*

「MILES AHEADマイルス・デイヴィス 空白の5年間」ドンさんの愛は分かった。しかし…

「MILES AHEADマイルス・デイヴィス 空白の5年間」ドンさんの愛は分かった。しかし…

MILES AHEAD
マイルス・デイヴィス 空白の5年間(2016)

miles-ahead
監督:ドン・チードル
出演:ドン・チードル、
ユアン・マクレガーetc

評価:35点

「ホテル・ルワンダ」の名優
ドン・チードル
が初監督を
したと話題になった作品が
いよいよ日本登場。
ライムスター宇多丸の
ウィークエンドシャッフル

来年1発目のウォッチ作品にも
なっている為観てきました。
「死刑台のエレベーター」の
サントラで有名な
マイルス・デイヴィス。
彼の生き様をどう
切り取ったのだろうか?

「MILES AHEAD」あらすじ

ジャズの帝王と呼ばれ
一世を風靡したマイルス・デイヴィス。
しかし彼は1970年代後半、
ドラッグに溺れ活動を休止。
一人荒んだ生活を送っていた。
そんな彼の前に音楽レポーターが
やってくる…

玄人向け伝記映画

正直、マイルス・デイヴィス
初心者のブンブンには
非常に分かりにくい作品であった。

マイルス・デイヴィスのジャズ時代
とスランプになりながらファンク
というジャンルを極めていく1970年代
を交互に描いているのだが、
あまりにも無闇に時間軸を
いじっており、意味をなしていない。

デイヴィスの即興のように
映像の断片をつなぎ合わせる
ことで、「マイルス・デイヴィスが
何故、あそこまで『音』に
こだわったのか?」、
女性関係と音楽活動の関連性

見えてくるのかと思いきや、
ことごとく失敗している。

皮肉なことに、ドン・チードル
のかすれたヴォイスによる
デイヴィスの真似や
映像がドープでカッコイイ
から軽視したくなるのだが、
目をつむることが出来ないほど
本作は伝記映画の文法として
間違った方向に脱線しているのだ。

なので、マイルス・デイヴィス
初心者。それこそ、曲は聴いたことが
あるけど彼の人生は知らない
という人にはあまり
オススメできない作品となっている。

初心者のためのマイルス・デイヴィス

それでも観てみようという人の為に、
ブンブンはちょっぴり補助線を
引いてみたぞ。

参考程度にどうぞ。

2つのジャンルを持つ男

マイルス・デイヴィスの音楽人生は
大きく分けて2つに分類できる。
それがジャズ時代と
ファンク時代
だ。

まず1950年代頃。
彼はプロのジャズミュージシャンと
して活動していた。
「Nefertiti」等の傑作アルバムを
創り上げていった。
そして、ヌーヴェルヴァーグ第一号である
「死刑台のエレベーター」の
サントラを即興演奏でつけ
これが伝説となり時の人となった。
1960年代後半に入ると、
ジミ・ヘンドリックス等の
ミュージシャンに影響され、
ジャズにファンクの要素を
付加していくこととなる。
↑「黒いジャガー」のメインテーマも
ファンクという音楽ジャンルである。

ファンクとはざっくりいうと、
16ビートのリズムとフレーズの反復
でジャカジャカジャカという
ドープな戦慄を作り出す
ドープなサウンドが特徴の
音楽ジャンルである。

SOMEDAY MY PRINCE WILL COME


本作では度々、
女性の顔がパッケージの
「SOMEDAY MY PRINCE WILL COME」
というアルバムが象徴的に
登場する。

このアルバムの女性は
フランシス・テイラーで
1953年に彼女と出会い
1960年に結婚。
しかし、麻薬で気性が荒
くなっていたデイヴィスに
付き合っている当時から
幾度となく喧嘩は絶えず、
結婚後も一向に
収まる兆しが見えなかったので
1968年に離婚している。

マイルス・デイヴィスが
幾度か
「SOMEDAY MY PRINCE WILL COME」
をしみじみと眺めるのは、
昔の未練への暗示と言える。

なのでこのアルバムは重要だ。

最後に…

本作は映画としては失敗
しているのだが、
あまりにクールな画に
マイルス・デイヴィスの
音楽を欲することは間違いない。

ってことで、ラストの
ライブシーンの元ネタである
Montreux 1989の動画を
嗜むブンブンでした。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

「八重子のハミング」高橋洋子が怪演!介護問題とカフカの「変身」意外な共通点

八重子のハミング(2017) 監督:佐々部清 出演:升毅、高橋洋子、 文音etc 評

続きを読む

“Ç”【試写会】9/22公開「真田十勇士」堤幸彦は日本のエメリッヒだったw

真田十勇士(2016) 監督:堤幸彦 出演:中村勘九郎、松坂桃李、 大島優子、松平健、大竹しのぶ

続きを読む

“Ç”2015年カンヌ映画祭受賞結果パルムドールは「Dheepan」是枝受賞ならず

第68回カンヌ映画祭は新人がかっさらう回 朝4時からパソコンの生中継映像の授賞式を観てびっくり!

続きを読む

“Ç”みなさん忘れてない?もう一つのセッション映画「セッションズ」

セッションズ(The Sessions) 監督:ベン・リューイン 出演:ジョン・ホークス、ヘ

続きを読む

“Ç”【ネタバレ/続編】「ファインディング・ドリー」重度の認知症への神対応を観る

ファインディング・ドリー(2016) FINDING DORY(2016) 監督:アンドリュー・ス

続きを読む

“Ç”子どもも少しは分かってくれる?「リトルプリンス 星の王子さまと私」

リトルプリンス 星の王子さまと私(吹き替え) THE LITTLE PRINCE 監督:マーク・オ

続きを読む

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」:戦争会話劇の傑作誕生!!

アイ・イン・ザ・スカイ(2016) Eye in the Sky(2016) 監督:ギャビン

続きを読む

“Ç”「雪の轍」公開記念「昔々、アナトリアで」

昔々、アナトリアで(BIR ZAMANLAR ANADOLU'DA) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェ

続きを読む

『見出された時-「失われた時を求めて」より-』チリの巨匠がプルーストに挑む

見出された時-「失われた時を求めて」より-(1999) LE TEMPS RETROUVÉ(199

続きを読む

【若干ネタバレ】「RANMARU 神の舌を持つ男(中略)鬼灯デスロード編」堤幸彦最低駄作な10のポイント

RANMARU 神の舌を持つ男(中略) 鬼灯デスロード編(2016) 監督:堤幸彦 出演:

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【寅さんフルマラソン㊷】「男はつらいよ ぼくの伯父さん」満男編始まる

男はつらいよ ぼくの伯父さん(1989) 監督:山田洋次 出演

第90回アカデミー賞受賞予想④~作曲・歌曲賞~

第90回アカデミー賞受賞予想④ 本日は音楽関係の賞を予想していきます

第90回アカデミー賞受賞予想③~助演男優・助演女優賞~

第90回アカデミー賞受賞予想③~助演男優・助演女優賞~ 今回は助演男

第90回アカデミー賞受賞予想②~主演男優・主演女優賞~

第90回アカデミー賞受賞予想2 今回は、主演男優賞と 助演女優賞を

第90回アカデミー賞受賞予想①~外国語映画・長編ドキュメンタリー・長編アニメーション~

第90回アカデミー賞受賞予想① 今日から少しずつ第90回アカデミー賞

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑