*

第89回アカデミー賞受賞予想⑥~脚本・脚色賞~

第89回アカデミー賞受賞予想⑥~脚本・脚色賞~

第89回アカデミー賞受賞予想6

今回は意外と物語を形作る上で
重要な脚本と脚色賞についての
予想です。
アカデミー賞において脚本賞は、
0から脚本家がつくりあげた
オリジナルの脚本に対する賞で、
それに対し原作がある方が
脚色賞となっています。

脚本賞
BEST ORIGINAL SCREENPLAY

ノミネート一覧

1.テイラー・シェリダン「最後の追跡

2.デミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド
3.ヨルゴス・ランティモス「ロブスター
4.ケネス・ロナーガン「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
5.マイク・マイルス「20センチュリー・ウーマン」

予想:
ケネス・ロナーガン
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

今年の脚本賞はかなりレベルが高い。
なんといっても、
ボーダーライン」の
テイラー・シェリダンが
脚本を手がけた原題西部劇
「最後の追跡」が非常に上手く
サブプライムローン問題の闇を
裏に隠しており上手い。

更にはサプライズノミネートの
「ロブスター」も、
SFなんだけれども、
結婚だけではなく就職活動にも
代替できる普遍性を持っている。
「ラ・ラ・ランド」は言うまでもない。

ただ、今回ハイレベルすぎて
上手く目立てていない
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に
賞を獲らせてあげたい。
現に第82回ニューヨーク
映画批評家協会賞や
第37回ボストン映画批評家協会賞等
他の映画賞で脚本賞を
獲りまくっているので
流れ的にも脚本賞は
これであろう。

脚色賞
BEST ADAPTED SCREENPLAY

ノミネート一覧

1.エリック・ハイセラー「メッセージ

2. オーガスト・ウィルソン「Fences」
3.アリソン・シュローダー、
テオドール・メルフィ
「Hidden Figures」
4. ルーク・デイヴィス
「LION/ライオン 25年目のただいま」
5.バリー・ジェンキンス、
タレル・マククレイニー「ムーンライト」

予想:バリー・ジェンキンス、
タレル・マククレイニー「ムーンライト」

何故か、脚本賞にいてもおかしくない
「ムーンライト」が脚色賞に回っていた。
それから察するに、
脚本賞を「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
に与えて、脚色賞を
「ムーンライト」にしたいのではという
思惑を感じ取りこの予想になった。

本当は、あの難解で映像化しにくい
「あなたの人生の物語」を
見事映画化に成功した
「メッセージ」に獲って欲しいのだがな~

第89回アカデミー賞他部門予想

外国語映画賞、
長編ドキュメンタリー賞、
長編アニメーション賞

・主演男優賞、
主演女優賞

助演男優賞、
助演女優賞

作曲賞、歌曲賞
美術、衣裳デザイン、
メイクアップ&ヘアスタイリング賞

脚本賞、脚色賞
作品賞、監督賞
その他技術賞
短編ドキュメンタリー賞、
短編アニメーション賞

全部門予想まとめ

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”第88回アカデミー賞受賞予想作品賞&監督賞 「スポットライト 世紀のスクープ」vs「マッド・マックス」

作品賞ノミネート一覧 ・「マネー・ショート華麗なる大逆転」 2016/3/4(金)公開 ・

続きを読む

”Ç”87回アカデミー賞予想5:作曲&主題歌賞

作曲と主題歌賞の違い 今回はアカデミー賞の「作曲賞」「主題歌賞」 について扱います。 とこ

続きを読む

TIFF2016鑑賞映画15「クラッシュ」護送車の中から観るエジプト98分(最終回)

クラッシュ(2016) 英題:Clash 原題:Eshtebak 監督:モハメド・ディア

続きを読む

【告知】「第7回 映画の“ある視点”について語ろう会」にゲスト出演決定

第7回 映画の“ある視点”について語ろう会 ~2017年上半期映画ベスト10をみんなで語り合おう!

続きを読む

【悲報】第29回東京国際映画祭チケット騒動顛末、果たしてブンブンは何枚取れたか?

東京国際映画祭チケット騒動勃発! 当ブログでも特集記事を 組むほど楽しみにしている 第

続きを読む

第74回ヴェネチア国際映画祭(2017)作品リスト発表!是枝裕和、北野武、ジョージ・クルーニーetc

第74回ヴェネチア国際映画祭作品リスト次々発表 ベルリン、カンヌと並ぶ世界三大映画祭の一つ

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~女優賞編~助演はルーニーVSアリシア

主演女優賞 ・ブリー・ラーソン「ルーム」 4月公開 ・ケイト・ブランシェット「キャロル」

続きを読む

第89回アカデミー賞受賞予想③~助演男優賞・助演女優賞~

第89回アカデミー賞受賞予想3 今回は助演男優賞と 助演女優賞について 予想していきます。

続きを読む

【東京国際映画祭特集】「誕生のゆくえ」普遍的すぎて個性がなかったな~

誕生のゆくえ(2016) 英語題:Being Born 原題:Be Donya Amadann

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~外邦画部門~

1.野のなななのか 日本が誇るカルト監督大林宣彦が、遺作にする気満々の超シュールなプロパガンダ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑