*

「家族の肖像」ヴィスコンティ睡魔の名作とのことだが、、、

「家族の肖像」ヴィスコンティ睡魔の名作とのことだが、、、

家族の肖像(1974)
伊題:Gruppo di famiglia in un interno
英題:Conversation Piece(1974)


監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:バート・ランカスター、
ヘルムート・バーガー、
クラウディア・カルディナーレetc

評価:85点

先日、東京映画友の会に
行った際に、
「若者よ、
淀川長治さんが絶賛していた
『家族の肖像』を次回までに
観てくるのだ。
岩波ホールでデジタル完全修復版
が上映されているんで。
眠いかもしれないが
良いぞ~」

と言われました。

ルキノ・ヴィスコンティは、
ブンブンの中で寝る映画の
代名詞となっており、
「山猫」、「若者のすべて」、
「地獄に墜ちた勇者ども」
すべて
爆睡しました。

2013年ブンブン映画ランキング
旧作洋画部門1位を
獲得した「ベニスに死す」でさえ、
中学時代に初見で観た際、
寝たぐらいだ。
(トーマス・マンの原作を
読んでから観ると、
ダーク・ボガードの顔芸の
凄さに圧倒されます。)

なので、なかなか食指が動かない。
しかも岩波ホールで上映
聞いてなお、動かなかった。
しかし、シネフィルを語る上で
観ないとと思い、
大学のAVライブラリで観てきました。
(すみません、予算の関係で
DVD鑑賞です…)

「家族の肖像」あらすじ

家族の肖像画(Conversation Piece)を
集めている老教授は、
新しい肖像を買うのを断るが、
商人の強いお願いで
家に置くことにする。

何故か、その取引現場にいた
ブルジョワジーの夫人ビアンカから
上の階を使わせてくれと言われ、
強情さに負けて貸すこととなる。

やがて、ビアンカの愛人と
娘、そのカレシが住み着くように
なるが…

「家族の肖像」の使い方

本作はミニシアターブーム
引き起こした作品として有名だが、
多くのシネフィルが「寝るよ!」
と太鼓判を押す曰く付きの作品。

しかし、ブンブン何故か眠くならなかった。
古くさいお話しかと思いきや、
日本人にも身近に感じられる
普遍性を持った話だったのだ。

当ブログにたどり着いた
若い映画ファンが
観たくなるように話すと、
オタクの引きこもりの家に、
ある日ツンデレ強気な女性が現れて、
その女の家族が居候し、
コミュ障のオタクが四苦八苦する
うちに友情が芽生える
コメディです。

あるいは、「3月のライオン」
逆パターン。
川本家が桐山零の家にあがり
込むぜ!といった話ですw

とにかく、ブルジョワで失礼極まりない
家族が教授を困らせまくる描写に
爆笑爆笑な作品になっています。

なんたって、この家族、
部屋を無理言って借りているのに、
家を破壊する勢いで大規模
改修工事をしたり、
セキュリティの甘さから
強盗に入られたりするのだ。

教授もなんとか彼らを理解しようとし、
ビアンカの愛人が実は知識人では
ないかと思い頑張って交流しようとする。
しかし、あまりに次元の違う人たちに
精神がまいっていく。

本作が非常に上手いのが、
この精神的にまいっていく
老教授が上手く「家族の肖像画」と
対比されているところにある。

老教授は「家族の肖像画」を集めるのが趣味。
言わば二次元が好きな人と言える。
二次元の幸せそうな絵に萌えているのだが、
いざ三次元、等身大の家族を見ると、
あまりにコントロールできない存在、
汚れた存在にショックを受ける。
しかし、自分の身近になってしまった
以上どうにか克服しようとするのだが、
どうにもならない。
三次元の肖像は扱いきれずドンドン
病んでいく。
これほどまでに強烈にタイトルの
深みを劇中で引き出した作品は
ほとんどないであろう。

オタクという存在を認識する
日本人ならば、一見の価値ある
傑作ですぞ!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”戦艦ポチョムキンの監督は旅先で…「エイゼンシュテイン・イン・グアナファト」

エイゼンシュテイン・イン・グアナファト (Eisenstein in Guanajuato)

続きを読む

「CENTRAL INTELLIGENCE」ロック様の笑顔が怖いwwww

セントラル・インテリジェンス(2016) CENTRAL INTELLIGENCE(2016)

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「AMERICAN HONEY」日本公開希望アンドレア・アーノルド新作

アメリカン・ハニー(2016) AMERICAN HONEY(2016) 監督:アンドレア・

続きを読む

【ヴェネチア映画祭】「エル・クラン」アルモドバルは後輩育成もできるぞ!

エル・クラン(2015) EL CLAN(2015) 監督:パブロ・トラペロ 出演:ギレルモ・フラ

続きを読む

【ネタバレ】「怒り」吉田修一×李相日、妻夫木聡と広瀬すずの演技がバケモノだった件

怒り(2016) 監督:李相日 出演:妻夫木聡、渡辺謙、 広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、

続きを読む

“Ç”悲報・フランス映画社破産‼︎

1950年代の映画黄金期以降、 年々興行収入が減り続ける日本の 映画産業(アメリカもそうだが)。

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ベストテン2015外邦画部門1位は橋口亮輔7年ぶりのあの怪作

ブンブン映画ベストテン2015外邦画 今年は、ミニシアター系作品に恵まれていた。 東京都では

続きを読む

“Ç”エクストリーム、エロ本隠しの話じゃないぞ「やさしい本泥棒」

やさしい本泥棒(2013) THE BOOK THIEF(2013) 監督:ブライアン・パー

続きを読む

“Ç”是枝新作カンヌ映画祭コンペ出品!!

第68回カンヌ映画祭シーズン開幕 毎年、5月にフランス南部カンヌという街で 行われる世界三大

続きを読む

「異境の中の故郷」リービ英雄を秘密を探る…

異境の中の故郷(2013) 監督:大川景子 出演:リービ英雄、温又柔etc 評価:80

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑