*

「チリの闘い」アジェンデ政権崩壊から観る今の国際戦略

「チリの闘い」アジェンデ政権崩壊から観る今の国際戦略

チリの闘い(1975)
La batalla de Chile(1975)

チリの闘い
監督:パトリシオ・グスマン

評価:80点

ブンブンの知り合いのシネフィルが
こぞって「今年ベスト!」と太鼓判を
押す4時間半のドキュメンタリー映画
「チリの闘い」。

9月に公開されたのだが、
金と時間の余裕がなくなかなか
行けなかったのだが、
遂に横浜シネマリン
観てきました。
%e3%83%81%e3%83%aa%e3%81%ae%e9%97%98%e3%81%842
↑工事中で、一見すると
営業していなそうに
見えるがちゃんと営業しています。
%e3%83%81%e3%83%aa%e3%81%ae%e9%97%98%e3%81%843
中は綺麗でしたよ~

「チリの闘い」概要

1973年9月11日、
民主主義の元誕生した
アジェンデ大統領による
社会主義国家は、
ピノチェット率いる軍の
急襲でもろくも砕け散った。

何故、アジェンデ政権は
崩壊したのか?
何故ピノチェットは
空爆で大統領府を
爆破しなければならなかったのか?
当時チリで暮らしていた
グスマン監督が世紀末のチリを
克明に映しだしたドキュメンタリー。

ジャーナリズムの鏡

ジャーナリストとは、
自らの命を引き替えにする
覚悟で真実を追い続けなければ
ならない
、と大学の授業で
来ていたジャーナリストが
仰っていた。

まさに本作はジャーナリスト
として200%の力を出して、
当時のチリを克明に撮った
貴重な作品と言えよう。

まず、本作は3部構成で描かれている。
第一部では、社会主義国家アジェンデ政権
が国民投票で正式に決まった
ところから始まる。
当時米ソ冷戦下で、
アメリカは南米の社会主義国
出現に警戒を抱いていた。
チリが社会主義国に
なると聞きつけ、なんとか
政権転覆を図ろうと
チリの右派と結託して
民衆のデモをコントロール
しようとする。
そんなゲスな国際戦略が
描かれる。

第二部では、物流業界に
ストライキを行わせたり、
チリからの輸入をアメリカが
ストップするなど激しい
制裁を加えたにも関わらず
アジェンデ政権の支持率が
高いことに焦燥感を抱いた
アメリカがピノチェットら
率いる郡部と結託して
クーデターを起こす様子を撮る。

そして第三部では、
政治闘争の裏側で
労働者階級の
地味ながらも力強く
生きる様子を撮り収める。

本作を観ると、
いかに民衆のデモや社会活動が
国際戦略に左右されているかが分かる。
今の日本では全く考えつかないほど、
本作で描かれる1970年代チリの
人々は選挙シーズンにはお祭り騒ぎ。
何かあったらすぐにデモを起こすわけだが、
結構「デモをして何が変わるのか」を
理解しないで活動している市民も多い。

観ていて思ったのは、まさに先日
行われたアメリカ大統領選挙だ。
ドナルドトランプ反対と
わめき街を闊歩するデモ参加者は
多いが、ヒラリーになって何が変わるのか、
何故ドナルドトランプが危険なのかを
論理的に説明できる人はあまりいない。
ただ、危険な雰囲気を醸し出している
トランプに反対しているようにしか
見えなかったりする。

「チリの闘い」は、日本人には
馴染みのないチリのある歴史について
のドキュメンタリーなのだが、
ミクロな視点からマクロな視点
が見えてきて、「デモ」や
「社会運動」と政府や
国家戦略の関係に
普遍性を帯びてくるのだ!

なるほど、何故今
1975年のこの
ドキュメンタリーが公開されたか?
イギリスがEU離脱、
ドナルド・トランプ大統領誕生と
激動の時代、ある歴史の
終焉が訪れようとしている
からこそ今観るべき映画だったのだ!

正直、第一部、第二部のあまりに
危険な撮影に圧倒されたため、
第三部は蛇足に見えたが、
それでも観る者を引き込む
作品でした。

パトリシオ・グスマン監督の
「光のノスタルジア」「真珠のボタン」
に嵌まった人なら尚更必見の作品ですぞ~

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”「新・のび太の日本誕生」公開直前!「映画ドラえもん のび太の恐竜」を観てみた

映画 ドラえもん のび太の恐竜(1980) 監督:福冨博 声の出演:大山のぶ代, 小原乃梨

続きを読む

”Ç”アイアンマン、天然危険物に認定「キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー」

アベンジャーズ公開日! 今日はみなさん、お待ちかね! 「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して」デプレシャンの実話対話劇

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して(2013) Jimmy P(2013) 監督:アルノー

続きを読む

“Ç”ダルデンヌ最高傑作!「サンドラの週末」

deux jours, une nuit 監督:ダルデンヌ兄弟 出演:マリオン・コティヤール

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~外邦画部門~

1.野のなななのか 日本が誇るカルト監督大林宣彦が、遺作にする気満々の超シュールなプロパガンダ

続きを読む

“Ç”【ネタバレ・解説】あの元ネタはこれですよ「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼(1997) 監督:こだま兼嗣 出演:高山みなみ, 山崎和

続きを読む

【ホン・サンス特集】「ソニはご機嫌ななめ」そりゃ怒るわなぁ

ソニはご機嫌ななめ(2013) OUR SUNHI(2013) 監督:ホン・サンス 出演:

続きを読む

【ネタバレなし】星野源がストーカーに!「夜は短し歩けよ乙女」はドラッグ映画だった…

夜は短し歩けよ乙女(2017) The Night Is Short, Walk on Girl(

続きを読む

【尾道映画特集】「ふたり」この親子の会話気持ち悪い…大林宣彦フェチズム全開!

ふたり(1991) 監督:大林宣彦 出演:石田ひかり、中嶋朋子、 富司純子、岸部一徳、

続きを読む

【ネタバレ酷評】『キングスマン:ゴールデン・サークル』マシュー・ヴォーンに投げつける10の苦情

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017) KINGSMAN THE GOLDEN CIR

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【寅さんフルマラソン㊲】「男はつらいよ 幸福の青い鳥」ドリンクコーナーが!

男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986) 監督:山田洋次 出演:

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也

【実話】『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』チアルートも驚愕!盲目でホテルマンを目指した男

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017) Mein B

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑