*

【実話・ネタバレなし】「否定と肯定(Denial)」ドナルドトランプ、共謀罪強行採決時代に観るべき傑作

【実話・ネタバレなし】「否定と肯定(Denial)」ドナルドトランプ、共謀罪強行採決時代に観るべき傑作

否定と肯定(2016)
Denial(2016)


監督:ミック・ジャクソン
出演:レイチェル・ワイズ、
トム・ウィルキンソン、
ティモシー・スポールetc

評価:90点

マルタ行きの飛行機の中で、
町山智浩がたまむすびで
紹介していた
「ディナイアル(Denial)」

観てきました。

1994年頃から勃発した
ホロコースト否定論者である
デイヴィッド・アーヴィングと
歴史学者の
デボラ・E・リップシュタットの
論争を描いたドラマとのこと。

監督は名前こそ聞いたことない
人多いとは思うが、
「ボディガード」や
「ボルケーノ」

ミック・ジャクソン。

彼って、ブンブンの
オールタイムベストにも
入れている
「シリコンバレーを抜け駆けろ! 」
監督していたりするので、
本当に多作だなーと思いながら
観ましたよ。

「ディナイアル(Denial)」あらすじ

1994年、デボラ・E・リップシュタットは
ホロコーストの講演会にて
ホロコースト否定論者の
デイヴィッド・アーヴィングに
妨害されてしまう。

やがて、
デイヴィッド・アーヴィングは
本格的に
デボラ・E・リップシュタットを
敵視し、法廷で決着を
つけることになるのだが…

強固な主張が民意を掴む恐怖

本作はドナルド・トランプが米国大統領に
なった今だからこそ観るべき
非常に重要な作品です。

なぜならば、誤った価値観でも、
強固に主張し続けることで、
民意をマインド・コントロール
することができることを描いた作品なのだから。

歴史学者のデボラ・E・リップシュタットは
正しい歴史を証明する為に、
ホロコースト否定論者の
デイヴィッド・アーヴィングを
法廷で倒そうとする。
当然ながら味方も多く、
実際にアウシュビッツで
フィールドワークも行い万全の
体制で挑む。

しかし、どんなに論破しようと
してもデイヴィッド・アーヴィングは
強固な態度で一切たじろぐことがない。
しかも些細な矛盾を突いて、
なかなか一筋縄ではいかない。
さらに恐ろしいことに、
マスコミは正論を言っている自分たち
よりも過激で無茶苦茶な
デイヴィッド・アーヴィングばかり
取材する事態になる。

ドナルド・トランプもヒトラーもそうだが、
どんなにバッシングを受けても、
一切臆することなく突き進むことで
やがて民意は彼らを支持し、
独裁者へと進化させていった。

本作を観ると、まさにその過程が
いやーに描かれていて本当に怖い。
しかも、正論を言っている歴史学者が
もがけばもがくほど、論理性を
失っていき、
単にデイヴィッド・アーヴィングの
思想を無理矢理変えさせようとする
ディスカッションとして致命的な
ミスを犯していくあたりが
さらに恐怖をかき立てられる。
まさに自分たちの正義が
「ディナイアル(=否定)」される
瞬間がここに描かれています。

本作は決して過去の話ではない。
今こそ多くの人に観てもらい、
社会や政治家について考える
きっかけになってほしい作品でした。

今のところ日本公開は
決まっていませんが、
ヒューマントラストシネマあたりで
是非公開して欲しい。
というよりか公開しないと
いけない作品なので
配給会社の方々是非
一考をお願いします。

【2017/8/23更新】日本公開決まりました

今回紹介した「ディナイアル(DENIAL)」が「否定と肯定」という邦題で12/8(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて公開が決まりました!あまり映画っぽくない邦題ですが、まさにティモシー・スポール扮するホロコースト否定論者とレイチェル・ワイズ扮する歴史学者という名のホロコースト肯定派(無論、ホロコーストが存在するという意味の肯定)との熱きバトルを象徴したGOODな邦題と言えよう。

今の世界はドナルド・トランプや金正恩が自分勝手に物事を押し通し、日本でも共謀罪が強行採決されているカオスな状況。それこそ国のトップが次々と本作のホロコースト否定論者みたいな独裁者になっていっている今だからこそ我々は観なければいけない作品だと思います。

普段、めったに「~すべき」という言葉は使わないのだが、ここで言おう「否定と肯定」は今観るべき傑作だ!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”残酷な双子が恐ろしい…「悪童日記」

悪童日記(LE GRAND CAHIER) 監督:ヤーノシュ・サース 出演:ギーマント兄弟、

続きを読む

“Ç”SW公開間際予習②「スター・ウォーズ エピソードⅤ/帝国の逆襲」

スター・ウォーズ エピソードⅤ/帝国の逆襲 (STAR WARS EPISODE V:THE EM

続きを読む

“Ç”エクストリーム、エロ本隠しの話じゃないぞ「やさしい本泥棒」

やさしい本泥棒(2013) THE BOOK THIEF(2013) 監督:ブライアン・パー

続きを読む

【ネタバレなし】「ブレアウィッチ」ホラーを、原点回帰を履き違えとる(怒

ブレア・ウィッチ(2016) BLAIR WITCH(2016) 監督:アダム・ウィンガード

続きを読む

“Ç”「ブルックリン」留学経験者が語る2つの故郷

ブルックリン(2015) BROOKLYN(2015) 監督:ジョン・クローリー 出演:シ

続きを読む

“Ç”「帰ってきたヒトラー」ドナルド・トランプの行動のヤバさが判る!

帰ってきたヒトラー(2015) Er ist wieder da(2015) 監督:デビッド

続きを読む

アレクサンダー・ペイン新作Downsizingが完全「ウルトラQ 1/8計画」だった件

アレクサンダー・ペイン新作 Downsizing製作中 IMDbを読んでいたら、「ネブラスカ

続きを読む

“Ç”老人を労りたくなる映画「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(NEBRASKA) 監督:アレクサンダー・ペイン 出演:ブ

続きを読む

“Ç”【したこめ】町山智浩×高橋ヨシキ トークショー「グリーン・インフェルノ」

グリーン・インフェルノ(GREEN INFERNO) 監督:イーライ・ロス 出演: Lo

続きを読む

“Ç”世にも奇妙なエストニア映画「ルクリ」TIFFにて

ルクリ(ROUKLI) 監督:ヴェイコ・オウンプー 出演:ユハン・ウルフサク、ミルテル・ポフ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑