*

【ネタバレなし】「お嬢さん」話題騒然18禁官能ミステリーはニホンゴが重要!

【ネタバレなし】「お嬢さん」話題騒然18禁官能ミステリーはニホンゴが重要!

お嬢さん(2016)
THE HANDMAIDEN(2016)


監督:パク・チャヌク
出演:キム・ミニ、
キム・テリ、
ハ・ジョンウ、
チョ・ジヌンetc

評価:80点

「オールド・ボーイ」の
パク・チャヌク監督が帰ってきた!

昨年のカンヌ国際映画祭を
揺るがした145分の
官能ミステリー。

サラ・ウォーターズの小説
「荊の城」
を日本統治下の
朝鮮に置き換えた大胆な
作品とのことだが
果たして…

「お嬢さん」あらすじ

貧しい少女スッキは詐欺師・
藤原伯爵と組み、
令嬢・秀子をなんとかして
精神病院に入れさせ、
莫大な相続を奪おうとする。
少女スッキはメイドとして
潜入。藤原伯爵は
秀子と結婚しようとするのだが…

ニホンゴのエロス

パク・チャヌクの最新作が
トンデモナイ爆笑
官能ドラマだということで、
シャンテに駆けつけたのだが、
意外と60歳以上のお婆ちゃんが
「あのぅ『お嬢さん』シニア1枚」

窓口で言っているのには驚いた。
「おばあちゃん、
これタダのミステリーじゃないっすよ。
18禁の
パク・チャヌク監督作ですけど
心臓大丈夫?」
と不安になります。

さて本作は、
サラ・ウォーターズの「荊の城」を
日本統治下の朝鮮に置き換えた、
欲望を巡るスパイミステリー。
しかし、一番の議論の焦点は
ミステリーよりも「日本語」にあった。

あやどの登場人物がたどたどしい
ニホンゴで演技する。
イントネーションがデタラメで
且つ難しい単語、卑猥な単語を
早く喋ろうとするから
何を言っているのか分からなかったりする。
これが滑稽で、劇場では
爆笑の渦に包まれていた。

でも
別に欧米人が監督している訳ではない、
韓国人のパク・チャヌクが監督しているので、
日本人や在日韓国人など
日本語が流暢な役者を
使えばいいのに
何故ニホンゴを韓国人役者に
演じさせねばならなかったのか?

ここに疑問を持ちながら観ていくと、
ある種、そこの演出に力を入れた故に
「荊の城」の換骨奪胎
成功させたのではないかという
アイデアが浮かんだ。

主にその演出には2つの役割が
のではないだろうか。

緊迫感の増強剤としてのニホンゴ

まず、
日本統治下の朝鮮では、
日本語を強制された。
(授業ではハングル語の
授業以外は日本語で
授業を行っていた)
いきなり、貧しい者も富める者も
日本語を使わねばならぬ状況。
韓国語(朝鮮語)を使えば
日本人に暴力をふられる、
あるいは韓国人(朝鮮人)にバカにされる
その緊迫感をミステリーの
要素として与えたのではないだろうか。
劇中、
ただならない緊迫感が画面を支配していた
のもこのニホンゴによる演出が
大きかった。

エロス表現のツールとしての
ニホンゴ

2つ目に、
外国人が外国語でエロスを語ることで、
官能性を上げる役割があるのではないか。
実際に2つ目は劇場で
確認してほしいのだが、
ニホンゴを使った
エクスタシー描写の手数で勝負していたりする。

ミステリー自体は、
オーソドックスであっと驚く
展開に乏しい気がするのだが、
パク・チャヌクのぶっ飛んだ
官能とアイデアの世界にのめり込む。
「007」シリーズ張りの
特殊アイテムの多さにも惹かれる
2時間25分でした。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレなし】「マグニフィセント・セブン」ガトリング、お前だけはアウトだ!

マグニフィセント・セブン(2016) THE MAGNIFICENT SEVEN(2016)

続きを読む

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「美しき仕事」観た者の人生観を変える一本

美しき仕事(1999) 仏題:BEAU TRAVAIL 英題:GOOD WORK 監督:ク

続きを読む

“Ç”第65回ベルリン映画祭終了 2015年金熊賞はイラン映画「Taxi」

ベルリン映画祭閉幕 先日2/15まで開催されていた 世界三大映画祭のひとつ ベルリン映画祭

続きを読む

2016年11月イメージフォーラム公開!ユーゴスラビアの闇を描く「灼熱」

灼熱(ZVIZDAN) 監督:ダリボル・マタニッチ 出演:ティハナ・ラゾヴィッチ、ゴーラン・

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉕】「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」リリー3rdマッチ!

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(1980) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 倍賞

続きを読む

【Netflix】チンチン落書き事件「American Vandal」が「三度目の殺人」の100倍傑作だった件

アメリカを荒らす者たち(2017) 別名:ハノーバー高校落書き事件簿 原題:AMERICAN V

続きを読む

【Netflix】『フープ・ドリームス』スラムのガキから王になれ!バスケ嫌いも熱狂のドキュメンタリー

フープ・ドリームス(1994) HOOP DREAMS(1994) 監督:スティーヴ・ジェー

続きを読む

“Ç”「サイレント・ハート」デンマークの巨匠ビレ・アウグスト手製の「おくりびと」

サイレント・ハート(2014) STILLE HJERTE(2014) 監督:ビレ・アウグスト 出

続きを読む

“Ç”【したこめ】オリンピック×ゾンビ映画「キートンのセブン・チャンス」

キートンのセブン・チャンス(1925) SEVEN CHANCES(1925) 監督:バスタ

続きを読む

【ホン・サンス特集】「自由が丘で」これは加瀬亮版「ラ・ラ・ランド」であり「メッセージ」だ!

自由が丘で(2014) 자유의 언덕(2014) 監督:ホン・サンス 出演:加瀬亮、ムン・

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑