*

「マダム・フローレンス!夢見るふたり」、M.ストリープのオンチに注目!「偉大なるマルグリット」元ネタ

「マダム・フローレンス!夢見るふたり」、M.ストリープのオンチに注目!「偉大なるマルグリット」元ネタ

マダム・フローレンス!夢見るふたり(2016)
Florence Foster Jenkins(2016)

マダム・フローレンス
監督:スティーブン・フリアーズ
出演:メリル・ストリープ、
ヒュー・グラント、
サイモン・ヘルバーグ、
レベッカ・ファーガソンetc

評価:80点

世の中には、大舞台に
ふさわしくない人が、
神様のいたずらで登り
つめてしまうことがある。

それがフローレンス・
フォスター・ジェンキンスだ。
彼女は、オンチにも関わらず
モーツァルト、ヴェルディ、
R.シュトラウス
と高度な
オペラ曲をリサイタルで
歌い続け、
しまいには1944年10月25日に
カーネギーホール

で大勢の観客の前で歌った
という伝説がある。

本作は、何故彼女がオンチにも
関わらず大舞台へと上り詰めたかを
描いた伝記作品だ。

「マダム・フローレンス!」あらすじ

自分がオンチなことに気づいていない
マダム・フローレンス。
彼女が病気持ちだということ
もあり、心優しき夫シンクレアは
彼女がソプラノ歌手として
成功するように、
批評家を買収、
ピアニストや講師も
厳選し、限られた
人にしか見せない形で
リサイタルを行っていた。

しかし、次第にフローレンスの
リサイタルがカルト的人気を
持ち始め、彼女のレコードが
海軍で大反響を巻き起こす。

そして、3000人規模の
カーネギー・ホールでの
リサイタルが決まってしまう。
酔っ払い水平や
買収できなかったNYポストの
記者まで来てしまった
最大規模のリサイタル。
果たして成功するのだろうか…

メリル・ストリープすげーーーー!

まず、なんと言っても凄いのが、
メリル・ストリープの歌唱力。
「マンマ・ミーア」で抜群の歌唱力を
魅せたこともある彼女が、
ジャイアンも目玉が飛び出るほど
音痴を演じるのは非常に難しいもの。
(ジャイアンの偉業についてはアンサイクロペディア参照)
なんたって、フローレンス・
フォスター・ジェンキンスの歌声は
リズムもなければ音を保とうとする
力もない。常人ですら、いや
普通の音痴ですら出せないような
音域を持っている。

しかし、メリル・ストリープは
見事に音痴を熱演。
しかも、フローレンス・
フォスター・ジェンキンスの
音痴を完全再現
しているのだから
凄い。

そして、聴くに堪えかねぬ音痴
ではなく、抱腹絶倒且つ
熱唱過ぎて元気がもらえる
音痴さという、
演技が別次元で凄い!
流行語大賞になった「神ってる」は
広島カープ鈴木誠也選手ではなく、
メリル・ストリープに贈る
言葉
なのではと思う程だ。

それ故に、映画にも説得力が出てくる。
ヒュー・グラント扮する夫が、
裸の王様ことフローレンスが
真実に気づき、ショックで
ぽっくり逝ってしまわないように
頑張る。そんな彼が頑張りたくなるのも
分かるほどフローレンスが
チャーミングなのだ。

そして、海軍でフローレンスの
レコードがカルト的人気を博すのも、
凄惨な戦場を忘れさせてくれる
破壊的な笑いと元気づけを
もたらしてくれるからだとも分かる。

もし、本当に酷い歌声だったら
海軍であそこまで人気は博さなかった
であろう。それだけ、
フローレンスの歌は独特の
力があるのだ。

それを映画は証明している
点非常に評価できます。
エンディングに関しても
下手にお涙頂戴、
フローレンスや夫の罪に
シンパシーを抱かせない
ようにさせている点も
スマート。

とにかく愛らしい作品でした。

実は「偉大なるマルグリット」元ネタ

シネフィルなら、あれっつどこかで
観た気がと既視感を抱く
映画だったでしょう。

そう、今年の初めに公開された
「偉大なるマルグリット」
話がそっくりなのだ。

調べてみたら、
「偉大なるマルグリット」の
元ネタがこのフローレンスの
話だったようで、単純に
舞台を1920年代フランスに
置き換えたとのこと。

でも、問題の「夜の女王のアリア」
を歌う場面は踏襲され、
かなり忠実にフローレンスの
人生に寄せています。

年末に元気を貰いたい方は、
是非「マダム・フローレンス!」
観に行ってください。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレなし】「ダゲレオタイプの女」黒沢清海外進出作「クリーピー」の弱点を克服

ダゲレオタイプの女(2016) La femme de la plaque argentique(

続きを読む

【ゼミレポート】「マルコムX」スパイク・リーさん!スタイリッシュ過ぎですよww

マルコムX(1992) Malcolm X(1992) 監督:スパイク・リー 出演:デンゼ

続きを読む

“Ç”【ネタバレなし】「秘密 THE TOP SECRET」大友啓史、原作はBLのようですよ…

秘密 THE TOP SECRET(2016) 監督:大友啓史 出演:生田斗真、岡田将生、松

続きを読む

“Ç”【解説】「LOVE 3D」アレが飛び出すだけじゃない!これはベルトリッチへの愛の映画だ!

LOVE 3D(2015) 監督:ギャスパー・ノエ 出演:カール・グルスマン, アオミ・ム

続きを読む

“Ç”「エルム街の悪夢3 惨劇の館」特撮技術に注目!怖くは…ないかな~

エルム街の悪夢3 惨劇の館(1987) A Nightmare on Elm Street 3:

続きを読む

“Ç”映画でモテる女を口説くのはつらいよ「反恋愛主義」

反恋愛主義(JUST SEX AND NOTHING ELSE) 監督:クリスティナ・ゴダ

続きを読む

“Ç”リース・ウィザースプーンの若かれし頃「ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!」

「わたしに会うまでの1600キロ」来月公開! 来月8/28に、TOHOシネマズシャンテで 「ダラス

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ベストテン2015外邦画部門1位は橋口亮輔7年ぶりのあの怪作

ブンブン映画ベストテン2015外邦画 今年は、ミニシアター系作品に恵まれていた。 東京都では

続きを読む

“Ç”アカデミー賞主演女優賞受賞作「ルーム」ブリー・ラーソンも凄いが…

ルーム(2015) ROOM(2015) 監督:レニー・エイブラハムソン 出演:ブリー・ラーソン、

続きを読む

“Ç”【酷評】カンヌに媚び過ぎ「海街diary」

海街diary 監督:是枝裕和 出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、広瀬すずetc 今年のカ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑