*

「メン・イン・キャット」:茶番な「君の名は。」

「メン・イン・キャット」:茶番な「君の名は。」

メン・イン・キャット(2016)
Nine Lives(2016)

メンインキャット
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:ケビン・スペイシー、
ジェニファー・ガーナーetc

評価:65点

近年、映画産業に中国資本が
入ることが多くなっている。
それはハリウッド大作ではなく、
フランス映画でも
(「メン・イン・キャット」は
実はフランス映画です。
)
同じ事が起きている。

また、中国人も学習したのか、
某ロボット映画のように
中国企業広告映画にすることも
少なくなってきた。

今回TOHOシネマズ シャンテで、
中国資本が入りまくった
「メン・イン・キャット」を
観てきました。果たして…

「メン・イン・キャット」あらすじ

傲慢で会社を私有化し、家族サービスもしない
社長のトムは、ある日ペットショップで
引き取った猫と自分が入れ替わってしまう。
なんとかして元に戻ろうと
暗躍するが…

茶番だが大まじめ!

日本でこの手の作品を使うと、
寒いギャグをかまし始め、
完全内輪ムービーと化す場合が
非常に多い。

しかしながら、
この「メン・イン・キャット」は、
観客にどうやったら楽しんでもらえるかを
徹底分析し、本気で茶番をやっているので、
非常に面白い。

会社は株主のみんなの者と経営学の最初で
教わったはずなのに、「会社のもの」通り越して
「自分のもの」としている社長のトムが
とにかく傲慢で酷い。
でも、「株を51%持っているぜい!」と
結構アブナイ橋を渡っていることを
口を大にして役員に話すバカさを
観客にも見せつけ、、
とにかく明るい性格なので
嫌にはならない。

そんな傲慢社長が、
猫に入れ替わり、
心の叫びが響き渡ってから
さらに社長に対する愛着が湧いてくる。
なんとかして、元に戻ろうと躍起に
なる藁にすがる思いな必死さを
見せることで、因果応報の機能を
十分発揮している。

笑いと脚本のバランスが非常に
よくとれている。

猫が超かわいい♡

今時、VFXをなるべく使わない
作品が評価される社会になっているが、
本作はそれに逆行する形でVFXを多用
それも、VFXで作った猫には
リアルさが一切ないのだ。

しかしながら、猫の愛らしさを
120%出し切った表情演出は
可愛いこと可愛いこと。

中が中年おっさんなので、
ウイスキーを飲もうと頑張ったり、
娘とスキンシップを取ろうと
媚びを売ったりするところが

非常にキュートである。

中国感はない

最後に、本作は中国資本が
入りまくっているが劇中に
中国要素は完全にありません。

もはや、中国は自国の宣伝を
しなくても、巨額の富を得ることが
出来るルートを開発しきった
という感じが滲み出ており、
これからはハリウッドでも
ヨーロッパでもなく、
中国が映画産業を牛耳るんだろうな
と思いました。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【寅さんフルマラソン㊳】「男はつらいよ 知床慕情」竜造入院

男はつらいよ 知床慕情(1987) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 淡路恵子, 下條正巳

続きを読む

「ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン」主婦ライフを覗いてみよう

ブリュッセル1080、 コメルス河畔通り23番地、 ジャンヌ・ディエルマン(1975) Jea

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞外国語映画賞アイルランド代表「VIVA」

第88回アカデミー賞ノミネートショートリスト発表! 先日、次のアカデミー賞のノミネート候補が9

続きを読む

“Ç”カナダの新鋭ヴィルヌーヴが放つダークナイト「プリズナーズ」

プリズナーズ(PRISONERS) 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ヒュー・ジャックマン、ジェイ

続きを読む

“Ç”あんたらがテロリストやん「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン Marvel Avengers:Age of Ultro

続きを読む

“Ç”第66回ベルリン国際映画祭(2016)コンペティション出品作品発表

第66回ベルリン国際映画祭 開催期間:2016/2/11~2016/2/21 コーエン兄

続きを読む

【ネタバレ】「怒り」吉田修一×李相日、妻夫木聡と広瀬すずの演技がバケモノだった件

怒り(2016) 監督:李相日 出演:妻夫木聡、渡辺謙、 広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、

続きを読む

“Ç”TIFF NO.2「ぼくの桃色の夢」殴られ殴られ、それでも愛を求める!

ぼくの桃色の夢 監督:ハオ・ジエ 出演:バオ・ベイアル、スン・イー 評価:75点 あらす

続きを読む

「ハードコア」主人公は君だ!ロシアのエクストリームFPS映画が凄かった件!

ハードコア(2016) HARDCORE HENRY(2016) 監督:イリヤ・ナイシュラー

続きを読む

“Ç”カイエ・デュ・シネマ誌2015年ベスト10発表、黒沢清「岸辺の旅」ランクイン!

CAHIER DU CINÉMA2015年ベスト映画発表! 先日、フランスで最も権威の

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑