*

【試写会&ネタバレなし】「ラ・ラ・ランド(LA LA LAND)」アカデミー賞作品賞当確!?50年代ミュージカル完全復活

【試写会&ネタバレなし】「ラ・ラ・ランド(LA LA LAND)」アカデミー賞作品賞当確!?50年代ミュージカル完全復活

ラ・ラ・ランド(2016)
LA LA LAND(2016)


監督:ダミアン・チャゼル
出演:エマ・ストーン、
ライアン・ゴズリング、
J.K.シモンズetc

評価:85点


ゴールデン・グローブ賞7部門制覇
始め、世界各国の映画賞総なめ、
アカデミー賞作品賞当確だろう
といわれている「セッション」の
ダミアン・チャゼル最新作
「ラ・ラ・ランド」。

日本公開は2/24(金)と先なのだが、
Filmarksの試写会が当たったので、
先日GAGAの試写室で一足早く
観てきました!
(ネタバレ「ラ・ラ・ランド」解説記事は
コチラ
)

「ラ・ラ・ランド」あらすじ

売れない女優ミアと
売れないジャズピアのセバスチャン。
二人は最初こそ馬が合わずぶつかり合う
のだが、段々と恋心が
芽生えていく。しかし…

何故、「LA LA LAND」は成功したのか?

本作が凄いのは町山智浩も言及していることだが、
スコセッシやコッポラ、ノスタルジー映画
が得意なウディ・アレンですら興行収入で
失敗している1950年代ハリウッド
ミュージカルの復活

たった31歳の監督が
見事成功させている点である。
実際、本作を観ると、
「ワン・フロム・ザ・ハート」や
「世界中がアイ・ラヴ・ユー」
とは
明らかに違う作りをしているのがわかる。

何故、従来の監督は50年代ハリウッド
ミュージカルの復活に失敗したのか?
それは、あの時代のミュージカルを完全に
理解していなかったことにある。

1950年代のハリウッドミュージカルは
当時まだ高価で大作にしか使われなかった
テクニカラーを使用した作品が多かった。
カラーは珍しかったので、
役者のファッションを美しい赤や黄、青
でとにかるカラフルに彩ろうとしていたのだ。

さらに、老若男女誰でも楽しめる
ようにとにかく明るく、そして斬新な
演出で映画を盛り上げようとしていた。
つまり当時としては最先端の
娯楽だった。

「ワン・フロム・ザ・ハート」や
「世界中がアイ・ラヴ・ユー」は
50年代ハリウッドミュージカルに
対しノスタルジー路線で描いていたのだが、
ノスタルジー色と当時のカラフルさは
反発しがちである。
さらに、50年代ハリウッド
ミュージカルは最先端、言わば未来の映画だった
のに対し、これらの作品は過去の作品に
してしまったから、古くささを感じ
ヒットしなかったのだろう。

その点、「ラ・ラ・ランド」は
最先端の映画だ。
もちろん本作も、画面サイズを
当時の大作映画で使われた
超横長2.35:1のシネマスコープ
に設定したり、
「バンド・ワゴン」や「巴里のアメリカ人」、
さらにはフレンチミュージカルの代名詞
「シェルブールの雨傘」
「ロシュフォールの恋人たち」
などを
引用する、シネフィルのための
リップサービスはある。

しかし、現在だからこそ
できるテクニックを存分に使って
演出している。まさに未来の映画に
なっているのだ。

ポイント1.夜の描写

まず注目する点は、
夜の描写が非常に多く、
それがどれも美しいという点だ。

1950年代の映像技術では、
まず夜の撮影は厳しかった。
なぜならば、暗すぎて
被写体が全然見えないからだ。
だから、道路に水をまいて
その反射で撮ったり、
昼間に撮影して、
フィルターで簡易的に夜を演出していた。

ミュージカルの場合
被写体を魅せなきゃいけないため、
基本的には夜の場面はセットで作り込んでいた。

しかし、本作では積極的に
夜のシーンに挑んでいる。
もちろん、昼間に撮影し
フィルターを掛けて夜に
魅せてたりはするものの、
50年代にはありえない
ようなロケによる撮影、
そして夜の青と役者の
ファッションの絶妙な
コントラストを作り込むことに成功している。

2.音楽の使い方

本作のテーマは、「固執」である。
売れないジャズピアニストは、
従来のジャズに惚れ込み、
電子音楽等を使う新しいジャズに
嫌気をさしている。

しかし、時代に合わせて変化しなくては
ならない苦悩を描いている。
それだけに、本作も
予告編ではポップなジャズ
ばかりなのだが、
ロックやニュースタイルの
ジャズを取り入れる
ことで未来の映画にしている。

特に注目して欲しいのは
思わぬ箇所で80年代
ロックがかかるシーンだ。
a-haの
「Take On Me」,
A Flock of Seagullsの
「I RAN」

流れるのだ!
この斬新さには
圧倒されました。

長回し

本作では、1950年代には
出来ないような舐めるような
カメラワークで縦横無尽に
世界を駆け回り、
しかもその一つ一つが長回し
なのである。

特に注記すべき点は、
冒頭10分近い、
ミュージカルシーンは、
どうやってリハーサルを
したのだろうと思う程、
ぐにゃんぐにゃんにカメラが
動き回るので注目。

これはアカデミー賞だろう!

ストーリー内容的には、
対抗馬の「Moonlight」や
「Manchester by the Sea」

の方が上手だろう。

しかしながら、どんな人も
夢中にさせる圧倒的な
美しさ、そして
エマ・ストーンと
ライアン・ゴズリングの
上手すぎる演技に痺れる
こと間違いなし。

恐らく、今回のアカデミー賞では、
作品賞、主演女優賞、
美術賞、編集賞、
衣裳デザイン賞、
メイクアップ&ヘアスタイリング賞

あたりは受賞するのではないだろうか?

監督賞も、従来の巨匠が
できなかったことを
成し遂げているので、
対抗馬の勢い次第だが
十分狙えると言えよう。

→NEXT:予習にオススメな作品

ページ: 1 2

関連記事

【寅さんフルマラソン㉔】「男はつらいよ 寅次郎春の夢」アメリカの寅次郎出現!

男はつらいよ 寅次郎春の夢(1979) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,林寛子

続きを読む

【クラシック】「カトマンズの男」はベルモンド、タンタン風ボンドガール乗せ!

カトマンズの男(1965) LES TRIBULATIONS D'UN CHINOIS EN CH

続きを読む

【ネタバレなし】『ハルチカ』観逃していませんか?髭男爵の元相方が放つ大大大傑作アイドル映画を

ハルチカ(2017) 監督:市井昌秀 出演:佐藤勝利、橋本環奈、小出恵介etc 評価:

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「湖の見知らぬ男」日本公開不可能な濃密LGBTサスペンス!

湖の見知らぬ男(2013) L'inconnu du lac(2013) 監督:アラン・ギロ

続きを読む

【20センチュリー・ウーマン公開記念】「サムサッカー」がチェ・ブンブンそのものだった件

サムサッカー(2005) Thumbsucker(2005) 監督:マイク・ミルズ 出演:

続きを読む

「ブレックファスト・クラブ」青春映画の金字塔はかなりの異色作だった件

ブレックファスト・クラブ(1985) THE BREAKFAST CLUB(1985) 監督

続きを読む

「光をくれた人」鬱映画のD.シアフランス作品!ファスベンダーの顔が綺麗すぎじゃね?

光をくれた人(2016) The Light Between Oceans(2016) 監督

続きを読む

【ネタバレ】『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』と『最後のジェダイ』の意外な関係性

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活(2017) 監督:ウシロシンジ 出演:上白石

続きを読む

【TIFF2017】『マリリンヌ』A・デルミー女優賞受賞も納得のトラウマ人生劇

マリリンヌ(2017) Maryline(2017) 監督:ギヨーム・ガリエンヌ 出演:ア

続きを読む

#2017年上半期映画ベスト10 「第7回映画の“ある視点”について語ろう会」の結果発表

「第7回映画の“ある視点”について語ろう会」 上半期ベストテン発表 先月7/22(土)に

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑