*

【東京フィルメックス】「ざ・鬼太鼓座」:Don’t think, Feelな程にトランスする

【東京フィルメックス】「ざ・鬼太鼓座」:Don’t think, Feelな程にトランスする

ざ・鬼太鼓座(1981)
ZAONDEKOZA(1981)

%e3%81%96%e9%ac%bc%e5%a4%aa%e9%bc%93%e5%ba%a7
監督:加藤泰
出演:鬼太鼓座

評価:60点

今年のヴェネチア国際映画祭で、
「緋牡丹博徒シリーズ」の加藤泰
幻の遺作
がデジタルリマスターとして
蘇った!

予告編の段階で興味を抱き、
東京フィルメックスで
観てきました(^_^)

「ざ・鬼太鼓座」あらすじ

1971年に発足した創作和太鼓集団「鬼太鼓座(おんでこざ)」。
彼らの活動を、「緋牡丹博徒シリーズ」の
加藤泰が、同時録音、当時最高レベルの
映像技術で撮ったドキュメンタリー。

しかし、松竹側とのいざこざで
お蔵入り、長年一般的に公開する
ことのなかった幻の作品でもある。

トランス・ドキュメンタリーだった!

まず、謝らないといけない。
というのも、本作をまともに
評価することは限りなく難しかったのだ。

加藤泰の「和」の美学が全面に出過ぎている、
一方、和太鼓のサウンドを邪魔する
ようにエレクトロでドープなサウンド
が横槍を入れる。
無駄なカットも多い。

ドキュメンタリー映画としては、
「これどうなの?」という描写が
あまりに多いのだ。

しかしながら、それを吹き飛ばす。
シネフィルが考えることを諦める
程トランス状態に落とし込む
音楽と映像の融合に唖然、圧倒、
感動する。

前半、鬼太鼓座はなんなのかを
説明的に描く、鬼太鼓座の方々が
パワーを内秘めている様子を
伺うことができる。

それが後半、「大太鼓」の演目から
爆発する!
太陽のように大きな大太鼓を
茶色に輝く筋肉が火花を
飛ぶ中ドゥオオーーーン
ドゥオオオオオーーーン

ならす圧巻さ。
立て続けに小太鼓が
ポコポコポコポコと
リズミカルに世界観を盛り上げる。

そして室内セットによる演出から、
外によるロケでの太鼓演奏へと
シフトしていく。

そして、太鼓の鼓動が絶頂に
行くと….「津軽じょんがら節」
始まる。「破」を想起する太鼓
の音色から三味線が織りなす
「雅」へ観客を誘導
していく
格好良さ、痺れましたね~

エンドロールが凄い!

そして、ラスト。
雪道を走る男女。
鬼太鼓座の人々が、
何故メンバーに入ったのかを
テロップで解説する。

ランニング姿とテロップが
シンクロし、最後の最後まで
演目の躍動感を失わない演出に
ブンブン放心状態になりました。

そう、「ざ・鬼太鼓座」は
ランニング映画としても
最高レベルに傑作でした。

ドキュメンタリーとしては
不格好だが、
そんなのは無視よ!
Don’t think,Feelな
映画でした。

日本公開は2017/1/21
ユーロスペースにて!

関連記事

“Ç”第35回ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)発表!

クソ映画の祭典ラジー賞 毎年、アカデミー賞の前日に 行われる昨年のダメダメ映画を決まる ラジー

続きを読む

“Ç”「アーティスト」より愛ある懐古映画「ブランカニエベス」

ブランカニエベス(2012) Blancanieves(2012) 監督:パブロ・ベルヘル

続きを読む

“Ç”隠れた名作「コブラ・ヴェルデ」キンスキー頭おかしい(褒め言葉)

コブラ・ヴェルデ(1988) COBRA VERDE(1988) 監督:ヴェルナー・ヘルツォ

続きを読む

【ネタバレ解説】「アズミ・ハルコは行方不明」少女ギャング団、グラフィティ集団に影響与えた映画etc

アズミ・ハルコは行方不明(2016) 監督:松居大悟 出演:蒼井優、高畑充希、太賀、 石崎

続きを読む

“Ç”【小話】船井電機がVHSデッキ製造中止したので、全力でVHSを借りてみた。

悲報 船井電機VHSデッキ製造中止 先日、国内で唯一VHSデッキを 製造していた船井電機が

続きを読む

“Ç”【ネタバレ解説】来る夏を先取り!「ドゥ・ザ・ライト・シング」オバマ大統領もデートで観た傑作w

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989) DO THE RIGHT THING(1989) 監督

続きを読む

“Ç”「ドライヴ」カルト監督N・W・レフンが生んだ奇跡のビンビン映画

ドライヴ(2011) DRIVE(2011) 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 出演

続きを読む

“Ç”【Bunkamura ル・シネマ特集】「ふたりのベロニカ」赤と緑が美しい…

ふたりのベロニカ(1991) La Double Vie de Véronique(1991)

続きを読む

“Ç”【ネタバレ】「LOVE 3D」公開記念 ギャスパー・ノエ「カノン」を観る 

カノン(1999) Seul contre tous(1999) 監督:ギャスパー・ノエ

続きを読む

「メン・イン・キャット」:茶番な「君の名は。」

メン・イン・キャット(2016) Nine Lives(2016) 監督:バリー・ソネンフェ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑