*

【完成披露試写会レビュー】「海賊とよばれた男」岡田准一の老経営者に注目!

【完成披露試写会レビュー】「海賊とよばれた男」岡田准一の老経営者に注目!

海賊とよばれた男(2016)

%e6%b5%b7%e8%b3%8a%e3%81%a8%e3%82%88%e3%81%b0%e3%82%8c%e3%81%9f%e7%94%b7
監督:山崎貴
出演:岡田准一、
綾瀬はるか、吉岡秀隆、
染谷将太、鈴木亮平、
野間口徹、ピエール瀧、
小林薫、光石研、堤真一、
近藤正臣、國村隼etc

評価:60点

「永遠の0」スタッフが再び集結!
山崎貴×百田尚樹×岡田准一
がまたしても感動巨編を創り上げました。
昨日はその完成披露試写会に行ってきましたよ!

完成披露試写会の様子

%e6%b5%b7%e8%b3%8a%e3%81%a8%e3%82%88%e3%81%b0%e3%82%8c%e3%81%9f%e7%94%b71
17:30開場なのに、
15:00からチケット取りで長蛇の列が
出来てました。

やはり日本の試写会だけあって、
写真撮影・録画・録音厳禁
だったのでメモ用紙片手に
舞台挨拶を観ました。

主要出演陣総登壇で、
岡田准一、綾瀬はるかだけではなく、
吉岡秀隆、
染谷将太、鈴木亮平、
野間口徹、ピエール瀧、
小林薫、堤真一、
近藤正臣、國村隼も
登壇されてました。

ただ、思いの外皆緊張しているためか
タジタジで撮影現場の話をされてましたよ。
特に綾瀬はるかの天然っぷりが炸裂!
「戦後」と言いたいところを
「戦後中」と言ってしまい、
あっつ…と焦るところや、
男性陣から暴露される
リンスとコンディショナーの
違いを尋ねたら、
リンスは『さっぱり』、
コンディショナー
は『こってり』だよと返ってきた話に
キュンキュンしました♡

山崎監督は、岡田准一に
「永遠の0」に引き続き2回目の
起用ということもあり、
指示はざっくりとだけ教え、
あとは任せたとのこと。
岡田准一はあまりの、
ざっくりとした指示に
戸惑いながらも演技に挑んだそうです。

そして、岡田准一は
「熱をもって作った」
と誇らしげに語っていました。

さて、日本公開は12/10(土)ですが
ブンブンのネタバレなし感想を
綴っていきます!

「海賊とよばれた男」あらすじ

出光興産創業者の出光佐三の人生を基にした
百田尚樹の同名小説の映画化。

若き実業家・国岡鐵造が、
「石油界」を舞台に
型破りな企業戦略で
石油配給統制会社の鳥川卓巳や
GHQ、メジャーと激しく対立しながらも
愚直に戦後復興を支えていく…

岡田准一の老経営者演技に注目!

本作はてっきり、岡田准一扮する
若き経営者が大企業や国相手に闘う
映画だと思っていた。

しかし、本作のメインストーリーは
戦後60代になった経営者が、
いままで培った反骨精神や
従業員との絆を使って
圧が強くなった石油配給統制会社
やアメリカと闘う物語だ。

なので、岡田准一は
「ベンジャミン・バトン」か!
と思うほど終始老経営者演技を
しているのだ!

結構賭けなキャスティングなのだが、
岡田准一は老経営者ならではの
威厳と熱さ、仙人のような
オーラを身体全体からにじみ出している。

確かに、吉岡秀隆や
染谷将太、國村隼も演技は上手いのだが、
岡田准一の演技の素晴らしさが
物語を支配し、観客をグイグイ引き込んで
いきます。

VFXの進化

本作でさらに驚いたことは、
VFXの進化である。
白組の尽力のおかげで、
石油輸送船や焼け野原の
CGがメチャクチャリアルだ!

山崎監督のVFXは毎回、
ダサくてチープなイメージが
あるが、今回は大きな成長を魅せていた。

感動のラーメン二郎演出は変わらず

確かに、本作はアンチ山崎のシネフィル・
ブンブンでも十分楽しめる作品だ。

しかし、2点激しく残念なポイントがあった。
まず、1つ目は山崎監督十八番の
「感動のラーメン二郎演出」
案の定あったこと。

感動音楽を、「ここ泣き所ですからね~」
と過剰に演出するのは、
本作にとって非常に危険なところ。
何故ならば、
ありがとうカードを書かせたりして、
カタルシスの下従業員を酷使する
ブラック企業に国岡商店が見えてしまうからだ。
そして、それが激しいもんだから
ブラック企業礼賛プロパガンダ映画臭すら
してしまう…これはよろしくないのでは?

時系列シャッフルのミス

また、本作は
国岡鐵造20代、30代、60代の
戦いをごちゃ混ぜに描いているのだが、
これが失敗。

国岡鐵造の戦いは、過去の積み上げが
あってこそ燃えるものがある。
しかし、あまりの煩雑さに
国岡鐵造の人生の重み、
壁の重みが希薄なものに
なってしまう。

そう考えるとやっぱり、
山崎映画であった。

日本公開は12/10(土)
一応、アンチ山崎映画な人
でも楽しめるので是非
劇場でウォッチしてみてください!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

アズミ・ハルコは行方不明

【ネタバレ解説】「アズミ・ハルコは行方不明」少女ギャング団、グラフィティ集団に影響与えた映画etc

アズミ・ハルコは行方不明(2016) 監督:松居大悟 出演:蒼井優、高畑充希、太賀、 石崎

続きを読む

ノクトラマ

TIFF2016鑑賞記録11「ノクトラマ/夜行少年たち」問題児ボネロさんのクールすぎるテロ!

ノクトラマ/夜行少年たち(2016) NOCTURAMA(2016) 監督:ベルトラン・ボネ

続きを読む

父、帰る

“Ç”「Leviathan」日本公開記念。ズビャギンツェフデビュー作「父、帰る」

「Leviathan」が「裁かれるは善人のみ」って邦題で公開決定! カンヌ映画祭で脚本賞を受賞

続きを読む

バードマン

“Ç”アカデミー賞史上最も異色な受賞作「バードマン」

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or (The Unexpec

続きを読む

bttf part3

“Ç”マーティ、イーストウッドの名誉のために奮闘BTTF PARTⅢ

バック・トゥ・ザ・フューチャーPARTⅢ ↑しろたんが全力でデロリアンの出発を止める...

続きを読む

IMG_3628-0.JPG

“Ç” チェ、アデルへの挑戦「アデル、ブルーは熱い色」比較

昨年、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「アデル、ブルーは熱い色」。 これ、友だちと軽いノ

続きを読む

ベルトルッチの分身

“Ç”キングレコードからDVDゲット!「ベルトルッチの分身」

キングレコードの「続・死ぬまでにこれは観ろ!」 Twitterキャンペーンに当たった!

続きを読む

IMG_0796.JPG

“Ç”カンバーバッチがまたもや天才演じる「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」脚色賞受賞

The Imitation Game 監督:モルテン・ティルドゥム 出演:ベネティクト・カン

続きを読む

東京都知事選

“Ç”チェ・ブンブンが選ぶ#選挙の前に見る映画 「スーパーチューズデー」、「ミルク」etc

7月は選挙MONTH! 7月は7/10の参議院選と 7/31の東京都都知事選と 激しく選挙

続きを読む

不安と魂

「不安と魂/不安は魂を食い尽くす」ファスビンダー幻のカルト映画アテネフランセで観てきた

不安と魂/ 不安は魂を食い尽くす(1974) Angst essen Seele auf

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑