*

【「わたしは、ダニエル・ブレイク」公開記念】「SWEET SIXTEEN」:ケンローチの神話

【「わたしは、ダニエル・ブレイク」公開記念】「SWEET SIXTEEN」:ケンローチの神話

SWEET SIXTEEN(2002)

sweet
監督:ケン・ローチ
出演:マーティン・コムストン、
ミシェル・クルターetc

評価:70点

昨年度カンヌ国際映画祭で
ケン・ローチ監督が
「わたしは、ダニエル・ブレイク」
にて二度目のパルム・ドールを
受賞した。

3/18よりヒューマントラストシネマ
有楽町他にて公開が決まり、
また、ゼミでも丁度ケン・ローチ
を扱ったので、
今日は「SWEET SIXTEEN」を
紹介するぞ!

「SWEET SIXTEEN」あらすじ

父の罪を背負い長年刑務所で暮らしている
母の出所週週間前。
息子のリアムは、母のために
家を買おうと決断するが…

神話的エピソード

イギリス労働者階級の悲哀を
リアリズムとユーモアで描く、
ケン・ローチ監督作の中で最も
神話的話が本作である。

所謂エディプス・コンプレックス
もののプロットはそのままに、
主人公の青年が離れようと
しても父に近づいていってしまう
哀しさが描かれている。
長年ケン・ローチの
脚本家として活躍してきた
ポール・ラヴァーティー
最高の脚本と言える。

主人公リアムは、
父の犯罪を庇って
刑務所に長年入っている
母親の愛に飢えると同時に、
父に対し恨みを持っている。
そして、母の出所間際に、
なんとかして自分の家を建てて、
母と一緒に暮らそうとするのだが、
ここはイギリスの片田舎な為、
簡単に稼ぐことはできない。
そして、父の麻薬をかっさらって
悪い商売を始める。
ヤクザに目を付けられて、
ヤクザの道へ進み、
友人を裏切り金と家を
手にしていくリアム。
あれよあれよという間に
父親と同じ存在になっていくのだ。
ケン・ローチ映画にしては
非常に重厚なヤクザ映画
として描かれている。

ケンローチのリアリズム

しかもケン・ローチ監督は、
素人俳優を使った即興性を
意識しているので、
後半のある衝撃的な展開は、
カメラが回るまで一切
教えなかったという。

リアム扮するマーティン・
コムストンの生の感情が爆発し、
連鎖的に赤ちゃんまで号泣する
シーンのリアリズムはなかなか
観ることのできない
インパクトを感じ取ることができた。

オペラ曲の意味

劇中で、本作のキャラクターたちが
到底聴くとは思えない、
映画に似つかわしくない
オペラ音楽が流れるが、

あれは「魔笛」の
「夜の女王のアリア」
だ。

「魔笛」のお話しが、まさに
善玉が悪玉に変わっていくモノなので、
より一層神話性見出すため、
効果的に使われていると言えよう。

ラストシーンについて

 さてゼミで母親は何故、
リアムのところではなく夫の家に
帰ったのかという問題が
上がっていたので言及する。
確かにDVらしいシーンはなかった為、
ストックホルム症候群とは考えにくい場面である。
 
私は、しっくり来る居場所
として夫の家を選んだ
のではないだろうかと考えている。
最終的に夫も息子の
リアムも似たもの同士になった。
妻はリアムが幼少期の
頃から刑務所にいたため、
出所してまず必要なのは
自分にしっくりくる居場所だ。
リアムの家という新居は、
どうも落ち着かない。そうなってくると
必然的に夫の家、かつての
思い出が詰まっている
夫の家に身体が向くはずである。

その理屈をリアムは結局
理解できなかった。
待ち受けるのは、文字通り父殺し。
父の家で父を殺すが結局母の
愛を独占することが出来ずに、
人生の行き止まりとも思える
海岸で哀愁に満ちた絶望を
魅せ物語は終わってしまうのである。

ケン・ローチが描く物語は常に、
複雑なイギリス下層階級で
起こっている過酷で凄惨な
状況を教えてくれる。
本作も、母の愛という
もっとも得やすいものすら
手に入れられない凄惨な
状態を反映した良作であった。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”東京国際映画祭スプラッシュ部門作品賞受賞「ケンとカズ」

第28回東京国際映画祭受賞結果発表! 東京グランプリ:「ニーゼ」 ブラジルの女医を描いた

続きを読む

“Ç”VHSでジャームッシュ「ミステリー・トレイン」

VHSを借りてみた 私の地元の図書館ではVHSを取り扱っているのだが、 今のご時世ほとんどV

続きを読む

“Ç”スター・ウォーズ6部作を2時間半でおさらいする方法

Star Wars:All 6 Films at Once 監督:マーカス・ローゼントレイター

続きを読む

“Ç”こんなバカンスは嫌だ「パラダイス三部作」特集③「神」

パラダイス:神(PARADIES: GLAUBE) 監督:ウルリヒ・ザイドル 出演:マリア・

続きを読む

【クラシック】「ひまわり」あのひまわり畑はウクライナ撮影

ひまわり(1970) I GIRASOLI(1970) 監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 出

続きを読む

【ネタバレ】「ハドソン川の奇跡」24分の事件をどうやってイーストウッドは映画化したのか?

ハドソン川の奇跡(2016) SULLY(2016) 監督:クリント・イーストウッド 出演

続きを読む

“Ç”「海を飛ぶ夢」地味すぎる実話を巧みに加工!尊厳死の本質に迫る

海を飛ぶ夢(2004) Mar adentro(2004) 監督:アレハンドロ・アメナーバル

続きを読む

“Ç”【カリコレ2016】「オフィス 檻の中の群狼」絶叫インターンシップ映画

オフィス 檻の中の群狼(2015) OFFICE(2015) 監督:ホン・ウォンチャン 出

続きを読む

“Ç”むちゃくちゃ過ぎる就活、「就職戦線異状なし」2017年卒とはギャップあるが観とこう!

就職戦線異状なし 監督:金子修介 出演:織田裕二、的場浩司、坂上忍etc 評価:20点

続きを読む

3面スクリーンの映画館ScreenX爆誕記念!今こそ観たい「西部開拓史」

3面スクリーンの映画館ScreenX爆誕! 7/1(土)よりお台場「ユナイテッド・シネマ アク

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【寅さんフルマラソン⑮】「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」メロン事件勃発

男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975) 監督:山田洋次, 出

「おとなの恋の測り方」の元ネタ「Corazón de León」を観てみた!

Corazón de León 監督:Marcos Carnev

【最終回】#45社会人になって思ったこと~時間とお金の関係~

社会人になって思ったこと~時間とお金の関係~ 4月から社会人として新

【新文芸坐】「ストップ・メイキング・センス」スタンディング強制上映が神イベントだった件

「ストップ・メイキング・センス」 スタンディング強制上映が 神イベ

【ネタバレ解説】「おとなの恋の測り方」大ヒットの秘訣はリアルな逆身長差カップル像にあり!

おとなの恋の測り方(2016) un homme à la haut

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑