*

「マイ・インターン」仙人過ぎるデニーロに男は惚れる…

「マイ・インターン」仙人過ぎるデニーロに男は惚れる…

マイン・インターン(2015)
The Intern(2015)

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3
監督:ナンシー・マイヤーズ
出演:アン・ハサウェイ、
ロバート・デ・ニーロetc

評価:75点

ブンブンは「オトナ女子映画」が苦手だ!
「セックス・アンド・ザ・シティ」
とか「プラダを着た悪魔」とか、
とにかく「頑張っている私素敵でしょ?」
と言わんとしているところが鼻につき、
どうも癪に障る。

ってことで、昨年からずっと
この評判高き「マイ・インターン」
を避けていたのだが、
NETFLIXにアップされていたので
重い腰を上げて観てみたぞ!

「マイ・インターン」あらすじ

NYのベンチャー・ファッション通販サイト企業の
女社長ジュールズ。
仲間の方針で、シニアのインターンを募集し、
ある日70歳の老人ベンがやってくる。
最初は距離を置いていたジュールズ
だったが、ベンがあまりにも切れ者
で惹かれていく…

最強ビジネスマン・ベンに惚れる

本作は正直、いつもの「オトナ女子映画」。
頑張っているワタシっていけているデショ?
と見せつけてきている。
しかも、酷いことにインターンのベンを
都合の良い人材として酷使させまくる
ジュールズには、「こんな経営者あり?」
と衝撃が走るのだが、
それでも憎めない。愛着すら湧くのは、
なんと言っても70歳のインターン・ベン
を演じたロバート・デ・ニーロの
「仕事の流儀」があまりにも
素敵だからだ。

彼は老いても、最新テクノロジーを
積極的に取り込もうと努力する。
上司がなかなか仕事をくれないようなら、
自ら職場を動き回り、周りの人と
コミュニケーションを図り
仕事をゲット&人間関係の円滑材と
してぬるぬる動き回るのだ!

また、どんな日でも身だしなみは
完璧に行い、文句は何一つ言わない。

同僚と共に成し遂げた仕事の手柄は
独り占めすることなく、きちんと
上司に同僚の仕事ぶりも伝える。

そして仕事以外の面でも
上司や同僚を支える…

もう男なら誰もが憧れるが
決してなることの出来ない
最強ビジネスマン像が
ここにある。

とにかく
ロバート・デ・ニーロの
お茶目さ、島耕作か!
と突っ込みたくなるような
老いても失わない
精力と向上心に
感動しっぱなしでした。

んっつアン・ハサウェイ?
まあ綺麗だけどね~
前のめり過ぎて、
あのキャラクターは苦手だな~

シニア・インターンという発想

あらすじを観ただけでは、
「なんで老人をインターンで雇うの?」
と思うかもしれない。

これは英語ならではの言葉遊びから生まれた
ものである。

実は「シニア(Senior)」は英語で大学4年生
という意味もあります。
つまり大学4年のインターン
(シニア・インターン)の
シニアと老人(シニア)を
掛けたものだということだ。

確かに、老後のボケ防止や
新たなコミュニティー作りを
提供し社会貢献する意味で、
そのベンチャー企業が行った
シニア・インターンは良いかもしれませんね。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”「エルム街の悪夢3 惨劇の館」特撮技術に注目!怖くは…ないかな~

エルム街の悪夢3 惨劇の館(1987) A Nightmare on Elm Street 3:

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録12「アクエリアス」ただの立ち退きバトル映画ではありません!

アクエリアス(2016) AQUARIUS(2016) 監督:クレベール・メンドンサ・フィリ

続きを読む

“Ç”「オマールの壁」仲間を売るか、人生を失うか?

オマールの壁(2013) OMAR(2013) 監督:ハニ・アブ・アサド 出演:アダム・バクリ,

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想外国語映画賞×長編ドキュメンタリー賞「サウルの息子」当選確実!?

外国語映画賞ノミネート作品 1.サウルの息子 新宿シネマカリテ他にて公開中 2.裸足の

続きを読む

“Ç”映画ファンの集い試写会①「白鯨との闘い」THE船酔いムービー

白鯨との闘い 監督:ロン・ハワード 出演:クリス・ヘムズワース、ベン・ウィショーetc

続きを読む

【試写会レビュー】11/11(金)公開「オケ老人!」意外にも杏初主演作

オケ老人!(2016) 監督:細川徹 出演:杏、黒島結菜、坂口健太郎、 笹野高史etc

続きを読む

#23【就活】就職活動は金が掛かる!堅実なマネーソースの作り方!

就活中は資金との闘いだ! 2018卒就活生の友人と この前話していたら、 「バイトもやめて

続きを読む

【TAFF】「ぼくの名前はズッキーニ」アカデミー賞にノミネートされたスイスアニメ

ズッキーニと呼ばれて(2016) 英題:My Life as Courgette 原題:Ma V

続きを読む

“Ç”隠れた名作「コブラ・ヴェルデ」キンスキー頭おかしい(褒め言葉)

コブラ・ヴェルデ(1988) COBRA VERDE(1988) 監督:ヴェルナー・ヘルツォ

続きを読む

“Ç”見逃したアノ映画はココで観られるぞ!

早稲田松竹5/9(土)~5/15(金)のラインナップ ミニシアターがどんどんシネコンに淘汰 され

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑