*

第89回アカデミー賞受賞予想⑦~作品・監督賞~

第89回アカデミー賞受賞予想⑦~作品・監督賞~

第89回アカデミー賞受賞予想7

ついに、アカデミー賞予想も大詰め!
作品賞と監督賞を予想していきます!
ただ、毎年どちらかはハズしているので、
ブンブンの予想はそこまで
参考にならないかもしれないが
よろしくお願いします。

作品賞
BEST PICTURE

ノミネート一覧

1.「メッセージ

2.「Fences」
3.「ハクソー・リッジ」
4.「最後の追跡
5.「Hidden Figures」
6.「ラ・ラ・ランド
7.「LION/ライオン 25年目のただいま」
8.「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
9.「ムーンライト」

予想:ラ・ラ・ランド

今回のアカデミー賞は
黒人映画「ムーンライト」との
一騎打ちと言われているが、
恐らく「ラ・ラ・ランド」の圧勝だと
思われる。

バードマン」が作品賞を獲った年を
覚えているだろうか?
世間では「6才のボクが、大人になるまで。
が最有力というムードだったのだが
結果として「バードマン」が受賞した。
何故、「バードマン」が受賞できたのだろうか?
理由は2つ。
・業界内幕もの
・「6才の~」はインディーズ映画だった

「シカゴ」の時もそうだが、
アカデミー賞は映画業界人が
投票するので、どうしても
業界ものが強くなります。

また、アカデミー賞は各映画会社の
宣伝力によって左右されるので、
インディーズ映画が作品賞を獲る
ことはほとんどない。

そう考えると、
ハリウッド内幕ものの
「ラ・ラ・ランド」は強い存在となってくる。

また「ムーンライト」は
同性愛映画だということも
ネックになってくる。
昨年の「キャロル」のように、
評価は高くても作品賞は獲れなかったりする。
結構、同性愛映画は好き嫌いが分かれる。
そもそも同性愛が受け入れられない人が
隠れキリシタンのように存在する。
彼らは、ゼッタイに他の作品に投票するので、
十分に票を獲得することができない。

つまり、「ラ・ラ・ランド」が
作品賞を獲るのは必然的と言えよう。

監督賞
BEST DIRECTOR

ノミネート一覧

1.ドゥニ・ヴィルヌーヴ「メッセージ」
2.メル・ギブソン「ハクソー・リッジ」
3.デミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド」
4.ケネス・ロナーガン「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
5.バリー・ジェンキンス「ムーンライト」

予想:デミアン・チャゼル
「ラ・ラ・ランド」

アカデミー賞において、
作品賞と監督賞は別の作品に
したいという想いはあるのだが、
今回ばかりは「ムーンライト」の
バリー・ジェンキンスには
賞をあげられないだろう。

なんたって、「ラ・ラ・ランド」の
ダミアン・チャゼル監督が
行った偉業が凄すぎるから。

コッポラ、スコセッシ、アレンが
1950年代ハリウッドミュージカル
の再生を目指し映画化したが、
すべて興行収入面で大失敗している。

何故、あの巨匠が大失敗したのかという
永遠の謎を解き明かした
「ポアンカレ予想」さながらの
偉業を弱冠31歳でダミアン・チャゼル監督は
成し遂げたのです!

あの巨匠達はハリウッドミュージカルを
過去の産物としてノスタルジックに
描いてしまっていた。

しかし、1950年代のハリウッドミュージカルは
第二次世界大戦後、アメリカに帰ってきたものの
仕事もなくPTSDやドラッグ、アルコール
中毒になって精神不安定になっている
軍人の現実逃避の娯楽として
存在していた。
つまり、リメイクするなら
過去なんか顧みず、
明るく斬新でなければいけない。
実際に60年代のフレンチミュージカルや
後の第二次和製
ミュージカルブーム
(第一次は1930年代の
オペレッタ時代劇の頃)などの
成功と比較すれば一目瞭然。
ノスタルジーの「ノ」の字も入っていない。

ダミアン・チャゼル監督はそれを
しっかり理解した上で、
「シェルブールの雨傘」や
東京流れ者」までをサンプリングして
映画化した。
しかも、ただ引用するのではなく、
ミュージカル映画について詳しくない人でも
十分楽しめる、古いミュージカル映画に
興味を持ってもらえるような
作りをしている。まさに
タランティーノもびっくりな
演出能力。

これは、アカデミー賞監督賞を
獲らせなきゃダメだ。

ってことで、
ブンブンは監督賞は
ダミアン・チャゼルが獲るだろうと
予想します。

第89回アカデミー賞他部門予想

外国語映画賞、
長編ドキュメンタリー賞、
長編アニメーション賞

・主演男優賞、
主演女優賞

助演男優賞、
助演女優賞

作曲賞、歌曲賞
美術、衣裳デザイン、
メイクアップ&ヘアスタイリング賞

脚本賞、脚色賞
作品賞、監督賞
その他技術賞
短編ドキュメンタリー賞、
短編アニメーション賞

全部門予想まとめ

関連記事

【ラテンビート映画祭】「彼方から」金獅子賞受賞のベネズエラ産ゲイ映画

彼方から(2015) Desde allá/FROM AFAR(2015) 監督:ロレンソ・

続きを読む

【絶賛】『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 後編』全日本人注目ナオトのコミュ力!

ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 後編(2018) 監督:加藤肇 出演:ナオト

続きを読む

【受賞結果速報!】第89回アカデミー賞 作品賞は「ムーンライト」 「ラ・ラ・ランド」は最多6部門受賞

第89回アカデミー賞授賞式 今日は皆さんお待ちかね! 第89回アカデミー賞授賞式です。

続きを読む

【解説】『BPM ビート・パー・ミニット』日本のアクティヴィストに観て欲しい!

BPM ビート・パー・ミニット(2017) 120 battements par minute(2

続きを読む

【東京フィルメックス】『見えるもの、見えざるもの』インドネシアの『君の名は。』は『黄身の名は。』

見えるもの、見えざるもの(2017) The Seen and Unseen(2017) 監

続きを読む

【ブンブンシネマランキング2017】新作邦画部門第1位は『バンコクナイツ』空族イカしているぜ!

2017年ブンブン映画ベストテン (新作邦画編) 今年は邦画不作年、いや私の引きが悪く、ベス

続きを読む

【ブンブン速報】金獅子賞は「The Shape of Water(水の形)」オタクの鏡ギレルモ・デル・トロが受賞!第74回ヴェネチア国際映画祭受賞結果はコチラ! 

第74回ヴェネチア映画祭受賞結果速報 今年のベネチア国際映画祭は、東京国際映画祭の作品選定

続きを読む

“Ç”東京フィルメックスはこれを観ろ!「Taxi」「山河故人」「タルロ」etc

東京国際映画祭の次はフィルメックスだ! Processed with Moldiv[/capti

続きを読む

カイエ・デュ・シネマベストテン2017発表 1位はなんとテレビドラマ『ツイン・ピークス THE RETURN』

カイエ・デュ・シネマベストテン2017発表 今年もやってきましたカイエ・デュ・シネマベストテン

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞受賞速報!作品賞は「スポットライト」、「マッド・マックス」もV6達成!

第88回アカデミー賞受賞発表 今年は、なんと「マッド・マックス:怒りのデス・ロード」 が

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑