*

【ベルリン国際映画祭特集】「グロリアの青春」熟女のみずみずしいラブストーリー

【ベルリン国際映画祭特集】「グロリアの青春」熟女のみずみずしいラブストーリー

グロリアの青春(2013)
Gloria(2013)


監督:セバスティアン・レリオ
出演:パウリナ・ガルシア

評価:50点

来月2/9より
第67回ベルリン国際映画祭が
始まる為か、NETFLIXに
最近ベルリン国際映画祭ものが
沢山入荷している。

信頼のおける映画祭分析&解説
サイト「海から始まる!?」さんに
よると、今回の金熊賞は
セバスティアン・レリオ監督の
「Una mujer fantástica
(A Fantastic Woman)

なるのでは?と予想していたので、
彼の旧作「グロリアの青春」を観てみた。

なんと製作は2010年代チリ映画を
代表とする巨匠・パブロ・ラライン
とのことだが果たして…

「グロリアの青春」あらすじ

58歳のキャリアウーマンは、
子供を育てあげ、夫とは
離婚し孤独な日々を送っていた。

そんなある日、
ダンスホールで元海軍将校で
実業家のロドルフォと出会い、
愛を育むのだが…

ありそうでなかった愛の物語

熟女の恋愛映画となると、
どうしてもバイアスがかかり、
歪つで滑稽なつくりを売りに
する作品が多くなってしまう。

しかしながら、本作は
まるで30歳の女性を主人公にした
大人女子映画のように
みずみずしく情事を描いた作品である。

出会って一夜にしてベッドを共にし、
それも58歳という老いを忘れてしまったかの
ような激しい性交に励む。
そして、理想と現実のギャップに
苦しみ、熱い愛が冷めていく様子を、
パウリナ・ガルシアが好演している。

本作で彼女はベルリン国際映画祭
女優賞
を受賞したのだが、
それも分かるほど、
リアルで、フェロモンも出ていて、
表情豊かで深い演技をしている。
段々魅力的に感じていくのだ。

特に象徴的なのが、
骸骨のマリオネット使い
と遭遇する描写。
たかが大道芸人なんだけれども、
自らの老いを感じさせ
なんとも言えない哀しさに
包まれる様子を表情だけで
見せていくのだがこれが
とっても印象的。

また、劇中で掛かる
Umberto Tozziの
「Gloria」
を歌い
踊るシーンもこれまた
チャーミングだった。

しかし、嵌まらない…

ブログを書いていくと、
本作の魅力が滲み出てくるのだが、
実は観ている時には
正直合わなかった。

22歳の自分には理解できないところが
多いせいなのだろうか?
全体的に、老人同士の駆け引き描写が
鈍重に見えて、
失速しっぱなしだったと思う。

恐らく、結婚し子育ても経験しないと、
本作のおばあちゃんとおじいちゃんの
価値観の違いによる哀しさは
分からないのだろう。

とはいえ良作なので、
是非セバスティアン・レリオには
金熊賞を獲ってほしい。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレなし 】「本能寺ホテル」綾瀬はるかと濱田岳の良さを存分に発揮!万城目学さん涙目

本能寺ホテル(2017) 監督:鈴木雅之 出演:綾瀬はるか、 濱田岳、堤真一etc

続きを読む

“Ç”イタリアで買った邦画「ヒルコ/妖怪ハンター」

ボローニャで見つけたB級映画 留学中、イタリアのボローニャに 行った時にDVDが安いことに 気づき

続きを読む

“Ç”アカデミー賞助演女優賞最有力アリシア・ヴィキャンデル出演作「EX MACHINA(エクス・マキナ)」

エクス・マキナ(2015) EX MACHINA(2015) 監督:アレックス・ガーランド 出演:

続きを読む

【寅さんフルマラソン②】「続・男はつらいよ」寅次郎、ラブホで母に会うの巻き

続・男はつらいよ(1969) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子, 山崎努,前田

続きを読む

“Ç”関西弁字幕で映画を観よう「サウス・パーク/無修正映画版」

サウス・パーク/無修正映画版 South Park: Bigger, Longer &

続きを読む

「聖の青春」村山聖VS羽生善治の静かな闘いを疑似体験

聖の青春(2016) 監督:森義隆 出演:松山ケンイチ、 東出昌大、染谷将太etc

続きを読む

“Ç”フランス映画「穴 Le Trou(1960)」危険過ぎて冷や汗脱獄映画

穴(1960) Le Trou(1960) 監督:ジャック・ベッケル 出演:ジャン=ケロデ

続きを読む

“Ç” チェ、アデルへの挑戦「アデル、ブルーは熱い色」比較

昨年、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「アデル、ブルーは熱い色」。 これ、友だちと軽いノ

続きを読む

「君の名は 第二部」まいっちんぐ真知子さんの悲劇

君の名は 第二部(1953) 監督:大庭秀雄 出演:岸惠子、佐田啓二、 淡島千景、小林トシ

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞受賞速報!作品賞は「スポットライト」、「マッド・マックス」もV6達成!

第88回アカデミー賞受賞発表 今年は、なんと「マッド・マックス:怒りのデス・ロード」 が

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑