングス 声の出演:マシュー・マコノヒー、

続きを読む

空族サーガ「国道20号線」は「バンコクナイツ」への架け橋だった!

国道20号線(2007) 監督:富田克也 出演:伊藤仁、りみ、 富田克也etc 評価

続きを読む

リニューアル新宿武蔵野館で「エブリバディ・ウォンツ・サム」を観た件

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2016) Everybody Wa

続きを読む

“Ç”ディズニーランドのア・ソ・コが実写化!「トゥモローランド」

トゥモローランド(TOMORROWLAND) 監督:ブラッド・バード 出演:ジョージ・クルー

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉝】「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」タコ社長の娘登場

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎(1984) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 渡瀬恒彦,

続きを読む

【ネタバレ/解説】「ジーサンズ はじめての強盗」タイトルに騙されるな!サイコーの社会派老人ムービー

ジーサンズ はじめての強盗(2016) GOING IN STYLE(2016) 監督:ザッ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【解説】『リズと青い鳥』カイエデュシネマに観て欲しい!幻滅は愛を囀る

リズと青い鳥(2018) 監督:山田尚子 出演:種崎敦美、東山

『タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜』ソン・ガンホの満面の笑みが光州事件で…

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017) 택시운전사(201

『いぬやしき』ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭は制したが…

いぬやしき(2018) 監督:佐藤信介 出演:木梨憲武、佐藤健

【ネタバレ解説】『レディ・プレイヤー1』全情報科教員に告ぐ!本作を生徒に魅せるのだ!

レディ・プレイヤー1(2018) Ready Player One(

【寅さんフルマラソン 総括】「男はつらいよ」総選挙 結果発表!※最終回

祝:「男はつらいよ」完走! 「男はつらいよ」シリーズ全48作+1作品

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑