*

地球の急ぎ方~映画館シネマ尾道に行ってみた~

地球の急ぎ方~映画館シネマ尾道に行ってみた~

シネマ尾道に行ってみた


先日、リービ英雄ゼミの卒業旅行で
広島・尾道
に行きました!
これについては、また別の機会に
話すのだが、2日目に折角なので
尾道の映画館に行こうと
シネマ尾道を訪れました。

駅から徒歩2分、
入り口は少し分かりにくいのだが、
映画のポスターが沢山貼ってある
ところから入ります。

シネマ尾道は
公式サイトによると
2001年から、
映画の町にも関わらず
映画館がなくなってしまった
尾道に対し、
20代の女性・河本清順が
なんとかして映画館を復活させようと
仲間と一緒に2008年10月18日
開業に至った映画館です。

その映画館の特徴は
基本的にボランティアの力で
運営が成り立っていることにあります。

有給のスタッフはわずか4人。
残りは総てボランティアの方々が
行っています。

お手洗い等には、ボランティア
募集の案内が張ってありました。
上映作品は、
マダム・フローレンス」といった
ハリウッドメジャー作品から、
人生フルーツ」といった
知る人ぞ知るミニシアター系作品など
守備範囲が広い。

料金

・一般 1800円
・大学生、専門学校生 1500円
・シネマ尾道友の会 1300円
・シニア(60歳以上) 1100円
・高校生以下 1000円
・3歳以下 無料

☆あれこれ割引
・レディースデー 1100円
(毎週水曜日)
・メンズデー 1100円
(毎週月曜日)
・シネマデー 1100円
(毎月1日)
・シニア割引 1100円
60歳以上の方 
・カップルデー 2200円
(毎月22日)
・夫婦50割引 2200円
(どちらか50歳以上の夫婦)
・外国人割引 1000円
・障がい者割引 1000円
(本人+付き添い1名まで)
・はしご割引 1100円
(当日2本目以降の鑑賞)

どうでしょう、実に多くの
割引があることが分かります。
特に「はしご割引」は本当に、
映画好きにとって嬉しいモノを
感じますね。

中古パンフレットコーナー


シネマ尾道には、
中古パンフレットコーナーがあり、
1枚200円以上、
自分が払いたい金額だけ
BOXに入れて購入する特殊な
スタイルとなっている。
ソクーロフの「ファウスト」や
モレッティの「母よ、」

ようなコアな作品の
パンフレットが眠っており、
驚きでした。

劇場内


劇場内は、まるでコンサートホールかな
と思う程広々としています。
112席ゆとりある空間となっている。
特に天井が非常に高いので、
音が観客席全体に
ヴォリューム感を持って
伝えることができます。
また、座席もそこまで硬く
ないので、3時間以上の
長尺映画でも堪えられそう。

ってことで、明日は
実際にシネマ尾道で観た
狂い咲きサンダーロード
オリジナルネガ・リマスター版
」の
感想を書いていくぞ!
(シネマ尾道公式サイト)

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

#2017年上半期映画ベスト10 「第7回映画の“ある視点”について語ろう会」の結果発表

「第7回映画の“ある視点”について語ろう会」 上半期ベストテン発表 先月7/22(土)に

続きを読む

アレクサンダー・ペイン新作『ダウンサイジング』が完全『ウルトラQ 1/8計画』だった件

アレクサンダー・ペイン新作 Downsizing製作中 IMDbを読んでいたら、「ネブラスカ

続きを読む

「ブロンド少女は過激に美しく」は官能ではない!もう一つの「裏窓」だ!

ブロンド少女は過激に美しく(2009) 原題:SINGULARIDADES DE UMA RAPA

続きを読む

『死んだってへっちゃらさ』クレール・ドゥニ幻の作品を新文芸座で!

死んだってへっちゃらさ(1990) S'EN FOUT LA MORT(1990) 監督:ク

続きを読む

【続編ネタバレなし】「T2 トレインスポッティング」わーい!すごーい!たーのしー!

T2 トレインスポッティング(2017) T2 Trainspotting(2017) 監督

続きを読む

“Ç”フランスのミニシアターles 400 coups

学校の街探検で、噂に聞いていた ミニシアターles 400 coupsを 発見しました(≧∇

続きを読む

【リポート】遊べるレアンドロ・エルリッヒ展!『ザ・スクエア』を読み解く鍵ここにあり?

レアンドロ・エルリッヒ展に行ってきた 2017.11.18(土)~2018.4.1(日)の間、

続きを読む

スウェーデン映画「さよなら、人類」:動く絵画から滲め出る笑いレイキャビックBíó Paradísにて

本年度ヴェネチア国際映画祭で 金獅子賞を獲ったのは、 とてもシュールな作品だ。 イニャ

続きを読む

『火花』映画監督の才能あるお笑い芸人・板尾創路

火花(2017) 監督:板尾創路 出演:菅田将暉、桐谷健太、木村文乃etc 評価:80

続きを読む

ハリウッドセレブがドロドロリン「マップ・トゥ・ザ・スターズ」プラハのミニシアターKINO ATLASにて

監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演:ジュリアン・ムーア、 ミア・ワシコウスカetc

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑