*

【ベルリン国際映画祭特集】「グロリアの青春」熟女のみずみずしいラブストーリー

【ベルリン国際映画祭特集】「グロリアの青春」熟女のみずみずしいラブストーリー

グロリアの青春(2013)
Gloria(2013)


監督:セバスティアン・レリオ
出演:パウリナ・ガルシア

評価:50点

来月2/9より
第67回ベルリン国際映画祭が
始まる為か、NETFLIXに
最近ベルリン国際映画祭ものが
沢山入荷している。

信頼のおける映画祭分析&解説
サイト「海から始まる!?」さんに
よると、今回の金熊賞は
セバスティアン・レリオ監督の
「Una mujer fantástica
(A Fantastic Woman)

なるのでは?と予想していたので、
彼の旧作「グロリアの青春」を観てみた。

なんと製作は2010年代チリ映画を
代表とする巨匠・パブロ・ラライン
とのことだが果たして…

「グロリアの青春」あらすじ

58歳のキャリアウーマンは、
子供を育てあげ、夫とは
離婚し孤独な日々を送っていた。

そんなある日、
ダンスホールで元海軍将校で
実業家のロドルフォと出会い、
愛を育むのだが…

ありそうでなかった愛の物語

熟女の恋愛映画となると、
どうしてもバイアスがかかり、
歪つで滑稽なつくりを売りに
する作品が多くなってしまう。

しかしながら、本作は
まるで30歳の女性を主人公にした
大人女子映画のように
みずみずしく情事を描いた作品である。

出会って一夜にしてベッドを共にし、
それも58歳という老いを忘れてしまったかの
ような激しい性交に励む。
そして、理想と現実のギャップに
苦しみ、熱い愛が冷めていく様子を、
パウリナ・ガルシアが好演している。

本作で彼女はベルリン国際映画祭
女優賞
を受賞したのだが、
それも分かるほど、
リアルで、フェロモンも出ていて、
表情豊かで深い演技をしている。
段々魅力的に感じていくのだ。

特に象徴的なのが、
骸骨のマリオネット使い
と遭遇する描写。
たかが大道芸人なんだけれども、
自らの老いを感じさせ
なんとも言えない哀しさに
包まれる様子を表情だけで
見せていくのだがこれが
とっても印象的。

また、劇中で掛かる
Umberto Tozziの
「Gloria」
を歌い
踊るシーンもこれまた
チャーミングだった。

しかし、嵌まらない…

ブログを書いていくと、
本作の魅力が滲み出てくるのだが、
実は観ている時には
正直合わなかった。

22歳の自分には理解できないところが
多いせいなのだろうか?
全体的に、老人同士の駆け引き描写が
鈍重に見えて、
失速しっぱなしだったと思う。

恐らく、結婚し子育ても経験しないと、
本作のおばあちゃんとおじいちゃんの
価値観の違いによる哀しさは
分からないのだろう。

とはいえ良作なので、
是非セバスティアン・レリオには
金熊賞を獲ってほしい。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”こんなバカンスは嫌だ「パラダイス三部作」特集①「愛」

ウルリヒ・ザイドル監督作に挑戦! オーストリア映画って実はゲテモノ映画を 定期的に輩出している国

続きを読む

「劇場版 艦これ」ただのシネフィルが観に行った結果…

劇場版 艦これ(2016) 監督:草川啓造 出演:上坂すみれ、 藤田咲etc 評価:

続きを読む

“Ç”美青年は変人家庭で発狂!「コスモス」TIFFワールド・フォーカス部門

コスモス(COSMOS) 監督:アンジェイ・ズラウスキ 出演:ジョナサン・ジュネ 評価

続きを読む

“Ç”あなたは勝てますか?byレオナール藤田「FOUJITA」

FOUJITA 監督:小栗康平 出演:オダギリジョー、中谷美紀、岸部一徳etc 評価:

続きを読む

“Ç”キング・レコードの「続・死ぬまでにこれは観ろ!」ラインナップが神ww

新宿 紀伊國屋でお買い物♪ 先日、新宿紀伊國屋のDVDコーナーで ウキウキしていました。 とい

続きを読む

デンマークの実写版マインスイーパー「ヒトラーの忘れもの(TIFFタイトル:地雷と少年兵)」

東京国際映画祭開幕!! 遂にやってきました東京国際映画祭! ブンブンも六本木にやってきました

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~家邦画部門~

1.鴛鴦歌合戦 学校の映画の授業で先生が「笑えるけど泣ける」と絶賛していた。 タイトルは厳つ

続きを読む

【ネタバレ】「ドント・ブリーズ」チアルートに次ぎ、この盲目超人もキテルw あっとこれコメディですw

ドント・ブリーズ(2016) Don't Breathe(2016) 監督:フェデ・アルバレ

続きを読む

“Ç”ベルリン国際映画祭金熊賞受賞パナヒ最新作「人生タクシー」東京フィルメックスにて

タクシー(TAXI) 監督:ジャファル・パナヒ 出演:ジャファル・パナヒetc 評価:

続きを読む

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 大学4年生の映画オタク。 年間500本、映画館では150本以上 観ている

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑