*

【ネタバレ解説】「光りの墓」アピチャッポン監督に質問してみた

【ネタバレ解説】「光りの墓」アピチャッポン監督に質問してみた

光りの墓(2015)
Cemetery of Splendour(2016)


監督:アピチャッポン・
ウィーラセタクン
出演:ジェーンジラー・
ポンパット,
バンロップ・
ロームノーイetc

評価:70点

イメージフォーラム
タイの鬼才
アピチャッポン監督
トークショー付き
「光りの墓」上映が
あったので行ってきました。

実は就活もあって
観逃していただけに
わくわくでしたぞ~

「光りの墓」あらすじ

廃校を改装して作った病院で
軍人が次々と眠り病に罹る。
病院にやってきたジェンおばさんは、
とある軍人と超能力を持った
お姉さんと一緒に不思議な体験を
する…

眠い、長い、でも心地いい!

世紀の光」や「ブンミおじさんの森」
と神話的でポップな観たこともないような
ワンダーランドを生み出す
アピチャットポン監督の中で
個人的に一番心にぐっと残った作品だ。

正直、安易に咀嚼し語れない、
とにかく難解で、
映画慣れしているシネフィルでも
間違いなく本作の兵士のように
睡魔に襲われるだろう。
体感時間も長い。

しかし、観終わった後、
本作が退屈だったか?
と訊かれると否である。
眠くはあったが、
それはある種正しい反応。
画面からも薫ってくる
タイののどかな空気。

そして登場人物達の
ユーモラスで純朴な
語り口調が気持ち
良すぎるのだ。

そして、あまりの
難解さに観終わった
後、ずっと脳内を
ぐるぐると
本作が駆け巡る。
監督のQ&Aがなければ
完全に理解することは
できない。でも面白い
作品だ。

アピチャッポン監督に質問

上映終了後にQ&Aが行われました。
通常は英語通訳で行うそうだが、
なんとタイ語の通訳を
用意したようなので、
珍しいタイ語での
Q&Aでした。

ブンブンの質問

ブ:アピチャッポン監督作品は
本作もそうだが「世紀の光」、
「ブンミおじさんの森」と、
非常に神秘的な話の中に
ポップな音楽やエアロビクスを
挿入していく独特な作りを
されていますが、このような
作家性はどのようにして生まれたのですか?

ア:音楽は普段聴かないので、
撮影中に仲間がオススメしてくれた
ものを使います。撮影中の経験を
できるだけ作品に盛り込もうと
しています。

エアロビクスに関してはもっと
違った意味があります。
2010年頃からタイでは、
オフィスワーカーが増え
健康志向が強まり
ブームとなりました。

近所の公園でよく行われるのですが、
これは結構怖いことだと思っています。
皆が一つのことをするのは
統一化に繋がる恐れがあるので、
本作と「世紀の光」では
意図的にエアロビのシーンを入れ
問題提起をしました。

映画館のシーンについて

MCが本作で一番難解な
映画館でのシーンについて
監督に訊いてくださりました。

映画館で予告編が終わると、
全員が立って微動だに
しないシーン。

これはタイの映画館文化による
もので、タイでは映画が
始まる前に国王に礼を
するため、起立しないといけなく、
それを守らないと外国人だろうが
警察に逮捕されます。

その文化を反映させたのだが、
関係者たちに試写で観せた
ところ、背筋がぞっとした。
二度と観たくないと言われましたよw
と仰っていました。

排便シーンについて

本作では排便シーンがあるのだが、
それについて、監督は
「ありのままの自然を描きたかった」
「元々王の墓だった場所に、
学校が建ち、そこが病院に変わり、
そこで排便をすることで、
物語に深みを与える」
と解説してくれました。

削除されたシーン

物語中に、みじんこのような
物体が泳いでいるシーンがある。

本当は、泳いでいる巨大
ミジンコを街中の人々が
自分のところに持ってきて、
腹を切り裂くと
真っ赤な血と黄色い花が
川に流れ出るという
シーンを撮ったのだが、
「さすがにやり過ぎだ」
とカットしたとのことw

最後に…

Q&Aを聞く限り、
相当ロックな人だと分かりました。
ただ、カンヌでパルムドール獲った
彼でもタイ政府からにらまれており、
自由に今は作品が作れないのだそうだ。

次回は南米で撮ることにしている
ようなので楽しみである。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【カンヌ国際映画祭特集】「リアリティー」ゴージャスすぎて怖すぎるホラー

リアリティー(2012) REALITY(2012) 監督:マッテオ・ガローネ 出演:アニ

続きを読む

“Ç”【EUフィルムデーズ】「特捜部Qキジ殺し」続編から観ても楽しめるバディ映画

特捜部Qキジ殺し(2014) Fasandaeberne(2014) 監督:ミケル・ノルガー

続きを読む

“Ç”したコメpresents「カフェ×映画会」に潜入調査

プレイベント充実のしたコメ新たな取り組み「したコメ映画会」 先日、知り合いからのタレコミで、

続きを読む

“Ç”5/28公開「エンド・オブ・キングダム」ジェラルド・バトラーの方が悪役だろww

エンド・オブ・キングダム(2016) LONDON HAS FALLEN(2016) 監督:

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『クスクス粒の秘密』ココマルシアターの裏側が分かる!

クスクス粒の秘密(2007) La graine et le mulet(2007) 監督:

続きを読む

“Ç”映画ファンの集い試写会①「白鯨との闘い」THE船酔いムービー

白鯨との闘い 監督:ロン・ハワード 出演:クリス・ヘムズワース、ベン・ウィショーetc

続きを読む

“Ç”非意識高い系向け英語リスニング教材「TED2」

テッド2(TED2) 監督:セス・マクファーレン 出演:セス・マクファーレン、マーク・ウ

続きを読む

“Ç”ミケルセンの哀愁すげーデンマーク産西部劇「悪党に粛清を」

悪党に粛清を(THE SALVATION) 監督:クリスチャン・レヴリング 出演:マッツ・ミ

続きを読む

【ベネチア映画祭特集】「King of the Belgians」現代版ブッダ

King of the Belgians(2016) 監督:ピーター・ブロッセン、 ジェシア

続きを読む

“Ç”【駄話】「死ぬまでに観たい映画1001本」、一生で観るの不可能説

映画好きは一家に一冊! 「死ぬまでに観たい映画1001本」 皆さん、「死ぬまでに観たい映

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

【ネタバレ解説】『ワンダー 君は太陽』デッドプールに通じる顔キレイキレイ問題に迫る!?

ワンダー 君は太陽(2017) WONDER(2017) 監督

『ワンダー 君は太陽』原作はサブカル(スター・ウォーズネタ多め)全開だった件

『ワンダー 君は太陽』原作を読んでみた 昨日から、第90回アカデ

【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ

ボンベイ to ナゴヤ(1993) BOMBAY TO NAGOYA

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑