*

【試写会】「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」ギレンホールがデモリッションマンに!

【試写会】「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」ギレンホールがデモリッションマンに!

雨の日は会えない、
晴れた日は君を想う(2016)
DEMOLITION(2016)


監督:ジャン=マルク・ヴァレ
出演:ジェイク・ギレンホール、
ナオミ・ワッツ、クリス・クーパーetc

評価:70点

一昨日、試写会で、
「雨の日は会えない、
晴れた日は君を想う」

を観てきました。
本当は、10月の
北欧旅行の際飛行機で
観られたのだが、
リスニング能力に自信が
なかったので、見送っていた
作品だけに日本公開
決まって本当に嬉しい(*^_^*)

しかし!
食指が全く動かない邦題に
なってしまい、興行的に
まずいことになりそうな
予感しかない作品でもある。
実際、試写会会場では
感想をSNSで投稿すると
マスコミ用プレスシートが
貰えるキャンペーンを
実施されていたので、
苦労が伺える。

そんな「雨の日は会えない、
晴れた日は君を想う」
みていきましょう!

「雨の日は会えない、
晴れた日は君を想う」あらすじ

↑これから観る予定の人は
予告編は観ないでください。

妻を交通事故で失った。
哀しみに暮れる男は
ストレスを上手く発散できず、
デモリッションマン(破壊屋)に
なっていくのであった…

邦題問題

「ダラス・バイヤーズクラブ」
私に会うまでの1600キロ」の
ジャン=マルク・ヴァレ最新作

配給会社は、
demolition(=取り壊し、破壊、打破)というタイトルから
邦題を決めるのに苦労した結果、
全く食指が動かない
「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」
にしてしまった。

確かに「デモリッション」じゃ
スタローン映画っぽくなるので
変える必要はあるが、、、

閑話休題、
こんな食指が動かないタイトルなのだが、
これが中々の秀作だった。
ただ、厄介なことに
予告編も何も観ないでの
鑑賞推奨作品なので多くは
語れないのが歯がゆい。
今回は2つ見所を紹介します。

その1:
ギレンホールの顔芸が凄い!

「ナイトクローラー」で狡猾な
パパラッチを演じたギレンホールが、
これまた秀逸な演技を魅せる。
金融機関の上層部で
エリートとして働く男が
妻を交通事故で、心が壊れていき、
まさにデモリッションマンに
なっていく様子を、
微妙な表情の変化で魅せる。
観客が「あっ壊れちゃったな」と
思うシーンのギレンホールが本当に怖い。
永い言い訳」の本木雅弘
以上の手数を魅せてくる。

その2:
Fワードの手数で勝負する脚本

本作をこれから観る人は、
Fワードに注目して本作を観てほしい。
壊れた男の世界をとある
Fワードが支配しているのだが、
一つ一つが違ったニュアンスを与えていて、
そこまで使い方に拘るか〜と唸らされる。
ここまでFワードの使い方にこだわるからこそ、
ギレンホールがデモリッションマンに
なってからの気持ちが繊細に見えるのだ。
破壊と静寂を見事に両立させた
凄腕脚本である。
結構字幕ではわかりにくい
Fワード使い方が演出されているので、
良く耳を澄ませてください。

何故行き場を失った心に惹かれるのか?

監督は、
「ダラス・バイヤーズクラブ」
「わたしに会うまでの1600キロ」、
そして本作と
行き場を失った心に着目した作品を
作る。

その理由について監督は、
「僕は、幸せを掴もうと
もがいている人に興味があるんだ。」

と述べている。

そして「フライト」「きみがくれた物語」
の脚本家ブライアン・サイプの
脚本に引き込まれ、
彼の作品を世界に観てほしい。
感情をさらけ出すことのできる人々を
賞賛したいという想いで
この作品を製作したとのことです。

最後に…

雨も晴れのシーンもほとんど出てこず、
曇りばかり
で完全
邦題負けしている
作品ですが面白いです。
時間に追われるストレス社会。
誰しもが抱く破壊願望。
ギレンホールの壊れた
サラリーマンの破壊が
あなたの悩みの塊を
デモリッション(=破壊)してくれる
良い処方箋になることでしょう。

2/18(土)より新宿シネマカリテ他にて公開。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

TIFF2016鑑賞記録1「7分間」学生にこそ観て欲しい企業の雇用トラップ!

7分間(2016) 7 Minutes(2016) 監督:ミケーレ・プラチド 出演:オクタ

続きを読む

“Ç”「ブルックリン」留学経験者が語る2つの故郷

ブルックリン(2015) BROOKLYN(2015) 監督:ジョン・クローリー 出演:シ

続きを読む

“Ç”フランス版キネマ旬報「カイエ・ドゥ・シネマ」を読もう

映画オタク必読カイエ・ドゥ・シネマとは? フランス代表の老舗映画批評誌である。 エリック・ロメール

続きを読む

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「キング・オブ・エスケープ」アラン・ギロディによるゲイの新世界

キング・オブ・エスケープ(2010) LE ROI DE L'EVASION(2010) 監

続きを読む

【ネタバレなし】「マグニフィセント・セブン」ガトリング、お前だけはアウトだ!

マグニフィセント・セブン(2016) THE MAGNIFICENT SEVEN(2016)

続きを読む

“Ç”男向け道徳教科書「フレンチアルプスで起きたこと」

Turist 監督:リューベン・オストルンド 出演:ヨハネス・クーンケ、リサ・ロブン・コングスリe

続きを読む

“Ç”狭い一室からヒップホップが生まれた「THE COCKPIT」OMSBとbimのコラボレーション

THE COCKPIT 監督:三宅唱 出演:OMSB,bim,Hi'Spec,VaVa,He

続きを読む

【ドグマ95研究】「ジュリアン」精神分裂病患者の脳内をトリップ!サイケ過ぎるww

ジュリアン(1999) JULIEN: DONKEY BOY(1999) 監督:ハーモニー・

続きを読む

“Ç”ネタバレ厳禁!衝撃のSF映画「プリデスティネーション」

プリデスティネーション(2014) PREDESTINATION(2014) 監督:マイケル・スピ

続きを読む

【プールサイドマン公開記念】「七日」は「パターソン」の対極を行く日常映画だ!

七日(2015) 7Days(2015) 監督:渡辺紘文 出演:渡辺紘文,平山ミサオ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【酷評】『GODZILLA 怪獣惑星』が実質『パシフィック・リム:アップライジング』の続編だった件

GODZILLA 怪獣惑星(2017) 監督:静野孔文,瀬下寛之

【解説】『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ!

エンドレス・ポエトリー(2016) 原題:Poesia Sin Fi

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑