*

映画芸術2016ベスト&ワースト映画! ワーストは「怒り」 そしてベストは…

公開日: : 最終更新日:2017/01/30 映画祭&映画賞

映画芸術2016ベスト&ワースト映画! ワーストは「怒り」 そしてベストは…

2015年「映画芸術」ベスト&ワースト発表

さあさあ、映画人待望の映画芸術の
ベストテン及びワーストテンが発表されたぞ!
映画芸術ベストテンとは、
名脚本家・荒井晴彦主体となって、
世間では絶賛の作品をあっさりワーストに
切り捨てたり、「えっ知らねえよ!」
という作品がベストテンに入ったりする
ひねくれまくったカオスな映画賞で、
もはや荒井晴彦の嫌がらせ
映画賞として映画ファンの
間で悪名高き存在となっている。

2016年度は、
荒井晴彦が「君の名は。」と
「この世界の片隅に」

ボロクソに言っているのを目撃
したため、ワースト1位は
この2つかと思われたのだが…

※青下線をクリックすると各作品のレビューが観られます。

ベストテン

1.この世界の片隅に

2.聖の青春

3.ディストラクション・ベイビーズ

4.団地

5.リップヴァンウィンクルの花嫁

6.オーバー・フェンス

7.続・深夜食堂

8.セトウツミ

9.溺れるナイフ

10.ケンとカズ

意外と普通のベストテンでした。
なんと映画芸術もベスト1は
「この世界の片隅に」という
ところにある種衝撃を受けた。
昨年は荒井晴彦脚本作が
なかったので、1位は
「ケンとカズ」や「SHARING」かな?
と思いきやこれだから驚いた。

また、結構メジャーどころの映画が多く、
「SHARING」「無垢の祈り」
みたいなマイナーどころの傑作は
入らなかったのが面白いところ。
それでは、ワーストも見てみましょう。

→NEXT:ワーストテン

ページ: 1 2

関連記事

TIFF2016鑑賞記録3「シエラネバダ」これはルーマニア版「サザエさん」3時間スペシャルだ!

シエラネバダ(2016) SIERANEVADA(2016) 監督:クリスティ・プイウ 出

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~家洋画部門~

1.ニンフォマニアック ラース・フォン・トリアーはこの映画を作るために今までのキャリアを踏んだ

続きを読む

2016年ブンブン映画ベストテン(新作邦画編) 1位は「何者」

2017年ブンブン映画ベストテン (新作邦画編) 今年は、異常な程 日本映画が豊作であった

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想6:視覚効果・撮影・編集・音響編集賞

予想ムズい?技術賞 動画や映画を撮っているブンブンにとって 非常に興味深い技術賞。 今回、「バ

続きを読む

【東京国際映画祭特集】「誕生のゆくえ」普遍的すぎて個性がなかったな~

誕生のゆくえ(2016) 英語題:Being Born 原題:Be Donya Amadann

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録6「あなた自身とあなたのこと」初ホン・サンスは「君の名は。」だった…

あなた自身とあなたのこと(2016) Yourself and Yours(2016) 監督

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~外邦画部門~

1.野のなななのか 日本が誇るカルト監督大林宣彦が、遺作にする気満々の超シュールなプロパガンダ

続きを読む

【第29回東京国際映画祭】10/15(土)チケット争奪戦開始TIFFで観るべき作品15選!

第29回東京国際映画祭 10/25~11/3開催! 今年も東京国際映画祭の シーズンがやっ

続きを読む

“Ç”「ピンク・フラミンゴ」ジョン・ウォーターズ絶賛、サイケな映画「THE FORBIDDEN ROOM」

ジョン・ウォーターズの2015年ベストテン 先日、「ピンク・フラミンゴ」や「シリアル・ママ」の

続きを読む

“Ç”最低映画の祭典第36回ラジー賞受賞結果速報

第36回ラジー賞受賞発表! 皆さん、明日は待望のアカデミー賞 授賞式ですが、何か忘れていませ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑